<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

興福寺

 観光案内所に来られる、奈良が初めて、あるいはものすごく久しぶりに訪れたという観光客(内外を問わず)の方には、興福寺、東大寺、春日大社が、must goだといいます。

 
a0142141_115305.jpg


 奈良観光といえば、興福寺の五重塔、鹿、大仏、奈良公園、猿沢池・・・でしょうか?

 興福寺の配置は、こんな風になっています。

 
a0142141_11565243.jpg



 もちろん、興福寺にはよく行きます(というか、よく敷地内を通ります)が、正直に告白しますと、興福寺の国宝館には行ったことがなかったんです(恥ずかしい!!)。

 で、先週の土曜日、B勤の前に行ってきました。

 
a0142141_11585863.jpg



 これが、国宝館の建物です。
 
 興福寺HPに寄りますと、「僧侶が集団で食事をする食堂(じきどう)が建てられていた場所に昭和34年(1959)に、鉄筋コンクリート造りの耐火式宝物収蔵庫として建てられました。奈良時代、創建当初の食堂の外観が復元されました。正面9間(35.3m)、側面8間(31.8m)の本瓦葺き建物です。」ということです。

 この国宝館の一番の呼び物は、何と言っても、阿修羅像でしょうか・・・?!
 

 この阿修羅像は、とても人気です。たしかに、あの少年の体つき、顔つきにひかれます。
 
 この阿修羅像は、八部衆の一神です。「八部衆は『天』『「龍』『夜叉』『乾闥婆(けんだつば)』『阿修羅』『迦楼羅(かるら)』『緊那羅(きんなら)』『摩睺羅迦(まごろか』の八種の神のことですが仏名には異名があります。例えば、興福寺の八部衆では天に『五部浄(ごぶじょう)』、龍に『沙羯羅(さから)』、夜叉に『鳩槃荼(くばんだ)』、摩睺羅迦に『畢婆迦羅(ひばから)』を当てております 興福寺の八部衆像は、江戸時代焼失した西金堂に安置されておりました。その西金堂は光明皇后が亡き母橘三千代の追福を祈って建立されたものであります」
 
 私は、阿修羅像もちろん、素敵だと思いましたが、ほかの八部衆がどれもこれも好きになりました。また、お会いしたいと思いました。

 銅造仏頭、板彫十二神将立像、天燈鬼・龍燈鬼立像、木造千手観音菩薩立像等、国宝の仏様が目白押しです。そのほかに、銀造仏手など、ここでしか見られない興味深いものもいっぱいあります。一度行ったからもういいというのではなく、ここは何度も行きたくなる魅力があります。
 
 ぜひ、奈良にお越しの際には、お立ち寄りください。


 そして、もう一つ、恥ずかしいことを告白しますと、興福寺の三重塔のことです。もちろん、あることは知っていましたが、間近に見たのは、今回が初めてでした。

 
a0142141_13241777.jpg



 少し奥まったところにあるとはいえ、恥ずかしい限りです。もちろん、こちらも国宝です。

 ちんまりと、たたずんでおられます。(一番初めの五重塔の写真と比べてみてください。)こちらは、五重塔前の喧騒とは打って変わって、静かに塔と向き合えます。興福寺五重塔を見られたら、ぜひ、三重塔もお忘れなく!!



 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_13261584.jpg


 先週の土曜日は、若草山の山焼きの日でもありました。夕方前から、続々とお客様がいらっしゃっていましたが、残念ながら、雨になり、山焼きの前の花火の時には本降りになりました。画像は、花火の音で、案内所から出て、近鉄奈良駅ビルから撮った花火の写真です。そのあと、山焼きは予定通り行われましたが、濡れた芝のせいで、火が燃え広がらず、別の日にもう一度、燃やされます。よくお問い合わせがありますが、まだ日時は決まっていません。また、昼間に、「作業」として行うということです。その珍しい「昼間の作業としての山焼き」と勤務日時が重なれば、また写真upしたいと思います。
[PR]
by atsu2co | 2016-01-31 13:41 | 奈良観光 | Comments(0)

奈良大立山まつり

 
a0142141_21452868.jpg
 

 1/29(金)~2/2(火)に、平城宮跡において、奈良大立山まつりが開催されます。

 チラシによりますと、
 「8世紀末に、日本の首都は平安京に移され、政治的な機能は奈良から京都へ移りましたが、社寺をはじめとした精神や霊性に関わる部分は奈良に残りました。
  このため、奈良には今もなお、たくさんの神事や法会などの儀式が受け継がれております。
  『大立山まつり』はこの奈良の伝統に新たな1ページを加えるものです。年の初めに『大立山まつり』をお楽しみいただき、日本中から集まった人々が、その神様仏様に一年の無病息災を祈ります。
  『大立山まつり』は、奈良県民、そして、日本中の皆様の無病息災とともに、世界中の人々の幸せと平和を祈る、『真幸(まさき)の祈り』のまつりとして長く根付くものとしていきます。」

 いろいろ難しいことを書いてありますが、単刀直入にいえば、観光客が冬枯れのこの時期の目玉になる観光行事を新しく始める・・ということです。

 この大立山、高さは7mになるそうです。日本一の立山です。四天王の形をして、平城宮跡を練り歩きます。冬空に煌々と輝く四天王の大立山!!ぜひ、見てみたいと思います。
 今年から始まる行事です。これから長く続く行事の第1回に参加できる栄誉を分かち合おうではありませんか!!(って、なんで、アジ調!?)」

 今週末から始まるので、もう平城宮跡では、準備が始まっていました。

 
a0142141_2232211.jpg
 

 わかりますか・・・?通勤の電車の中から撮った写真なので、不鮮明ですが、準備の様子が確かに遠くに見えます。
 なんだか、ワクワクしませんか・・・?


 
a0142141_2253137.jpg



 近鉄西大寺駅から徒歩15分。近鉄西大寺駅南側駅前広場とJR奈良駅西口ロータリーから、無料のシャトルバスが出ます。
 ぜひ、冬の平城宮跡でお会いしましょう!!

 奈良あったかもんグランプリも同時開催です!!ゆるキャラもきますよ!!しかまろくんに会えるかも・・・?!
 そして、奈良県内に古くから伝わる伝統行事も、一堂に会して見ることができます。そういう行事は、その土地で見るもの・・というご意見もありますが、そこへ行くきっかけになればいいのではないでしょうか。御所市のススキ提灯献灯行事、吉野町の鬼踊り、曽爾村の獅子舞・・・等、見たいものばかりです。

 
a0142141_22193251.jpg



 近鉄奈良駅行基広場の行基さんの噴水の上にも宣伝幟が掲げられて、準備万端です。

 奈良県は、この行事に2億円を投じているそうです。
 そのことについて、あるいは、県が宗教行事をしていいのか・・・等の批判も聞こえてきますが、
 奈良県は、江戸から明治になった時、大きな産業があるわけではないので、観光でやっていこうと、興福寺の跡などを奈良公園として整備してきた先見の明のある県です。時は流れ、平成の今、中国から、アジアから、ヨーロッパから、そして日本全国からのお客様を迎え、さらに迎えようとしているのですから、こういうことに注力するのは、自然なことです。みんなで大いに盛り上がりましょう!!
 どんな行事も、第1回があるわけですし・・・。(と、なんだか、熱くなってしまいました。)これから、ずっとずっと続くといいな・・と思います。




 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_2238161.jpg



 えっ?!さっきの写真やん!!と思ったあなた!!間違っています。
 よく見てください!!行基さんのアップです。

 今日も全国的に大荒れ、あちこちですごい積雪だったようですが、奈良は、雪こそ降りませんでしたが、とても寒かったです。
 で、お昼の休憩に行基さんの前を通ったら、びっくり!!行基さんの足元につららができているではありませんか!!これは、11:45頃に撮りました。3時には溶けていましたが。
[PR]
by atsu2co | 2016-01-25 22:46 | 奈良観光 | Comments(0)

一如庵 

 今日は、宇陀市にある一如庵さんに、観光案内所の四人で行きました。

 
a0142141_2028100.jpg


 こちら、2016年版ミシュランの一つ星店にランクされています。

 ところで、宇陀市と言われても、「えっ?!どこ?」ですよね?!
 ここです!!奈良県の北東部に位置する山間の市です。
 そんなところ(失礼!!)にも、超有名なお蕎麦屋さんがあるんです!!

 今日は、昼の膳(蕎麦を含む六品)をいただきました。

 順番にどうぞ!!

 a0142141_2017929.jpg

 






 まず、お料理の前に、熱いお茶と蕎麦かりんとう(!?)。





   

 a0142141_2018597.jpg


           







 そばがきのみぞれあん







 a0142141_20201173.jpg
 





 いろんな大和野菜を使った前菜。どれもみんなおいしかったですが、手前右の湯葉で巻いたお寿司がほんと絶品でした。




 
 
 a0142141_20241580.jpg



 天ぷら盛り合わせ。
 なんの天ぷらだと思いますか・・・?赤いのが、金時人参。手前がサツマイモ。しめじ。塩が振ってあって、そのままいただくのですが、人参のおいしいこと!!「揚げる前に茹でてるんですか?」と聞いたら、「蒸してます」とのこと。最高においしかったです。






 a0142141_2028266.jpg




 



 そして、いよいよ、お蕎麦。凛としたたたずまいの、お蕎麦でした。






 a0142141_20293743.jpg




 




 熱々の蕎麦湯をいただき・・・。





a0142141_20304925.jpg





 発酵ごはん(だと思うんですが・・・)。保温ジャーで4日間熟成させたものとか。それを聞いたとき「へっ?!」って思いましたが、もちもち食感で絶妙なお味でした。





 a0142141_2036188.jpg




 


 最後は、炭火で焼いたお餅入りのおぜんざい。甘すぎず、小豆の味を堪能できました。


 


 入口にも、「蕎麦」「菜食」と書いてある通りの、菜食料理とお蕎麦でしたが、お腹いっぱいになる大満足のお料理でした。
 これで3780円でした。




 今日は、近鉄榛原駅で待ち合わせ、そこからは私の車で行きましたが、榛原は雪が多いところなので、昨日までの寒さで雪や凍結をとても心配していましたが、道の際や屋根には雪が残っていましたが、道は大丈夫で安心しました。
 車ではなく、行かれるとしたら、榛原駅からタクシーになると思います。


 
a0142141_20453278.jpg

 夜も予約のみで営業されているそうですが、日本酒を飲みながら、いただきたいお料理の数々でした。



 あんなひなびたところにも、あんなにおいしいお店があるとは、奈良の旨いものも、懐が深いです。機会があれば、ぜひお越しください。




 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_2048928.jpg



 榛原 墨坂神社。

 私の中にも、宇陀は「遠いところ」というイメージがあって、かなり早くついてしまったので、少し戻って墨坂神社へ。
 墨坂神社とは、「崇神天皇の御代、悪病流行し、人民死に絶えようとした時、大物主神が(『日本書紀』では神人が)、天皇の夢に現れ、墨坂の神に赤色の盾矛を、大阪の神に黒色の盾矛を以て祀れとの神託あり。教えに従ったところ、悪病が止んで民平穏となったとある。(大阪の神とは、大坂山口神社だと思う)」という神社です。
 毎年、例祭は十一月三日で古式により、渡行式が執り行われます。
[PR]
by atsu2co | 2016-01-22 21:03 | 奈良観光 | Comments(0)

"Little Town on the Prairie" by Laura Ingalls Wilder読了。

Little Town on the Prairie (Little House)を、やっと読了しました。

 
a0142141_17362851.jpg

 
 その前の"sushi & beyond~what the Japanese know about Cooking"を去年の10月半ばに読み終わっているんですから、なんと3か月もかかったことになります。
 もちろん、実際は、奈良通の試験勉強で、長い間、放置状態でしたが・・。

 ご存知、「大草原の小さな家」シリーズですが、このシリーズ3冊目です。

 1冊目、"LITTLE HOUSE ON THE PRAIRIE"

 2冊目"By the shore of Silver Lake"

 今回の本では、ローラも15歳です。最後には、教師として家を出ようとしています。

 それにしても、あの開拓時代、もちろん、テレビもパソコンも、スマホもなくて、長い冬の間の娯楽が、家族で歌を歌ったり、お父さんがバイオリンを弾いたり、あるいは、町中で、出し物を工夫した集会をしたり、学校の発表会に、町中の人が集まります。
 なんて、素敵なんだろう・・と、リビングで、それぞれが勝手にスマホをいじっているのを見て、うらやましくなりました。



 *  *  *

 ところで、先週の金曜日夜10時からTBS系列で、綾瀬はるか主演の「わたしを離さないで」が始まりましたね。
 もちろん、原作は、あのKazuo Ishiguroの"Never Let Me Go"です。

a0142141_17491760.jpg


 日本の連続ドラマとして、どういう風に展開していくのかはわかりませんが、原作はとても良かったです。この機会にぜひ、お読みください。映画も素敵でした。




 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_17495210.jpg


 今日は、全国的に、今冬最高の寒さですが、奈良地方も、雪が時たま激しく降っています。
 この写真は、 降りしきる雪の中の、弥生時代の環濠集落遺跡、鍵・唐古遺跡に立つ、復元された多層式の楼閣です。
 夫が、雪の中、写真を撮りに行ってきました。
 
 夫が、JR西日本「じばんぐ倶楽部」の「邪馬台国 畿内説 古代ロマン 卑弥呼の大和」というツアーの講師をします。ご興味のある方は、JR西日本発行の「おとなび」1月号をご覧ください。ぜひ、ご参加ください。宣伝でした・・・。
[PR]
by atsu2co | 2016-01-19 18:06 | PB | Comments(0)

ぱーぷる別冊 「ランチパスポート 奈良」ランチレポート第2弾

 お待たせしました(待ってました?)、ぱーぷる別冊 「ランチパスポート 奈良」のランチレポート第2弾をお届けします。

 
a0142141_13373028.jpg


 これは、昨日うかがった「こと福°」(ことぷく)さんの、「1頭から2㎏だけ 和牛とんびの牛レアカツランチ」。
 1日限定10食!!

 
a0142141_13432624.jpg



 11時からオープンで1日限定10食だけだから、半ば「無理だろうな・・・」と思いながら、「ランチパスポートありますか?」と恐る恐る聞いたら、「ある」と。思わず心の中でガッツポーズ!!
 
 目の前で揚げて、揚げたて熱々、だけど中は肉汁したたるレアさ!!とてもおいしくいただきました。
 レジでお勘定の時、やっておられるお弁当のチラシと、生ビール1杯無料券を渡されました。若い夫婦でやっておられるようで、このランチパスポートの機会をお客拡大につなげようという意気込みがすごく感じられて、応援したくなりました。
 お店は、近鉄奈良駅から、大宮通を西に5分ほど行ったところにあります。
 この「和牛とんびの牛レアカツランチ」、レギュラーメニューなので、ランチパスポートの期間(~2/24)がすんでも、990円でいただけます。


 次は、鶏若さんの「チキン南蛮ランチ」。お正月三が日明け1/4に伺いました。

 
a0142141_1453767.jpg


 こちらのお店は、鶏肉のぼうぼう焼きといって、いわゆるテーブルの上の無煙焼肉ロースターで、鶏肉を焼いて食べるのが有名だそうです。

 
a0142141_14151084.jpg

 
 東向商店街と小西さくら通の間のアルテ館2Fです。

 
 3店目は、KASUYAさんの玉子かけごはんセット。
 
 
a0142141_14192224.jpg
 

 玉子かけごはんセットと言っていますが、こちらのお店は、かすうどんで有名。
 かすうどんは、息子がおいしい、おいしいとよく言っていましたが、私は未経験。
 
 かすうどんって、ご存知ですか・・・?
 「『油かす』とは大阪の南河内地方で昔から食された郷土料理。 牛の腸を時間をかけて、じーっくり揚げることで余分な油が抜け肉の旨みを凝縮!美味!しかもコラーゲンたーっぷり!
おまけに高たんぱく・低脂肪で女性にも大変嬉しい食材です。周りはカリカリ香ばしく、中はプルプルッの独特な歯ざわり。そんな旨み・深みのある油かすを入れただし汁は日本一美味しいと自負しています」とのことです。

 おうどんもコシがあって、お出汁も最高でした。ここは、リピあり!!です。
 
 
a0142141_14273037.jpg


 JR奈良駅すぐのところです。
 案内所に来られるお客様に、近鉄奈良駅からJR奈良駅まで歩いて15分とご案内しているにもかかわらず、45分の休憩時間にこの店をチャレンジしようという自分にびっくりというか、自分のチャレンジ精神をほめてやりたい(笑)。まぁ、無謀というか・・・。


 今回、4軒目は、東向商店街の「風神」の「日替わりランチ」。
 私が伺った日は、大和ポークの生姜焼きランチ。
 
 
a0142141_14325363.jpg


 サラダと、お味噌汁と、お漬物、ご飯はお代わり自由です。こちらは、以前にもランチレポートしましたが、ごはんがとにかくおいしいです。

 
a0142141_14361233.jpg


 伺った日は、2F(お店が2Fなので、実質3F)の掘りごたつの個室に案内されました。6人ぐらいの個室。「一人だけだし、ランチパスポートなのに、いいんですか?」って遠慮したんですが、「どうぞ、どうぞ」と。接客がとても感じいいです。お代わりもわざわざ聞きに来てくださいます。
 
 これらすべてが、税込500円です。
 
 ここまでで6店を制覇(!!)しました。
 ランチパスポートの有効期限は、2/24までなので、まだまだ食べつくしますよ!!


 ということで、本日のおまけ画像。

 食べ物ネタばかりで恐縮ですが、奈良に来られ時にぜひ・・・、ということで。
 
 
a0142141_1448797.jpg


 こちらは、三条通とやすらぎの道交差点を少し南に下がったところの、吉座傳右衛門さん。
 12月末に、案内所の同僚との忘年会で行きました。
 こちら、吉座傳右衛門は、2016年ミシュランのピブグルマンに選ばれました。
 小さなお店ですので、予約されることをお勧めします。


 前回のブログで、夫のコンシェルジュチャレンジを関西テレビが追っかけ、放送してくださるということを言いましたが、もし、ご興味がございましたら、youtubeで、「関西テレビ 奈良観光コンシェルジュ」で検索していただけると、動画視聴できます。

 なお、今回は、奈良観光コンシェルジュには選ばれませんでしたが、ファイナリスト5人に選ばれたこと自体、すごいことだと思っています。夫のガイドは、他の人にない、知的好奇心あふれる、魅力あふれたものです。私は、そんな夫を誇りに思っています。

[PR]
by atsu2co | 2016-01-16 15:50 | 奈良観光 | Comments(8)

第10回奈良まほろばソムリエ検定試験 奈良通2級 解答(私案)

 本日、第10回奈良まほろばソムリエ検定試験 奈良通2級を受けてきました。
 会場は、帝塚山大学 東生駒キャンパスでした。
 英検1級の受験で何度か(!!)行ったことがありましたので、とても懐かしく思いました。
 当時は、夫に車で送迎してもらいましたが、今日は、自力で(!!)行きました。
 途中の電車の中でも、奈良通の過去問、参考書を広げておられる方を何人も見かけました。
 たぶん、南都銀行や、奈良交通などは、半ば強制的に受けさせられている感じで、若い方たちも大ぜい見ました。


 奈良まほろばソムリエ検定には、公式テキストブックというのがあります。私は、通しで2度読みましたが、なかなか覚えきれません。
 年が明けてからは、全9回の過去問を繰り返し繰り返しやりました。全9回の過去問をやっていると、定期的に過去問が出題されていることがわかりましたので、過去問を徹底的にやれば、合格の7割は取れると踏みました。ただし、今年から、100問中、1割の10問が特集問題になります。あらかじめ与えられたテーマについての特集問題です。今年の2級は、春日大社でした。9年間の過去問には、春日大社系の問題がほんとに少なくて、その点が不安材料でした。

 しかし、問題をやってみると、予想通り、過去問がほとんどでしたので、家で過去問を解いていたときとほとんど同じ感じでした、事前には、心ひそかに、100点を取るという野望さえ持っていたのですが、その野望は、砕かれてしまいました。
 我が家には、奈良まほろばソムリエ検定最上位保持者がいますので、過去問の解答と夫の助言で、採点してみました。
 5個間違いの95点かな・・・と。もう少しで100点だったのに!!まっ、しゃあないか・・・。

 ちなみに、私が間違えたのは、53,75,94,97,99でした。やっぱり、春日大社が悪かった・・・。

 
 ということで、試験が終わった時の、お決まりの儀式、関係書類を処分しましした。

 
a0142141_22274297.jpg


 公式テキストブックは、案内所でも役立つので、案内所に持って行きます。


 で、今回の2級の問題の解答を貼ります。参考にしてください。

 
a0142141_18501357.jpg


 *エクレアさんより、(53)の解答が違うのでは、とご指摘をいただきました。
  自分の間違った解答を書いてしまっていました。正答は、アの運慶です。
  訂正させていただきました。申し訳ありませんでした。


 あくまで私案ですので、間違いに気づかれたら、ご連絡いただければ、幸いです。
 
 ということで、本日のおまけ画像。
a0142141_22351126.jpg

 

 今日、私が試験を受けに行っている間に、我が家に、関西テレビのクルーがやってきました!!(インタビュー風景)
 明日、17:00~19:00の「ゆうがたLIVE ワンダー」という番組内で、「Nara観光コンシェルジュ」を目指す人ということで、夫が紹介されます。明日、第1回Nara観光コンシェルジュアワードの最終選考会に夫が出ます。ファイナリスト5人の中に選ばれました。その中で万葉集をうたうということで、関西テレビの興味を引いたらしく、練習風景や抱負など、ほぼ半日がかりの取材でした。関西ローカルだと思いますが、視聴可能でしたら、ぜひご覧ください。
[PR]
by atsu2co | 2016-01-10 22:45 | 奈良観光 | Comments(10)

2015年を振り返って。そして、2016年…。

あけましておめでとうございます。

a0142141_223738.jpg

(春日大社に初もうで)


昨年12月半ばにブログを更新して以来、書くことは、いっぱいあったんですが、更新もせず、一年を振り返りもせず、年を越してしまいましたf^_^;
言い訳をさせてもらえば、とにかく、怒涛の忙しさでした…。


2015年を一言で言い表すと、『激変』でしょう。

英検1級、通訳案内士を取るために、机にしがみついて、勉強だけ(⁉︎)をしてきた主婦が、通訳案内士として働き始めたのですから…。
机上の英語が、いきなりの現場でした。
私の英語が通用するのか…なんて悩む間もないいきなりの現場でしたf^_^;
でも、意外に(⁉︎)通じるものです。っていうか、日々、進歩を実感しています(あくまで自己基準)。
そして、面白いです。やっぱ、生の現場は面白い!
続けられたらいいな…と思います。
ちなみに、本日1月1日も出勤です(⁉︎)。これは、通勤の電車の中で書いています。
今は昔、大学生の時のバイトで1月2日から出たことがありますが、1月1日の出勤は生まれて初めてです。人生いくつになっても、なにがあるかわからないものです(笑)。


そして、仕事を始めたことと同じぐらいの重さのこと、それは、茅ヶ崎を辞めなかったことです。
正直な話、辞めようと思いました。でも、辞めなかった❗️
なんで?と、自分でも思いますが、とにかく、辞めなかった❗️
9か月過ぎて、辞めなくてよかったと、つくづく思います。
辞めていたら、そこまでだったと思います。まだまだ、英語、進歩したいです。
茅ヶ崎を辞めなかったこと、これは、仕事を始めたことと同じぐらいのインパクトを、私の人生に持つと思います。

変わったこと、変わらず続けたこと…そのどちらもを選択しました。これが、私の2015年でした。


ただ、仕事を始めたことで、例えば、PBを読む目標冊数は、達成出来ませんでした。まあ、致し方ないですね。



そして、2016年、もっと奈良について勉強します❗️
その手始めに、1月10日、奈良まほろばソムリエ検定の2級を受けます。
勉強すればするほど、こんなことも知らずに案内所にいるのか、という思いと、知れば知るほど、奈良って面白い、ってことです。
今年は、通訳ガイドもしてみたいです。


ということで、本年最初の、本日のおまけ画像。


a0142141_2293083.jpg


中央分離帯にいる鹿。車をどうやって避けてここにたどり着いたのか?無事にどうやって戻るのか?
奈良では、鹿が最優先です!!


今年のお正月は、穏やかにあけました。
皆様の今年一年が、穏やかで実り多いものとなりますように…。





[PR]
by atsu2co | 2016-01-01 22:17 | 勉強方法 | Comments(10)