<< "true GRIT... 「ワタシ ただ今冒険中!!~『... >>

平成26年度通訳案内士試験 口述試験

 昨日、平成26年度通訳案内士試験 口述試験を受験してきました。
 前日までの厳しい寒さも若干ゆるんだ、観光客でいっぱいの京都・衣笠の立命館大学でした。
 私は、午後一番の集合組でしたが、8時半過ぎに家を出て、9時前の電車に乗って出かけました。
 
 立命館に着いて、買っていったおにぎりを食べて、集合がかかるまで待っていました。
 その待合ロビーでは、同じようにおにぎりを食べたり、参考書を広げたり、缶コーヒーを飲んだり・・・、みなさん、思い思いに待っておられましたが、一人、ずっと音読か、暗誦を声に出してされている方がいて、すごいな・・・と感心しきりでした。

 いよいよ集合がかかって、待機場所へ。緊張も最高潮に!!
 でも、周りをみまわしても、みなさん、同じように緊張の面持ちなので、「緊張していのは、私だけじゃない!!」と言い聞かせました。 
 黒板に「私語厳禁」と大書されていたので、隣に座った人と、英検の時のような「緊張しますよね?」と緊張を分かち合うこともできず・・・。ただひたすら、耳たぶをマッサージ(笑)したり、腹式呼吸をしたりしていました。

 私は、その時間の2番目のグループでした。

 いよいよ、試験会場へ。
 試験官は、「えっ?!ポール?」って思ったぐらい、茅ヶ崎ディスカッションクラスのポール先生に似たネイティブ男性と、4,50代の女性の方でした。どちらも、とても優し気でした。

 逐語通訳は、「日本の交通網の中で、ほとんどの交通機関がICカードを使えるようになって、とても便利になった。云々」というものでした。
 逐語通訳の練習は、もっぱら、「英語で説明する日本の観光名所100選」の日本語文を自分で音読、録音したものを英訳するということをしていたので、方向が全然違って、戸惑ってしまって、戸惑ったまま、言い終わったというような情けない結果になりました(泣)。
 文章は、思ったより短かったので、来年(!!)は、いろんな角度・内容から、練習をしようと思います。


 英文のプレゼンは、「鎖国」「日本三景」と、もう一つ(忘れました)でしたが、「鎖国」を選びました。 
 鎖国については、ロングバージョンとショートバージョンを覚えていましたが、結局、ショートバージョンの方を言ったら、当然時間が余って、適当なことを付け足しました。はぁ~!!

 プレゼン後の質問は、ネイティブからで、「鎖国には、長所、短所があると思うが、それについて述べてください。」と、「江戸時代の雰囲気のある場所に行きたいという外国人観光客を、あなたはどこへ連れていくか」というものでした。

 プレゼンの方は、それなりに答えられたかもしれないけれど、逐語通訳のほうは、目も当てられない惨状(!!)だと思います。


 いずれにしても、終わりました!!
 ああ。長かった。

 筆記試験に向けて、6月ぐらいから本格的に勉強を始めて、筆記試験、そのまま、この口述試験勉強だったので、ほんと長かった!!
 11月の初旬からは、恒例の(!!)試験1か月前断酒(!!)もあって、つらかったぁ~!!


 とにかく、終わった!!やりたいことだらけ!!

 もちろん、昨晩は、恒例の居酒屋!!昨日は、生中2杯も飲んじゃった!!クーっ!!おいしかったぁ!!
 そして、試験前、ずっと読みたくて、ヤフオクのウォッチリストに入れていた、「きょうは会社休みます」の原作コミック、実は、TSUTAYAのレンタルで借りれるということがわかって(それも5冊無料券があって!!)6冊一気レンタル!!そして一気読み!!(最新刊の7巻は貸出中)

  
a0142141_1722098.jpg



 試験前も、「マッサン」「サラメシ」に加えて、「きょうは、会社休みます」を楽しみに見ていました。
 クーっ!!久しぶりの少女漫画!!この年になっても、読めるものですね(笑)。


 ここしばらくは、したいことやるぞー!!!!!!!

  

 
[PR]
by atsu2co | 2014-12-08 17:25 | 通訳案内士試験
<< "true GRIT... 「ワタシ ただ今冒険中!!~『... >>