<< 「漆の実のみのる国」上下 by... "Never Let... >>

ギリシャ旅行に行ってきました。

 1/8~1/15まで8日間、ギリシャに旅行に行ってきました。

 この季節、ギリシャというか、地中海地方は、雨季なんですね。
 旅行案内を見ると、「寒風吹きすさぶ」とか、「鈍色の」とか・・・、そのうえ、エボラだとか、イスラム国だとか、挙句は、行く直前のエアアジアの墜落とか、ギリシャからイタリアへのフェリーの転覆だとか・・・、なんだか気持ちがなえることばかりでしたが、がんばって(!!)行ってきました(笑)。余談ですが、我が家は、関空まで車で行くのですが、乗り込んだ我が家の車のメーター表示(何の表示だったかよく覚えていないのですが・・・)が。「259」(じごく)、「4」…だった時には、さすがにギョッとしました。

 というようなことはさておき、8日間、あっという間の楽しい旅行でした。(人の旅行記、とりわけ、どこで何を買ったとかを微に入り細に入り書いてあるブログほど、つまらないものはないので、サラッと、次へのワンステップ(!?)として、記しておきます。サラッと読み飛ばしてくださるか、スルーしてください。)(今回は、写真多いです。素人写真ですが、まぁ、見てやってください。)

 
a0142141_2034931.jpg


 
a0142141_20343260.jpg


 
a0142141_204445100.jpg


 
a0142141_20454542.jpg


 ギリシャ中央部に位置するメテオラです。奇岩群とその上に立つ修道院群の世界遺産です。
 ギリシャ旅行を計画するまで、寡聞にしてメテオラのこと知りませんでした。
 しかし、「すごいっ!!」「わぁ!!」の連続でした。
 そんな奇岩の上に立つ修道院もさることながら、奇岩の自然の造形の不思議に圧倒されました。

 
a0142141_2103266.jpg


 修道士の服と水筒です。「薔薇の名前」の世界を想像しました。私たちが行った修道院は、現在3名の修道士の方がおられるだけだそうです。

 次は、「デルフィの神託」で有名なデルフィ遺跡へ。

 
a0142141_20535336.jpg


 
a0142141_20542180.jpg



 私たちが着いた2,3日前は、ギリシャ地方は大雪で、あちこちに雪がいっぱい残っていましたが、デルフィを歩いた時は、汗ばむほどの陽気。
 そして、この青空!!

 
a0142141_20572568.jpg



次は、エーゲ海サロニコス湾1日クルーズ!!
 エーゲ海クルーズとツアー会社は銘打っていますが、この季節、海が荒れて、クルーズをやっているのは、アテネのあるアッティカ半島とペロポネソス半島に囲まれたサロニコス湾だけ。エギナ、ポロス、イドラ島の3島を巡ります。
 ところが、当日、空は曇天、風強し・・で、出港も1時間遅れ。海に出るや、すごい揺れ。怖いぐらい。当然(!!)船酔い!!激しく!!もちろん、薬飲んでいても・・・(汗、涙)

 
a0142141_21131477.jpg
 

 
a0142141_21135015.jpg


 エーゲ海というより、「冬の日本海」的空模様。途中、風が強くなり、港湾局より停止命令(!!)。結局、2島だけで、イドラ島には寄れませんでした。

 
a0142141_21152291.jpg


 時たま、太陽が顔を出すと、海の色もきれいに輝きます。


 後半、アテネに3連泊。

 
a0142141_21164083.jpg


 
a0142141_21172317.jpg


 
a0142141_21174975.jpg


 アクロポリス遺跡を訪れた日は、すごい強風で、体を飛ばされるぐらいで、遺跡を背景に撮った人物の写真、髪の毛がすごいことになっていて、使い物になりません(!!)。
 
 
a0142141_21235584.jpg


 


 最終日は、コリントス運河とミケーネ遺跡へ。
 かつてホメロスが「黄金に富むミケーネ」とうたったミケーネ文明の遺跡です。
 これは、紀元前16~12世紀の頃のことだとのこと。

 
a0142141_21433686.jpg


 
a0142141_2144742.jpg



 食べたものなど・・・。
 
 まずは、スプラキ。小さく切った肉を串焼きにした、代表的なギリシア料理。
a0142141_21494517.jpg


ゲミスタ。ピーマンやトマトの中身をくりぬき、米や野菜をつめてオーブンで焼くギリシャ料理。

 
a0142141_21544013.jpg


最後の夕食は、ライトアップされたアクロポリスの丘とパルテノン神殿を見ながらの、ディオニソスでのディナー。
 
 
a0142141_21584218.jpg



アテネを外れると、幹線道路沿い、村の中にあちこち見受けられた祠のようなもの。
 現地のガイドさんに聞くと、やはり、交通事故で亡くなられた方のためとか、村の入り口の村の守り神(!?)のようなものだとか・・・。人々の祈りは、どこの国も同じです・・。

 
a0142141_2244538.jpg


a0142141_22143695.jpg



で、8日間のギリシャ旅行で感じたことなど・・・。

 バスでギリシャを走っていると、文字通り、何十キロも延々オリーブ畑(オリーブ林?)だけが続きます。走っている車も少なくて、オリーブの木の下には、羊や山羊がのんびり草を食んでいます。
空は、真っ青で、遠くに雪をかぶった山が続き、小鳥が鳴き、教会の鐘の音が聞こえてきます。
 ああ、いいなぁ。こんな暮らし・・・と、つくづく思いました。
 
 私、生まれ変わったら(笑)、バリバリ世界を股にかける建築家になりたいと思っていましたが、変えます!!(きっぱり!!)
 ギリシャの田舎で羊や山羊を飼って暮らします。オリーブを植えたり、枝をたたいて収穫したり、山羊のお乳でチーズを作ったり。爪が泥で真っ黒だったり、字も自分の名前ぐらいしか書けないけど、太陽とともに起き、日々の暮らしに神様がいて、そんな暮らしがしたいです。

 
a0142141_2228575.jpg


 
a0142141_22292624.jpg


 ギリシャの田舎、ほんとに素敵!!


a0142141_22332764.jpg


 
また、次の旅行目指して、がんばろっ!!

 (「サラッと」といいながらの、長文レポート。おつきあいありがとうございました。)
[PR]
by atsu2co | 2015-01-20 22:39 | お出かけ
<< 「漆の実のみのる国」上下 by... "Never Let... >>