<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「エヴリシング・フロウズ」 by 津村記久子

 私の手帳の読書記録(ヘーッ?!そんなのがあるんだぁ!?)によりますと、2/28に、津村記久子の「エヴリシング・フロウズ」を読了しています。
 何しろ、バタバタしていて(最近、こればっか!!)、ブログupが、今日になりました。


 
a0142141_20593239.jpg


 本の帯に、
 「大阪を舞台に人生の入り口に立った少年少女の、たゆたい、揺れる心を繊細な筆致で描いた、芥川作家、会心の力作長編」とあります。

 主人公は、中学生。高校受験を控えた中学3年生。
 彼らの、「たゆたい、揺れる」様子は、わかるけれど、大台(!!)に乗った私にとっては、ちょっと世界が違いすぎるというか・・・。高校生や大学生ならまだしも・・・。

 津村記久子の独特の「筆致」や、感性は好きだけど、今後も、中学生が主人公なら、ちょっとなぁ・・・。

 でも、私にも、あんなみずみずしい時があったよね・・・と、おばさんは、遠い目で懐かしくなりました。

 という、なんだかわけのわからない、読書感想文になりました。



 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_2151924.jpg



 日曜日、椿の花を求めて、桜井市の玉列神社や、椿山に行きました。残念ながら、今年の椿は、あまりというか、ほとんど花をつけていませんでした。
 その時、ふと見上げたところに、崩れた土塀の上から、真っ白な木蓮の花。青空とのコントラストに思わずパチリ。

 
 
[PR]
by atsu2co | 2015-03-25 11:00 | | Comments(0)

ひつじの公園~山添村:めえめえ牧場

 10日ほど前の新聞に、「羊の赤ちゃん すくすく」「山添村『めえめえ牧場』に13頭」という記事が、かわいい、元気いっぱい走り回る子羊たちの写真とともに載ったものですから、動物好きの私は、ソワソワ。

 
a0142141_14435732.jpg


 3/21の春分の日に、暖かい陽ざしに誘われて、小3のおチビとママを誘って、行ってきました。
 かわいい、かわいすぎる子羊たちの写真をお楽しみください。

 
a0142141_14452194.jpg


 
a0142141_14454799.jpg


 
a0142141_14461811.jpg


 小さな頭を寄せ合って、一生懸命、草を食べています。

 
a0142141_1447950.jpg


 場内で売られている「羊せんべい」をあげると、あちこちから走って寄ってきます。立ち去ろうとすると、「めぇ~」と催促されます。もう、メロメロ。
 子羊は、せんべいを食べ終わると、人間の指をチュッチュッと吸います。もう、かわいすぎ~(はあと)。
 
 
a0142141_15192541.jpg


 いろんな種類の羊がいます。これは、サフォーク種。


 めえめえ牧場は、奈良県山添村、フォレストパーク神野山の中にあります。西名阪神野口I.Cから5~6分です。文字通り、山の中にあって、素朴に(!!)それだけがあるという施設(夏には、野外バーベキューとかもあるみたいですが・・・)なので、思い切りのんびりできますよ。ぜひ、心の洗濯にお出かけください。
 
 その日は、園内のあちこちに、ふきのとうが出ていて、摘んできました。その夜は、ふきのとうの天ぷら。お塩でいただいたら、春の香りがしました。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_1514653.jpg


 めえめえ牧場の帰り、図書館に寄って、「たのしい川べ」を借りてきました。PBの表紙が、いかにも子供向けっぽいイラストだったので、おチビが興味深々でした。で、日本語版を借りてきて、春休みに読むことに。石井桃子さんの訳です。
[PR]
by atsu2co | 2015-03-23 15:22 | お出かけ | Comments(0)

"The Wind in the Willows" by Kenneth Grahame読了。

 ご無沙汰しています。2週間ぶりの更新です。
 娘親子との同居以来、なんだかバタバタしています・・・。

 Kenneth Grahameの "The Wind in the Willows"を読了しました。

 
a0142141_2261263.jpg

 
 前回の"Never Let Me Go" を読了したのが、1/7ですから、2か月半もかかったことになります。 途中、日本語の本を読んだとはいえ、ちょっと、というかあまりに情けないです・・・!!!
 今年は、年間20冊のPBを読みたいと目標を語ったのに!!です。
 テスト勉強をしているわけでもないわけですから、もう少しピッチを上げたいと思います。

  "The Wind in the Willows"は、日本語のタイトルを「たのしい川べ 」といえば、「ああ、読んだことある!」って方もたくさんおられるんじゃないでしょうか・・・?
 ネズミ、モグラ、アナグマたちが出てくるイギリスのお話です。
子供のお話・・・って、思うでしょう?でも、そこはイギリスのお話です。大人こそ楽しめます。
 
 たとえば・・・、
 
After all, the best part of a holiday is perhaps not so much to be resting yourself, as to see all the other fellows busy working.

って、子供がわかるかなぁ。

 イギリスの暮らしの豊かさや、友情や、目立ちすぎる、威張りすぎることをいさめる友達など、ほんとに素敵なエピソードがいっぱいです。
 それにしても、ヒキガエルったら!!です。ほんま、懲りんやつ!!
 彼さえも、ネズミやモグラや、そしてアナグマたちの友情で、変わる(変わった?)のですから!!

 夏が過ぎ、川べから、鳥たちなどが去って行くのを見送って、とてもさみしい気持ちになっているネズミが、港から港へさすらう海ネズミの冒険譚を聞いて、なんだか同じところに居続ける自分の生活がつまらなく思えて、ぼーっとなって、ふらふらとさすらい出ようとするのを、モグラが間一髪助けたシーンが一番好きです。
 
 子供の本だから簡単・・・というわけにはいきませんでした。まだまだです。
 単語はそれほど難しいわけじゃないけど、どういうことを言ってるのかつかめきれないところが何度もありました。ほんと、まだまだです!!

 さぁ、次は何を読みましょう・・・?


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_22242542.jpg


 3/18が、誕生日でした。
 ついに、大台(!!)に乗ってしまった(ガックリ)。
 その日のお昼は、夫と二人で、サンマルクでランチ。お店からお祝いのケーキ。

 夜は、娘から、「金の豚」のしゃぶしゃぶで祝ってもらった!!

 ちょっと食べ過ぎ!!ヤバっ!!
[PR]
by atsu2co | 2015-03-20 22:31 | PB | Comments(7)

通訳スタッフとして登録。

 ネットで調べたり、いろんな人のブログで見たりした、通訳案内士の仕事を紹介する派遣会社(!?)のいくつかに、エントリーしました。

 一つは、メールで、「履歴書」「職務経歴書」「通訳案内経歴書」「通訳案内士登録証」を送りました。
 
 一つは、メールで、登録申し込みをしたら、登録完了のメールがきただけで、「仕事が発生したら、ご連絡します。」とのこと。

 一つは、「面接に来社せよ」とのメールをいただき、金曜日、茅ヶ崎が終わった後、行ってきました。「履歴書」「職務経歴書」「通訳案内経歴書」「通訳案内士登録証」を持って。

 感触は、「経験ないんですよね。ボランティアでもなんでもいいですから、経験積んできてから、来てください。」って感じ。
 「いきなり、バスとかに乗って、通訳案内するんですか?空港からホテルまでの案内とかはないんですか?」って聞いたら、「空港からホテルまでの送迎なら、通訳案内士でなくて、無資格者でもできますから」って言われました。

 フ~っ!!大きなため息(!!)です。
 このブログを書くために、いろいろ調べていたら、「通訳案内士<食えない資格の悲惨な実態レポート>」という、泣きそうな記事に遭遇しました。
 通訳案内士を目指した人なら、一度はお目にかかったことがあるはずの「ハロー通訳アカデミー」のブログですから、信ぴょう性は確かだと思います。
 そこでも書かれていますが、「誰もが認める優秀な通訳ガイドを目指そう」という一言に尽きると思います。
 ああ、道のり遠し。


 ぼちぼちやっていくしかないということです。
 腐らず、あきらめず・・・!!!


 というこで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_1044330.jpg


 面接に行って落ち込む前に、時間があったので、ショッピングモールをウロウロ。革製のIDカードホルダーを見つけました。色も、ブルーグリーンで、大好きな色。これは、何かの暗示(?!)かもしれないと勝手に都合よく(!!)解釈して、購入しました。
 ああ、気、早すぎ!!
 これを使う日って、果たして来るのでしょうか?
 
[PR]
by atsu2co | 2015-03-08 10:52 | 通訳案内士 | Comments(6)

通訳案内士新人研修会に参加。

 みなさん、お久しぶりです。
 約3週間ぶりの更新です。

 その間、娘の引っ越しやら、確定申告やらで忙殺されていました。
 
 娘が、小3のおチビと一緒に出戻って(!!)来たので、今までの大人二人だけの、静かで優雅な、そして自由気ままな生活から一転、バタバタと暮らしています。なかなか落ち着いて、勉強の時間を取ることが難しくなりました。こんな生活になる前に、よくぞ英検1級と通訳案内士に合格したものだと思います。ほんと、心から思います。自由に勉強できるうれしさ、幸せよ!!です。
 
 まぁ、徐々に生活のペースも取戻し、勉強を続けたいと思います。ぜったい、続ける(きっぱり!!)。


 ということで、3週間ぶりなのに、愚痴からはじめてしまってごめんなさい。私らしくないです。反省、反省。


 *    *    *


 さぁ、気分を切り替えまして・・・。


 2/28,3/1と、某(!!)通訳案内士団体の新人研修会に参加してきました。たくさんある新人研修会の中から、それを選んだのは、日数、費用が手ごろだったことと、研修期間中にプレゼンがあって評価されるということがない(!!)からでした。(←あくまで消極的!!)

 2/28は、座学と、二条城、楽美術館などの街歩きツアーの実地研修。
 京都9時集合なので、最寄り駅を7時3分に乗るため、5時半起き。クーっ!!

 座学は、
 
 ◇ガイド業界の現状と今後
 ◇ガイド業務と仕事の進め方 
 ◇ガイド業務について
 ◇その協会のガイド育成方法について

 聞けば聞くほど、「やれるんかいな?」と不安になります。うーん。

 お昼は、二条城の近くの料亭(!)で、会席料理。ここで、参加者の皆さんといろいろ意見交換、交流ができました。
 やっぱり、奈良からの参加者は、奈良からの参加者同士でなんとなく輪ができました。

 お昼からの街歩きツアーの実地研修は、二条城から。現役通訳案内士の英語のガイドや注意点を聞きながら、聞くのは、なるほどとよくわかるけど、じっさいにそれを自分が話せるかというと、ため息が出ます。


 
a0142141_1037619.jpg

 (二条城)

 5時前に解散になった時は、ぐったりでした。こんなんで、ガイドできるんかいな!?


 2日目は一日中、観光地巡り。
 8時45分に京都新都ホテルロビー集合。

 金閣寺、龍安寺、平安神宮、清水寺、三十三間堂・・・と盛りだくさんです。
 ところが、一日中雨。時には土砂降り。

 
a0142141_10422962.jpg

 こんな雨!!傘さして、イヤホンで講師の説明聞いて、メモとって・・・。

 しかし、京都はすごい!!そんな雨の中、どこもかしこも観光客だらけ。といっても、欧米人より、やっぱり目立つのは、中国、韓国の観光客のみなさん。そして、彼らは、お国から連れてきた自前(!!)のガイドがついている様子。

 
a0142141_10465239.jpg

 (雨の金閣寺)

 どのお寺も大昔(!!)、行ったことがあるけれど、久しぶりだったので、ガイド研修というより、観光客として楽しんだ感じもなきにしもあらず・・・(笑)。
 

 
a0142141_1049071.jpg

 (龍安寺石庭)

 
a0142141_10495922.jpg

 (清水寺舞台)

 ・
 ・
 ・

 二日間の研修は、長かった!!体力勝負だな・・と痛感しました。
 そして、英語のガイドは、「掃いて捨てるほどいる」ということです。そんななかで、自分は何ができるんだろうか・・と思います。流暢さでは、ぜったいにかなわないわけですから・・。
 

  最後、解散になった京都新都ホテルの喫茶店で、奈良の参加者数人とお茶して、連絡先を交換し、今後も情報を交換する・・ということになりました。一人でいろいろ考えるより、同志(!?)の人たちと励まし合って(!!)いくのも大切かな・・と思いました。


 ということで、本日のおまけ(!?)画像。

 
a0142141_10564015.jpg


 参加したのは、この団体。

 
[PR]
by atsu2co | 2015-03-03 11:04 | 通訳案内士 | Comments(6)