<< 東大寺 大仏お身ぬぐい 「阪急沿線の不思議と謎」by ... >>

「奈良の『隠れ名所』」by 奈良まほろばソムリエの会

 「 奈良の『隠れ名所』 」を読了しました。

 
a0142141_2034897.jpg


 筆者の「奈良まほろばソムリエの会」というのは、ご当地検定の奈良版、奈良まほろばソムリエ検定の最高位合格者の集まりです。
 夫も、その一員です。
 これは、そのソムリエの会の会員が、毎週土曜、産経新聞の奈良版に2012年10月から2015年3月まで、「なら再発見」として書いていたものに、加筆・再編集したものです。
 

 もちろん、新聞掲載当時から、読んでいましたが、こうしてまとまったものを読むと、網羅的に把握できて、より理解が深まります。
 「ふーん、そうだったのか」というトリビアから、歴史の深層まで、よくわかります。

 アマゾンの「奈良・平安時代」というカテゴリのベストセラー1位です!!

 そのアマゾンの紹介文によりますと、
 「三島由紀夫が感嘆した『ゆりまつり』を支える人々」「最中の文様に残る江戸時代の脳トレブーム」「奈良の景観に合わせた和風のキリスト教会」「石段に彫られた『盃状穴』の謎」「悲劇の大津皇子の本当の墓?」「神話の世界!先住民族『土蜘蛛』の足跡を訪ねて」など、奈良に住んでいる人も奈良通の人も知らない、深掘りしたネタ満載。歴史ロマンあふれる奈良の意外な魅力を凝縮した一冊! 」とのことです。
 私は、新聞掲載の時を含めると、読むのは二度目ですが、そのたびに、新しい発見があって、面白いです。
 もし、奈良のことに、興味がおありでしたら、ぜひ、手に取ってみてください。
 
 夫も、5本書いています。
 ちなみに、「聖林寺」、「談山神社のけまり祭」、「長谷寺のだだおし」、「安倍文殊院」、「室生の龍縄と龍穴神社の秋祭」です。


 涼風の吹き渡る縁側で、ヒグラシの鳴き声を聞きながら、このお盆にぜひ!!




 ということで、本日のおまけ画像。

a0142141_20205287.jpg



 真夏の法起寺 三重塔。706年(!!)建立。現存するわが国最古の三重塔。
 
[PR]
by atsu2co | 2016-07-29 20:24 |
<< 東大寺 大仏お身ぬぐい 「阪急沿線の不思議と謎」by ... >>