<< 「この世にたやすい仕事はない」... 2016年第1回英語検定 一次試験 >>

"オデッセイ The Martian " DVD鑑賞

 "The Martian" 邦題「オデッセイ」のDVDを観ました。

 
a0142141_114494.jpg

                   画像、お借りしています。


PBを読了したのが、4月初旬でしたので、2か月が経ったことになります。
 読了直後の感動も薄れとはいえ、PBの世界を映像で見れることをとても楽しみにしていました。

 PBとは、話の展開が若干異なっていましたし、細部がかなり省略されていました。
 心の葛藤を描く、細部が実は、一番面白いところだとは思うんですけどね・・・。

 前半は、たった一人取り残されたマークが、生き延びることをあきらめないで、頭と体を使って奮闘するところが描かれます。「賢い」って、すごく大事なことだなぁ・・・と、思いました。(そこか!!感動するところ!!)

 後半は、マークと、地球に帰還中の同僚クルーたちと、地球上の人たちとの連携、知恵の絞りあい、信頼が描写されます。こう書けば、ベタな感じもしますが、やはり感動ものです。

 最後、宇宙船外に出たクルーが、マークをキャッチしようとして、一度は失敗(手に汗握るところです。)しますが、かろうじてキャッチしますが、その瞬間、広い宇宙空間の中に、宇宙船とクルーをつないでいる赤いロープが二人をからめとる様子がとてもきれいでした。
 そして、涙が出ました。

 そのままで終わればいい(本は、ここまで)のに、地球に帰った後、マークが宇宙飛行士を養成する学校(!?)で教えるシーンがありました。これ、まったくの蛇足だと思います。

 うーん。映画としては、何点だろ?久々の感動の涙脱兎の出、まぁ、★4個ということにしておきます。ぜひ、ご覧ください。




 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_11552152.jpg



 小5のおチビ、家庭科(今は、なんていうんでしたっけ?)で調理実習をした後、宿題の「サラダを作る」に挑戦中の図です。大人になっても、お料理する人であってほしい・・・。
 

 
[PR]
by atsu2co | 2016-06-17 11:57 | PB
<< 「この世にたやすい仕事はない」... 2016年第1回英語検定 一次試験 >>