<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

佐保路~不退寺、海龍王寺、法華寺

 先日、ウワナベ・コナベ古墳に行った日に、不退寺、海龍王寺、法華寺にも足を伸ばしました。

 わが観光案内所に、奈良観光について聞きに来られる方には、まず最初に「奈良は初めてですか?」とお聞きましす。
 日本人の方は、たいていが、「ん十年前に、修学旅行できて以来です。」とおっしゃいます。
 初めての方やそれに準ずる方には、興福寺、東大寺、春日大社が、must to goだとご案内します。
 
 それらはもう行った、薬師寺、唐招提寺、法隆寺にさえ行ったという方々から、「ほかにお勧めは?」と聞かれることも多々あります。

 そんな時、私は、西大寺、不退寺、海龍王寺、法華寺、秋篠寺をお勧めします。

 でも、実は私、白状しますと、不退寺、海龍王寺、法華寺は未経験ゾーンなので、ぜひ、行って見たいと思っていました。

 
 
a0142141_200553.jpg


 不退寺。
 以前は、業平寺とも呼ばれていました。在原業平が建立したと伝えられています。
 本堂には、重要文化財の聖観世音菩薩立像がおられます。
 老住職(!?)が説明してくださいます。

 
a0142141_203449.jpg


 池越しにみる多宝塔もまた趣深いものがありました。
不退寺には、近鉄奈良駅から、奈良交通バスで、西大寺駅方面、不退寺口下車です。


 そして、海龍王寺。
 
 
a0142141_206425.jpg


 海龍王寺は、遣唐使と深いかかわりがあります。第八代遣唐使玄昉が建立したと伝えられています。
 
a0142141_2041862.jpg

 
 国宝の五重小塔を間近に見ることができます。

 海龍王寺の住職は、イケ住(イケメン住職)と、みうらじゅん氏が命名された、とてもかっこいいご住職です。その日は、受付に座っておられ、言葉を交わすことができ、おまけに名刺交換もさせていただきました。(夫とは、FB友達)
 「祈りの回廊」春夏号(各観光案内所や寺院で無料でお配りしています)に、海龍王寺の住職とみうらじゅん氏の対談が載っていますので、手に入ればぜひどうぞ!!

 
a0142141_20182487.jpg


 海龍王寺の塀から咲きこぼれる、定家葛。濃厚な香りを放っていました。


 そして、法華寺。

 
a0142141_20212239.jpg


 「聖武天皇が、仏教による国家鎮護のため、国分寺、国分尼寺を全国に建立された」とは、日本史で習った通りで、東大寺が総国分寺で、総国分尼寺が、この法華寺だとのことです。
 ふーん。そうなんだぁ・・・。
 さすがに尼寺らしい優美な佇まいのお寺でした。
 国宝の十一面観音菩薩がおられますが、特別開扉の時以外は、レプリカを見ることができます。
レプリカと言っても、一木の白檀でできたそのお姿は、感動ものです。


 この三つのお寺は、奈良中心部からは少し離れていますが、それゆえに落ち着いた雰囲気の、玄人好み(!?)のお寺だと思います。ぜひ、お越しください。



 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_20282890.jpg


 昨日は、火曜日、学校と仕事のダブルヘッダー日。
 一人ランチは、東向商店街を行基広場から入ってすぐのところの2Fにある「風神」。
 このお店は、お茶づけ、特に鯛茶漬けが有名ですが、ランチをやっているということで行ってきました。
 日替わりランチ、姫ランチ(20食限定)は、売り切れで、和風から揚げ定食800円(税込)をいただきました。
 から揚げも熱々で、何よりうれしかったのは、ご飯がおいしかったことです。
 お味噌汁、サラダ、ご飯はおかわり自由だそうです。超おススメです。
 接客もとても良かったです。
 

 
[PR]
by atsu2co | 2015-05-27 20:46 | 奈良観光 | Comments(6)

burial mound

いきなりですが、奈良でburial moundを見たいと聞かれたら、どこを勧めますか?

 夕方には奈良を離れるという外国の方から、「この近くでburial moundを見たい」と聞かれました。

 うーん。
 奈良県内、とりわけわが市なら、いっぱい勧められるところあるのになぁ・・・。
 卑弥呼の墓と言われている箸墓古墳。
 石室に入れる古墳。石棺に触れることができる古墳。屈んで這い進んだら大きく開けた石室に到達する古墳。
 そして、飛鳥まで足を延ばせば、誰もが知っている石舞台古墳。

 ああ。
 でも、時間がないんだよなぁ・・・。
 考えましたよ!!
 そして、三条通にある開化天皇陵を勧めました。
 近鉄奈良駅からなら歩いて10分。

 "Thank you"と言って、出て行かれました。
 
 うーん。

 出て行かれた後で、案内所で、「この近くの古墳に行きたい」と聞かれて、開化天皇陵を勧めましたが、どこを勧めたらよかったでしょうかと、ベテランさんに聞きました。
 「やっぱり、開化天皇陵かなぁ」とのことで一安心でしたが、やっぱり、開化天皇陵って、古墳っていうイメージとちょっと違うかなぁ…と、心にひっかりがありました。

 帰宅後、夫にその話をしたら、ウワナベ・コナベ古墳はどうだろう?と言われました。
 あっ、そうか・・・。
 R24を車で京都に行くときは、必ず横を通るのに、行ったことがなかったから、パッとそれが浮かばなかったんだなぁと反省。

 昨日はオフだったので、夫にガイドをお願いして、行ってきました。

a0142141_22555231.jpg

 
 夏空のような空の下にたたずむ、大きなウワナベ古墳。


 行く前に夫から資料を手渡されました。
 奈良観光、奈良の歴史のエキスパート、NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」が誇るカリスマガイドと言われている人が夫なので、こういう時、ほんとにありがたいです。
 今までは、夫に誘われても「行かない」と言っていたのに、こちらから「教えて」ですから、とても熱く(!!)教えてくれます。

 夫から手渡された資料によりますと、今日行った二つの古墳は、佐紀盾列古墳群(さきたたなみこふんぐん)と言って、「全長200mを越える大型前方後円墳を7基含む、日本最大級の古墳群のひとつである。前方部をほぼ南に向け、50基ほどの古墳が分布している。」
 「宇和奈辺、小奈辺陵墓参考地は、磐之媛命陵を合わせて、佐紀古墳群の東群をなす。」とのことです。
 
 そっかぁ・・。日本最大級の古墳群のひとつだったんんだぁ。

 ところで、前方後円墳って、英語でどう言うでしょうか?もちろん、いろんな言い方があるかもしれませんが、私の辞書では、
 an ancient Japanese tomb of a circular shape with a rectangular frontage
だそうです。長い!!ですが、まぁ、そのものずばりなので覚えやすいです。

 ウワナベ・コナベ古墳を見た後、磐之媛命陵にも寄りました。

 「磐之媛は、日本書紀によれば、葛城地方の大豪族の娘で仁徳天皇の皇后であったが、天皇が八田若郎女を寵愛したために、磐之媛は難波宮に帰らず、奈良盆地に葬られとしている」だそうです。

 睡蓮が見事でした。


 ウワナベ・コナベ古墳、磐之媛命陵には、近鉄奈良駅からは、西大寺駅方面行バスで航空自衛隊で降りればすぐです。
 先ほどの外国のお客様も行けたかな・・と思われて、紹介できなかったことがとても残念でした。



 ということで、本日のおまけ画像。

a0142141_22561929.jpg


  途中の道で見つけた奈良市の下水道のマンホールのふた。ここにも鹿!!
[PR]
by atsu2co | 2015-05-25 05:57 | 奈良観光 | Comments(2)

塔の茶屋、依水園、入江泰吉旧居

 昨日は、3時からの仕事の前に、夫と二人で、興福寺五重塔のほんとの際にある「塔の茶屋」で茶がゆ弁当なるものをいただいてきました。

 
a0142141_16174171.jpg


 ひっそり佇む、歴史を感じさせる庵風の建物。否が応でも期待が高まります。

 
a0142141_17252473.jpg



 和服の女将(!?)に、「相席でお願いします」と、狭い廊下を通って、茶室風の狭いお部屋に通されました。 
 外国人二人とガイドの方が先客でした。
 テーブルもなく、お座布団がひいてあるだけ。そこに座りました。
 食事の間のお話で、外国人はオランダのカップルで、ガイドの方は、通訳案内士でした。

 いよいよ食事が運ばれてきました。

 
a0142141_17275716.jpg


 お膳もなく、お盆が座布団の前に置かれました。
 熱々のたっぷりの茶がゆと、おかず、ごまどうふ、お澄まし、わらび餅がお盆の上に乗っています。
 おかずは、いろいろあっておいしかったです。
 一度食べてみたいと思っていたので、とてもいい経験ができましました。
 これで、2000円+税でした。
 
 食べ終わって外に出ると、五重塔がまさに目の前。すごいロケーションだと思いました。

 
a0142141_17343398.jpg


 写真ではわかりにくいかもしれませんが、木の間越しの五重塔がわかりますか・・・?

 「まさに、奈良!!」という食事でした。


 食後、夫は別の用事があったので、夫と別れて、私は3時の仕事まで、ひとり観光(!!)をしました。

 先日の新聞に「依水園のカキツバタが見頃」と出ていたのと、依水園が未経験(!!)なので、行ってきました。

 
a0142141_17443880.jpg

 

 残念ながら、カキツバタは盛りを越えていましたが、若草山を借景とする広大な庭園は、洗われたような新緑がとてもきれいでした。
 
 外国人観光客の方がたくさん来られていました。
 
 池の睡蓮が見頃を迎えようとしていました。

 
a0142141_17454577.jpg


 それと、青もみじがとてもきれいでした。まさに、秋の真っ赤な「紅葉」もいいけれど、初夏の芽吹いたばかりの「青もみじ」もまた格別でした。
 入場料は、大人が900円でした。

 
 そして、この春にオープンしたばかりの、入江泰吉旧居にもお邪魔しました。
 依水園から100mほど。
 とっても素敵な佇まいのお住まいでした。
 
 
a0142141_1844962.jpg

 
 
a0142141_1750117.jpg


 入江泰吉さんの、人となりを垣間見る思いがしました。
 奈良を代表する写真家は、こんな素敵な家で暮らしていたんだなぁと納得しました。

 暑い中、日傘をさして、黒いビジネススーツ(!!)にパンプス(!!)で歩き回った後、3時から仕事につきました。我ながら、元気やなぁ・・と感心しました(笑)。
入場料は、200円でした。

 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_181375.jpg


 依水園と入江泰吉旧居の間に、鹿小物とアンティークの小さなお店発見。もう、かわいい、素敵すぎる鹿小物ばかり。昨日は、財布にあまりお金が入っていなかった(まぁ、いつもですが・・・)ので、ちいさなブローチをお買い上げ。早速スーツの襟に付けました。観光案内所で、鹿のブローチを付けているのが私(!!)です。

 
 

 

 
[PR]
by atsu2co | 2015-05-21 18:11 | 奈良観光 | Comments(0)

「二度寝とは、遠くにありて想うもの」 by 津村記久子

 津村記久子 の「二度寝とは、遠くにありて想うもの」を読みました。
 
 
a0142141_22521173.jpg


 帯には、「地味でも、ひとりでも、幸せになれます!自称『気安い顔』の庶民派、芥川賞作家が綴る、味わい深くてグッとくる大人気日常エッセイ第二弾!」

 まさに、いい得て妙。その通りです。

 前作の「やりたいことは、二度寝だけ」は、ちょうど2012年第2回の英検1級テスト前にテストが終わったら読もうと買っていました。テストが終わって、自己採点して、ぼーっとした状態で、ソファに寝転がって読んだことが昨日のことのように思い出されます。そして、その回に、英検1級一次試験に合格したのでした。

 まさに、テスト前は、「やりたいことは、二度寝だけ」状態でした(笑)。

 そして、今回の二作目は、仕事を始めて、バタバタの状態の中で、PBを読む気力も起きない時、夜寝る前に、ベッドでチビチビ(!!)味わいながら、クスッと笑いながら、読み進んでいました。
 緊張状況の1か月、この本の「クスリ」と笑えるところに、かなり救われました。津村記久子さん、ありがとうございます。

 そして、読んだ本の大半は、オークションで即売り(!!)してますが、この本は、手元において、疲れたとき、やる気が出ない時、パラパラと拾い読みします。

 脱力系(!?)のこのエッセー、疲れたあなたにお勧めです。



 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_2254448.jpg

 
 ただ今、我が家のブラックベリーは、花盛りです。
 毎年、たくさんのたくさんのブラックベリーがなります。

 
[PR]
by atsu2co | 2015-05-18 22:58 | | Comments(0)

子鹿公開 6/1~6/30 @鹿苑

 
a0142141_20382190.jpg
 


 上の写真のチラシの通りです(!!)。

 ぜひ、お越しください。
 
 「奈良公園には、雌鹿が約700頭生息し、毎年5月中旬から7月頃まで赤ちゃん鹿が誕生するシーズンを迎えます。人と鹿とのトラブル防止策として、毎年4月から妊娠しているお母さん鹿を『鹿苑(ろくえん)』に保護し(約200頭)、赤ちゃん鹿がお母さん鹿と一緒に行動できるようになる7月中旬ころまでの期間中に、特別イベント『子鹿公開』を開催し、可愛らしい子鹿を公開しています。また(一財)奈良の鹿愛護会では、人と鹿が共生できる環境教育の拠点とし鹿に関する知識(生態・歴史等)や、東海の保護活動の資料展示により学習することができ、各イベントを通じて天然記念物『奈良の鹿』の保護を伝えています。」(チラシの裏の説明より)


 私も、2,3年前に一度行きましたが、いつまで見ていても飽きないぐらい、子鹿たちは、かわいいです。そして、お母さん鹿と子鹿たちの様子は、なんともいえないほほえましさです。

 私、ほんとに奈良の鹿、大好きなんです!!
 
 どうか、「子鹿公開」にお越しください。
 このイベントの収益は、「奈良の鹿」の保護に活用されるとのことです。


 ということで、本日のおまけ画像。


 a0142141_2053859.jpg

a0142141_20533845.jpg


ぐるっとバス」って、ご存知ですか・・・?
 通年土日祝に運行される(4/25~5/10,6/13~6/28は、毎日)バスです。
 平城宮跡ルートと奈良公園ルートがあります。
 1ライド100円とお得です。
 






 観光シーズンの奈良公園周辺の交通混雑緩和のため、公共交通機関利用促進のための施策のようです。
  いつもの奈良交通のバスとは違って、写真のような赤色(奈良公園ルート)と青色(平城宮跡ルート)の2種類です。
 ぜひ、ご活用ください。(実は、私もまだ未経験。ぜひ乗ってみたいと思っています。また、乗ったらアップしますね)
[PR]
by atsu2co | 2015-05-16 21:11 | 奈良観光 | Comments(0)

茅ヶ崎、仕事、初ダブルヘッダー!!

 昨日は、午前中10:30~12:30、難波で茅ヶ崎の授業を受けました。
 そのあと、近鉄奈良線で、奈良へ。
 奈良で、一人ランチ。
 そして、少し時間をつぶして、3:00から仕事に入りました。

 初ダブルヘッダー!!

 大丈夫かなぁ・・・・?と、不安でしたが、なんとかやり切りました。
 昨日は、台風の影響で、夕方以降は、お客さんがめっきりいらっしゃらなくて、案内所業務もとても暇でした。だからよかったのかな・・・?

 でも、これで毎週火曜日、午前中茅ヶ崎の学校行って、午後勤務に入るというパターンを続けられそうな気がしました。
 
 仕事を始めてから学校へ行くと、とても新鮮というか、「学べる」ことがうれしく思います。
 純粋に、知識が体に入ってくるのがうれしいです。
 そのうれしさを忘れず、仕事を言い訳にせず、予習、復習もきちんとしなきゃ!!です。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_22132221.jpg


 
a0142141_22134398.jpg



 昨日の一人ランチは、東向商店街の中ほどの「和食 一条」。
 一緒にカウンターに入っているボランティアの方から聞いたお店。
 その方は、外国人をガイドした時、よく案内するそう。
 「ボリュームがある」っておっしゃってましたが、まさにその通り。
 税込800円のランチは、数種類あって(私は天ぷらをチョイス。ステーキというのもあって、隣の若い男の子が食べてましたがおいしそうでした)、食後のコーヒー付。
 天ぷらは、海老が2尾、鱚が一尾付いて、ぷりぷりでした。
 
 ひとりだったので、カウンターに案内されましたが、個室っぽいところもあるみたいでした。

 外観も、内部も一見高そうな雰囲気だけど、リーズナブルでよいと思いました。
 ただ、難をあげれば、ランチタイムも喫煙O.K.みたいなのと、白飯がいまいち・・でした。 
 おかずがおいしくても、ご飯がいまいちって、悲しくないですか・・・?

 でも、ボリュームもあるし、コーヒーもおいしかったし、5点中4点ってとこでしょうか?
 つぎは(次があるのか・・・?)は、ステーキを食べてみたいです。
 
[PR]
by atsu2co | 2015-05-13 22:25 | 観光案内所業務 | Comments(4)

what will be, will be!!

what will be, will be!!



いきなりですが、さて、what will be, will be!!・・・、どう訳しますか?

 weblio英語ことわざ辞典によりますと、「なるようになる」「ケセラセラ」と。

 スラング英語.comによりますと、「Whatever happens, what will be will be. 「何が起きても、なるようになるよ。」 Whatever will be, will be.とも言います。スペイン語でQue Sera, Sera. (ケ・セラ・セラ) と言います。」と。


 なんなん?いきなり!!ですよね?!

 
a0142141_17233636.jpg


 これ、ずいぶん前に、ある人のブログで見て、ダイソーで買いました。もちろん、1枚108円!!
 色、渋くないですか?

 
a0142141_17251411.jpg


 それを、小4のおチビの体操服入れにリフォームしました。
 明日から、持って行ってもらおうと思って、今日、作りました。(私、昨日から3連休なんです!!)
 おチビに「かっこよくない?」って聞いても、「まぁ」とつれない返事。いいんです。大人の、いえ、おばあちゃんの自己満足!!

 おばあちゃん(!!)の自己満足つながりをもう一つ。

 
a0142141_17292033.jpg


 8日の遠足のお弁当。複雑なキャラ弁は無理なので、「簡単にできるキャラ弁」と検索してつくったのがこれ。
 でもね、遠足のことを書いた日記(宿題)に、「同じ班の○○さんは、キャラ弁だったので、『いいなぁ』と思いました。」ですって!!なんか、ショック!!もう、ぜーーーーったい、キャラ弁なんか作ってやんない!!


 ・・・・と、英語、通訳案内士とは全然関係のないことをツラツラ書いてしまいました。
 まぁ。ちょっと余裕が出てきた…ってところでしょうか?



 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_17345235.jpg


 もちいどの商店街を少し入ったところの、「遊 中川」本店。

 
a0142141_173589.jpg
 

 三条通にある「日本市」

 「遊 中川」は、中川政七商店のショップです。中川政七商店は、「奈良で1716年に創業し、手績み手織りの麻織物を作り続けてきました。現在は『日本の工芸を元気にする!』をビジョンに、幅広く生活雑貨を扱い、『遊中川』などのブランドで、全国展開」されています。
 超人気店で、観光案内所でも、場所をよく聞かれます。

 「日本市」は、奈良市の三条通沿いにオープンした、中川政七商店さんの新ブランドショップ。「コンセプトは『日本の土産もの』。奈良だけではなく、全国の特産品や工芸品から大人が欲しくなるような土産ものを集めて 」います。たしかに、洗練された空間です。

 どちらも大賑わいでした。奈良にお越しの節は、ぜひ、お立ち寄りください。日本市は、先日、ご紹介した「ごはんの間 AIDA」の並びです。
[PR]
by atsu2co | 2015-05-10 17:51 | Comments(4)

杉田敏先生「私はこうして英語と付き合ってきた」

 4月号の「実践ビジネス英語」の巻末に、「特別企画 杉田敏先生に聞く!『私はこうして英語と付き合ってきた』」という14ページにわたる杉田敏先生へのインタビュー記事が載りました。

 読まれましたか・・・?

 すごいです!!すごすぎです!!杉田先生!!

 英語に対する取り組み、キャリア…すごすぎます。

 そんな杉田先生でさえ、「私自身はニューヨーク時代も英語には苦労しましたよ。」とおっしゃっています。そして続けて、「いつも苦労しながら、なんとかしています。こればかりは仕方がないんでしょうね」ともおっしゃってます。
 うーん。そうなんですかぁ・・・?先生でさえ!!

 あまりに違う世界・・・ですが、やっぱり、英語学習というのは、ゴールがないんだなぁ…とつくづく思いました。

 そして最後に、
 「当たり前のことですが、英語を話せるようになるには意識して英語を使う時間を作ることです。」と。
 はい、心します。

 今、私は、私の人生の中で、一番「生の」英語に近い場所にいます。長く使う場所に居ます。
 うーん。がんばろっと。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_941815.jpg


 このオサレなビルは、奈良市三条通にある「三条会館ビル」といいます。

 
a0142141_95728.jpg
 

 このビルの1Fに、「ごはんの間 AIDA」というカフェが入っています。

 ・・・もったいぶっていますが、一昨日、仕事の前に、このカフェで、一人ランチをしました。

 もともとならやま大通りにAIDAというカフェがあって、そちらには数年前(!!)に行ったことがあるのですが、その3店目のお店です。設計会社がやっているとかということで、店内も独特のおしゃれさです!!

 2種類の定食(昨日は、「野菜と海老の天ぷら」か「野菜たっぷりの春巻」)だけで、どちらも800円です。私は、「野菜たっぷりの春巻」をチョイスしました。

 
a0142141_97687.jpg


 
a0142141_974638.jpg

 
 奈良市の中心部で800円のランチは、なかなかリーズナブルだと思います。
 ナチュラル、シンプル好きの方には、ツボだと思います。

 奈良に来て、オサレなカフェでランチしたいとき、「ごはんの間 AIDA」は、おススメです。
 何より、近鉄奈良駅より徒歩5分です。ちなみに、ランチのみの営業で、水曜日が定休日です。
[PR]
by atsu2co | 2015-05-07 09:12 | 勉強方法 | Comments(0)

奈良のマスコットキャラクター

 世の中は、GW真っ最中ですね。お元気ですか・・・?
 私は、今日は、オフです
 しかし、5/1,5/2は、9:00~15:00勤務でしたが、もうそれは、大変なことになってました。
 外国のお客様も多いですが、やはりGW,日本の方がいっぱいです。

 ところで、世の中、マスコットキャラクター、ゆるキャラ大流行りですが、みなさんは、奈良のマスコットといえば、何が思い浮かびますか・・・?


 今、大人気(特に、アジア系の人々に大人気!!)なのが、しかまろくんです。
 ご存知ですか?しかまろくん!!

 
 
a0142141_1172269.jpg


 これは、奈良市観光協会のマスコットキャラクターです。
 いろんなポーズのしかまろくんがいますが、どれもほんとキュートです。
 奈良にお越しの節は、しかまろくん、探してみてくださいね。

 せんとくんもいますよ!!

 
 
a0142141_11141665.jpg



 
 我が観光案内所にも大きなせんとくんがいて、みなさん、ツーショットで写真撮っていかれます。
 登場当時、「きもい」とかけっこう悪評が多かったですが、慣れてきたせいか(!?)、なかなかいいやつ(!!)っぽいです。


 そして、あまり知られていないかもしれませんが、奈良交通のマスコットキャラクターが、シーカくんです。

 
 
a0142141_11172275.jpg


 (画像小さくてすみません。画像、お借りしています。)

 奈良交通のバスといえば、私が子供のころから、サイドに鹿の絵があしらわれていましたが、こんな子もいたんですね。

 
 奈良観光において、鹿は、ほんと大きな位置を占めていると思います。

 やはり、都市部に、鹿があちこちにいるというのは、とっても珍しいことのようです。
 たいてい(とりわけ、外国のお客様は、「どこに行ったら、鹿を見ることができますか?」と聞かれます。「どこでも」というと、とても驚かれます。奈良公園に「鹿苑」という「春日大社の石燈籠の並ぶ参道の南側に位置する鹿の保護施設。」があるのですが、そこで飼われていると思われている方が多いです。 鹿せんべいをあげられるのも、人気です。

 もちろん、奈良には、東大寺、興福寺、春日大社など歴史的建造物がいっぱいですが、それと並ぶ大きな観光の柱が、奈良公園の鹿だと思います。 
 あの鹿は、春日大社の神の使いです。なので、奈良ではとても大事にされてきたのです。

 どうか、みなさんも、鹿に会いに奈良にお越しください。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_11354975.jpg


 
a0142141_1136886.jpg



 「大仏のしりもち」というおうどんです。
 お店のパンフレットによりますと、「三つの味を楽しめる。まずは、そのまま。次に薬味を変えて。薬味は、柚子こしょう、『和風ラー油のべっぴん奈良漬け』の2種類です。」取り皿が2つついてくるので、それぞれの味を楽しめます。
 最初のお味は、出汁の効いた飛鳥なべ風豆乳仕立てのお出しです。そこに、ゴボウの天ぷら、大和肉鶏などが入っています。麺はこしのある平麺です。大仏さんのお尻に敷かれてぺちゃんこになったということらしいです。

 お店は、近鉄奈良駅を出て、行基広場を右に曲がった東向南通り商店街入ってすぐの「うどん亭」です。

 人気の(えっ?)のこのコーナー、お客様に聞かれて行ってみたいなと思って、実際に私が行った、奈良情報を随時お送りする予定です。奈良観光の一助になれば…と思います。
[PR]
by atsu2co | 2015-05-04 11:56 | 観光案内所業務 | Comments(2)