「わが心のジェニファー」by 浅田次郎

 浅田次郎さんの「わが心のジェニファー」を読了しました。

 
a0142141_10354273.png



 日本びいきで、金髪美人のジェニファーに結婚を申し込んだら、受諾する前に、「私の好きな日本を見てきて」と言われて、しぶしぶ日本に旅立ったラリー。
 そのラリーが、日本で出くわすいろんなこと、人を通して、日本への見方が変わってくる・・という大筋なんだけど、最後に迎える感動の父との再会の、取って付けたような唐突感。
 京都の清水寺で出会った、英語を話す日本女性と、即関係をもち、2日間も一緒に過ごすが、いきなり、彼女は去っていく。
 東京でも、出会った子供のママとデートをするが、そのママのご主人が海外赴任から帰ってきたので、お別れ・・・。

 もう・・・・、あり得ん話の連続。
 それに、日本人の作者が、外国人であるラリーに日本の良さを語らせる、居心地の悪さ!!

 いずれにしても、付け焼き刃の、やっつけ仕事感は否めない。

 もともと、浅田次郎系(!?)の話は読まないけれど、ここまでひどい(!!)とは!!
 ほんとに、つまらなかったです!!!!!


 ところで、私は、最近、新しく買う本は、ほとんどkindleに落とし込む電子書籍版を買っています。
 電子書籍版は、活字本より若干安いし、即ダウンロードされるし、本が増えないし、外出の時もスマホがあれば、重い本を持ち運ばなくていいし、もう活字本にはもどれないな・・・と思っています。
 しかし、こんなつまらない本を、ほぼ定価で買って、さっさと売り払いもできないなんて!!

 そこが思案のしどころ(!!)です。

 私の時間とお金を返してほしい!!

 みなさんは、活字本、電子書籍、どちら派ですか・・・?



 ということで、気を取り直して(!!)、本日のおまけ画像。


 
a0142141_1114226.jpg
 


 奈良女子大学 正門前の古びた(失礼!!)骨董屋さんで見つけた鹿のブローチ。
 お店の若い方(と、奥さんが話されました)が作ってらっしゃるそう。いろんなポーズの鹿さんがいて、どれにするか、大いに迷いました。
 ピンバッチタイプや、もっと濃い色のものなどいっぱいあるから、またほしい・・・です。
[PR]
# by atsu2co | 2016-05-05 11:33 | | Comments(6)

瓊花@唐招提寺、砂ずりの藤@春日大社

 今週の日曜日、夫と、奈良中(!!)、動き回りました。

 一番の目的(わたし的には・・・)は、唐招提寺で今だけ、特別公開されている瓊花(けいか)を見ることでした。

 
a0142141_212911100.jpg



 説明文によると、
 「瓊花は鑑真和上の故郷である中国・揚州の花であり、かつて隋の皇帝・煬帝が大変お気に召されたため、それ以来門外不出となった名花。境内の瓊花は特別にいただいた国内でも貴重な株となります。」

 ガクアジサイに似た花は、とても甘い香りを放っていました。ずっと見たかった花なので、うれしかったです。一年のうち、この時期(花の咲き方によって、年によって公開日が異なります)だけなので、チャンスがあれば、ぜひ!!

a0142141_21363361.jpg


a0142141_21372345.jpg



a0142141_21412085.jpg


 a0142141_21385033.jpg


 













 





























 初夏のような陽射しの下、唐招提寺は、お花が咲き誇っていました。


 


 次に向かったのは、春日大社。
 先日、伺った時は、まだ咲き始めだった、砂ずりの藤が満開だと聞いたので、それを見るために・・。
 

 
a0142141_21505544.jpg



 お見事でした!!


 a0142141_21514568.jpg
 


 a0142141_21521054.jpg


 














 




 




 




 春日大社は、どの季節に行っても、その季節なりの楽しみ、美しさがありますが、藤の花が満開の今の時期は、ベストシーズンと言っていいでしょう。


 




 

 その日は、朔日参りということで、大神神社を皮切り(!!)に、藤の木古墳の石室が特別公開されるのを斑鳩町まで見に行き(夫は、これがお目当て)、唐招提寺、春日大社、そして、氷室神社の献氷祭に寄りました。

 

 
 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_2234786.jpg



 奈良市高畑町、バス停だと破石町下車東へすぐの、空気ケーキさんの、空気ケーキ。
 ふわふわ~!!

 ウロウロしすぎて、疲れた私をやさしく包み込んで(!?)くれた、空気ケーキさん。
 素敵なケーキ屋さんです。ほかのケーキもみんな、おいしそう・・・。

 
[PR]
# by atsu2co | 2016-05-03 23:00 | 奈良観光 | Comments(0)

足立美術館、鳥取民藝美術館、三朝温泉

 今週、水曜日から木曜日にかけて、夫と久しぶりの温泉旅行(!!)に行ってきました。
 去年4月からの怒涛の1年間を終わって、ちょっとゆっくりしたい、温泉にのんびり浸かりたいと思ったからです。

 
a0142141_9471516.jpg


 いろんな候補地かあった中から、三朝温泉を選んだのは、足立美術館に行きたいと思ったからで
す。
 
 
a0142141_9475928.jpg


 数年前、松江の夫のお友達を訪れた帰り、近くを通りながら、帰り道を急いでいたため、寄らなかったことが、二人の間でずっと心残りになっていました。
 今回、念願を達成できて、ほんとによかったです。
 数年前、「寄らなかった」といった時の大半の人の反応が、「えーっ?!なんで?!もったいない!!」だった意味がよく分かりました。
 その日は、嵐のような(!!)大雨でしたが、雨に濡れた新緑や苔、配置された石など、とてもきれいに輝いていました。
 きっと、晴天の時は晴天の時のように、雨の日は雨の日のように、春は春の、夏は夏の、秋は秋の、冬は冬の美しさがあるのだと思いました。

 行かれた方も多いと思いますが、足立美術館の庭園の美しさをお楽しみください。

 a0142141_9544138.jpg


 a0142141_9551650.jpg


 a0142141_9554826.jpg


 a0142141_9562969.jpg


 





























 













 アメリカの日本庭園専門誌 ”SUKIYA LIVING MAGAZINE"で、13年連続庭園日本一になったのもうなずけます。
 違う季節、違う天気の時に行って見たいと思わせる魅力がありました。
 このお庭は、一個人のご尽力によってできたというのもすごいことです。


 

 その日は、そのまま、三朝温泉へ。
 離れ座敷のようなお部屋で、とてもくつろげました。大きな露天風呂、アロママッサージ、おいしいお料理・・・、大満足でした。

 



 次の日もあいにくの雨。
 最初の計画にはなかったんですが、三徳山 三仏寺が近くだったので、足を延ばすことに。
 こういうところが、パック旅行にはない魅力です。
 
 a0142141_10175983.jpg


 a0142141_10182672.jpg


 a0142141_10201287.jpg










 














  三徳山 三仏寺は、国宝の投げ入れ堂で有名ですが、その日は、もちろん、そんな装備もしていなかったし、雨で登山道が閉鎖されていたため、投げ入れ堂までは行くことができませんでしたが、いつか元気な足腰のうちに(!!)、登ってみたいと思いました。また、ひとつ、宿題です。





 








 そのあと、駆け足で倉吉へ。倉吉は、重伝建に指定されている白壁の町並みで有名です。

 a0142141_10241698.jpg



 a0142141_10245028.jpg

 










 















 



















 そして、鳥取へ。
 鳥取民藝美術館、たくみ工藝店、たくみ割烹店へ。
 私は、「用の美」を見出した民藝運動に強く惹かれます。
 鳥取の民藝運動を担ったのが、鳥取の耳鼻科医、吉田璋也氏です。彼の審美眼が感じられるとても素敵な空間です。

 
a0142141_10522547.jpg




 隣接するたくみ割烹店は、吉田璋也氏によって開かれた割烹店。民藝のうつわで、地元鳥取の食材を使った郷土料理がいただけます。

  




 a0142141_1335136.jpg



 a0142141_13354146.jpg



 




 













 













 たくみ割烹店。窓の桟の美しいこと!!













 a0142141_13402588.jpg




 贅沢にも、民藝の器で食べる、鳥取和牛のみそ煮込みカレー。おいしかった!!


 a0142141_13502361.jpg



 a0142141_13512570.jpg



 a0142141_13515455.jpg







 


























  




 一つ一つの器が、愛おしい・・・。




 のんびりする旅・・・といいながら、あれもみたい、これもみたいで、欲張りな旅になってしまいましたが、温泉に浸かり、きれいな自然に抱かれ、美しいものを愛でた旅は、とても満足のい
くものでした。


 



 ということで、本日のおまけ画像。



 
a0142141_1403861.jpg




 もうすぐ、端午の節句。
 
[PR]
# by atsu2co | 2016-04-30 14:04 | お出かけ | Comments(2)

信貴山縁起絵巻 @ 奈良国立博物館

 昨日は、茅ヶ崎の帰り、夫と待ち合わせて、奈良国立博物館で開かれている、信貴山縁起絵巻展に行ってきました。
 
 
a0142141_21341525.jpg


 確か、一昨年だったか、京都で開かれた「鳥獣戯画」展がとても面白くて、観光案内所に、チラシが届いたときから、とても楽しみにしていました。

 
a0142141_21352544.jpg


 入口を入ったところに、鉢や俵が飛ぶという、縁起絵巻の主題に沿った、工夫をこらした展示がしてありました。(ここまでが写真撮影可)


 この信貴山縁起絵巻は、ご存知のように、国宝です。平安時代のものだそうです。
 保存状態もよく、とてもよくわかります。
 お話の進み方も、展示の仕方が工夫されているので、よくわかります。
 何も知らない者でも、お話に引き込まれます。

 そうやって、その時代の人たちも見入ったのでしょうか・・・?


 奈良博に行く手前のところで、「『御衣黄』開花と、わずかながら(!!)早咲きの藤、咲き始め」というチラシを配ってらっしゃったので、先に、春日大社の万葉植物園に行くことに予定を変更しました。

 
a0142141_220196.jpg



 こんなに立派に咲いているものもあれば・・・、


 
a0142141_2205459.jpg



 まだまだつぼみ固しというものもあり・・・、


 
a0142141_2211379.jpg



 こんなのや・・・、


 
a0142141_2263343.jpg



 あんなのが、いろいろ咲き始めていました。
 これから、5月にかけて、どんどん咲き誇りますので、ぜひ、春日大社・万葉植物園にお越しください。

 藤の花の芳香に包まれてください・・・。


 昨日は、残念ながら、春日大社の砂ずりの藤は、まだまだでした・・・。



 
 ということで、本日のおまけ画像。


 a0142141_2210939.jpg

 a0142141_22104010.jpg


 


















 



 ミニマリスト、コストコで爆買(!!)


 ところで、遅まきながら、Facebookはじめました。「一日一文(一写真?)、英語で説明」という縛りを自分に課して、書いていこうと思っています。(ここで、宣言して、逃げ道を断ちます!!)ぜひ、見つけてみてください。
 
 


 
 
[PR]
# by atsu2co | 2016-04-21 22:19 | 奈良観光 | Comments(7)

花やしき 浮舟園 @宇治 ランチ

 今度のツアーの一日目のランチが、土曜日ということもあって、お目当てのところが、予約が取れなかったり、思うような時間じゃなかったりで、土曜の今日で、まだ決まらず、今日、急遽、宇治へ再び下見に行ってきました。

 昨日、ネットで調べたり、今日の道中で、宇治市観光協会の方の紹介をいただいたりして、決めました。

 
a0142141_16481683.jpg



 茶兎里御膳。2800円(税別)。とてもきれいな、京風花籠弁当です。

 
a0142141_1650196.jpg


 カウンター席からは、宇治川の流れ、対岸の新緑を眺めることができます。
 
 この花やしき 浮舟園は、古くからの料理旅館のレストランです。この花やしき 浮舟園は、知る人ぞ知る旅館です。
 「治安維持法と戦争に反対し、右翼に暗殺された戦前の政治家、山本宣治は、この花やしき浮舟園の長男で、今なお、宇治の人たちは、『やません』と親しみを込めて呼び、毎年、墓前祭をしています。」とのことです。私は、まったく知りませんでしたが、夫はよく知っていました。
 しかし、しかし・・・・、「治安維持法」なんて(!!)言葉、久しぶりに聞いた気がします。


 とりあえず、ランチも決まり、一安心。

 火曜日に続き、一日おきの贅沢ランチ。なかなか下見もたいへんです(泣)。

 a0142141_17114683.jpg

 











 


 喜撰橋。
 赤い欄干が風情があります。そして、宇治川の流れのはやいこと!!

 a0142141_17174484.jpg
 

















 そのあと、塔の島にわたり、西大寺の叡尊が建てた十三重石塔。
 日本で一番高い石塔だそうです。



 a0142141_17233833.jpg

 




 塔の島と橘島に挟まれた流れの穏やかな塔の川では、屋形船が浮かび、船の上では、修学旅行の高校生(中学生)たちが、食事をとっていました。





 ということで、本日のおまけ画像、というところですが、本日は、おまけ画像がございません。
 申し訳ありません。

 
 
[PR]
# by atsu2co | 2016-04-14 17:35 | 京都・大阪・滋賀観光 | Comments(0)