<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コミック「繕い裁つ人」1~3巻 読了。

 コミック版の「繕い裁つ人」全6巻のうち、1~3巻を読了しました。
 
 
 


 





 


 確か、新聞の映画案内(!?)か、バナー広告で見て、興味を持ち、映画を見てみたくなり、上映日とか、上映館とかをチェックしてました。
 そしたら、これが、コミックが原作の映画だとわかり、さっそくTSUTAYAで、レンタルしました。全6巻ですが、とりあえず、3巻。
 うーん。よっかた。
 チャラチャラした(!?)絵じゃなく、好きな感じ。
 こういう風に、穏やかに話が進むのもいい感じです。
 それにしても、昨年の「きょうは会社休みます。」 以来、コミックづいています(笑)。もうすぐ60になろうとしている人が、レンタルコミックを借りるのはいかがなものか・・・とちょっとは思いますが、この年で、コミックを読み切れる柔軟性(あくまで自己基準、自己評価)をほめてやりたいと思います(笑)。

 そして、金曜日の茅ヶ崎の授業の帰り、映画の方も、前売りを買ってきました。
 全国2000人限定特典付前売り券。こんなの買うの、いつぶりだろう・・・?
 「繕い裁つ人」マスキングテープがついてます!!

 そして、そして、今の前売り券はこんなんになってるんですね!!びっくり!!

 
a0142141_21395480.jpg


ムビチケカードといって、前もって家のPCから座席指定できるんですって!!すっ、すっ、すごい!!
 来週、茅ヶ崎の帰り、観てきます。久しぶりの(!!)おひとり様映画鑑賞!!



 ということで、本日のおまけ画像。

a0142141_21413077.jpg


a0142141_2142697.jpg


 
a0142141_21425914.jpg



a0142141_21435332.jpg




ギリシャの幼稚園と、学校(小学校?)。
 上3枚は、メテオラへの観光基地カランバカで。土曜日だったので、ひっそり。
 最後の1枚は、エギナ島。月曜日だったので、校庭で元気に遊んでいました。

 ということで、このあたりで、ギリシャの写真もネタ切れ。おつきあいありがとうございました。
 
[PR]
by atsu2co | 2015-01-31 21:44 | | Comments(0)

田原本聖救主教会 礼拝堂 @「 マッサン」 ロケ地

 今週の日曜日、夫のツアーの下見に付き合って、奈良県田原本町の「田原本聖救主教会 礼拝堂」の見学をさせていただきました。

 
a0142141_1357527.jpg



 日曜日の午後3時、礼拝を終わられて、信徒さんと司祭さんが歓談されているところをお邪魔しました。

 この教会は、今やっているNHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」の中の、キャサリンの教会としてロケ地になりました。
 外観は、地元の新聞の近代化遺産の建物としてよく取り上げられています。

 
a0142141_1403162.jpg


 ほんとに、こじんまりとした、かわいい建物です。
 でも、中に入ると、凝った意匠があちこちにあって、とてもすてきでした。

 
a0142141_1421313.jpg



 見学希望者は、第4日曜日の3時過ぎに教会に行くと、見学させていただけます。



 ということで、本日のおまけ画像。
 しつこいですが(!!)、ギリシャ旅行の写真から、いろんなお店を。

 
a0142141_1494947.jpg


 
a0142141_1410940.jpg


 
a0142141_14103345.jpg


 
a0142141_14105781.jpg


 
a0142141_14121947.jpg


 
a0142141_1413199.jpg


 
a0142141_142041.jpg


 総選挙も終わって、ギリシャの今後はどうなるか不透明ですが、私が出会った、ギリシャのお店で働いている人たちは、みんなテキパキとした働き者でした。問題は、人口の多くの部分を占める公務員なのでしょうか・・・?!
 

 
[PR]
by atsu2co | 2015-01-27 14:23 | お出かけ | Comments(0)

"Never Let Me Go" DVD鑑賞

 "Never Let Me Go"のDVDを観ました。

 
a0142141_22255283.jpg


 
a0142141_22262130.jpg



 ストーリーは、PBを読んだときにも書きましたが、臓器移植のために育てられた子供たちが、大人になって、donationをして、completeされるというグロテスクな話が縦糸に、子供たちを育てる施設ヘールシャムでともに育ったキャシー、トミー、ルースの友情、恋愛を横糸に、紡がれます。

 時折、donationを示唆するグロテスクな場面がありますが、全体は、残酷なまでにきれいな場面が続きます。
 
 色がとてもきれい。悲しいぐらいに、残酷なまでに美しい。
 
 子供たちが、ヘールシャムで着ている服が、とっても素敵!!(これって、ananとかの映画評みたい。映画の本筋とは関係ないところで、服が素敵だ、インテリアが素敵だ・・と。)
 
 ほんとに、景色が素敵。色合いが、抑制されていながら、この場面はこの色しかないよね・・という色。

 うーん。英語は、どのぐらいわかったんだろ?今回は、多少(!!)わかった気がする・・・。
 映画としては、私の「ツボ」かも?!

 カズオ イシグロ、ほんとにいいなぁ。また、読もう。
 
 そして、この映画もおススメです!!

 
a0142141_22481321.jpg


映画の初めにこれが出ます・・・。

 
 


 ということで、気を取り直して(!?)本日のおまけ画像。

 
a0142141_2312335.jpg


 樹齢500年の樟の巨木。
 私、巨木ファンなんです。(もちろん、巨人ファンとは違いますよ!!)
 巨木に触れて、いつもパワーをもらいます。

 
a0142141_2325778.jpg


「この木は、目通り6.18m、樹高30mで、樹齢約500年余の古木である。樹枝が四方にひろがり、約400㎡の境内を覆い、あたかも一本の木で、森を形成しているように見え、樹勢はなお盛んなものである。」(奈良県教育委員会の説明文)
 奈良県田原本町薬王寺 八幡神社内


 

 
 

 
[PR]
by atsu2co | 2015-01-25 23:14 | PB | Comments(2)

パス単、再び!!

 いよいよ1月の英検、明後日ですね。英検受験生の皆さん、頑張ってください!!

 さて、英検1級1次試験に合格してから早や2年3か月が経ったわけですが、最近、とみに「単語の流出」を感じています。
 単語カードを繰ったりはしていますが、試験前のような集中力がありません。
 PBを読んでいても、茅ヶ崎の授業に出ていても、「前は、知っていたのになぁ」「忘れました」という単語が頻繁に出てくるようになりました。
 
 PBを読む精度を上げたい、授業で「忘れました」ばかりでは、あまりに恥ずかしい・・・と、パス単を再び勉強しなおすことにしました。

 
a0142141_2223249.jpg


だいたい、試験に合格すると、それに関する問題集などすべて処分してきたのですが、このパス単と、単語カードだけは捨てられませんでした。 
 そして、再び登場願ったわけです。
 
 やってみて、でへっ、意外に覚えてるやん・・・。
 でも、苦手だった単語は、やっぱり。今も苦手だな・・・。

 しばらく、テスト前の書き込み等を懐かしみながら、パス単、やっていきたいと思います。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_22261566.jpg


 
a0142141_22262941.jpg


 
a0142141_22265530.jpg


ご存知のように(!?)、私は、大の犬好きです。
ということで、ギリシャで出会った犬たち・・・。
[PR]
by atsu2co | 2015-01-23 22:29 | 勉強方法 | Comments(0)

「漆の実のみのる国」上下 by 藤沢周平 読了

 旅行のお供とした3冊の本のうち、旅行期間中に、「漆の実のみのる国」上下を読了しました。

 
a0142141_2151396.jpg



 為せば成る 為さねば成らぬ何事も 
 成らぬは人の為さぬなりけり


 有名な、あまりに有名なこの言葉は、この本の主人公 上杉鷹山の言葉です。

 前段の言葉は、子供のころから、親や教師から、耳たこ(!!)ぐらい聞かされてきましたが、
 この言葉は、後段にこそ、意味があるのじゃないかな・・・と、この年になって感じるようになりました。

 成らぬは人の為さぬなりけり

 成らぬは人の為さぬなりけり

 成らぬは人の為さぬなりけり

      ・
      ・
      ・
      ・


 ところで、上杉鷹山って、ご存知ですか・・・?

 一言で言うと、「江戸時代中期の大名で、出羽国米沢藩の第9代藩主。領地返上寸前の米沢藩再生のきっかけを作り、江戸時代屈指の名君として知られている。 」(Wikipedia) 
ケネディ大統領が、尊敬する日本の政治家として、上杉鷹山を挙げたという逸話は有名です。
 2013年11月、キャロライン・ケネディ駐日米大使は27日の講演で、50年前に暗殺された父親のケネディ元大統領が生前、江戸時代の米沢藩主、上杉鷹山に心を寄せ「善政と公益への献身を称賛していた」と述べたそうです。
 
 彼は、大名であるにもかかわらず、藩の再建のため、自ら率先して、「出づるを制して入るを図る。倹約と殖産興業である。」と実行しています。
 けっこう、わたしの大名観(!?)を変えた人です。

 ところで、ギリシャ旅行の現地での大半のバスを運転してくれたNikoちゃん(!!)というドライバーさんは、無類の武士好きで、腕に「武士」と漢字でタトゥーを入れて、スマホの待ち画面も、武士だというぐらいの人だったんですが、私も、例の「日本史探訪」を読んで以来、日本の武士に誇りを持つようになりました。
 また、機会があれば、武士の本を読んでみたいと思います。


 ということで、本日のおまけ画像。(キャー、久しぶり~!!)

 
a0142141_22151122.jpg


帰国後、 柚子大根を漬けました。
 徐々に、日常生活を取り戻しています。
[PR]
by atsu2co | 2015-01-22 22:19 | | Comments(0)

ギリシャ旅行に行ってきました。

 1/8~1/15まで8日間、ギリシャに旅行に行ってきました。

 この季節、ギリシャというか、地中海地方は、雨季なんですね。
 旅行案内を見ると、「寒風吹きすさぶ」とか、「鈍色の」とか・・・、そのうえ、エボラだとか、イスラム国だとか、挙句は、行く直前のエアアジアの墜落とか、ギリシャからイタリアへのフェリーの転覆だとか・・・、なんだか気持ちがなえることばかりでしたが、がんばって(!!)行ってきました(笑)。余談ですが、我が家は、関空まで車で行くのですが、乗り込んだ我が家の車のメーター表示(何の表示だったかよく覚えていないのですが・・・)が。「259」(じごく)、「4」…だった時には、さすがにギョッとしました。

 というようなことはさておき、8日間、あっという間の楽しい旅行でした。(人の旅行記、とりわけ、どこで何を買ったとかを微に入り細に入り書いてあるブログほど、つまらないものはないので、サラッと、次へのワンステップ(!?)として、記しておきます。サラッと読み飛ばしてくださるか、スルーしてください。)(今回は、写真多いです。素人写真ですが、まぁ、見てやってください。)

 
a0142141_2034931.jpg


 
a0142141_20343260.jpg


 
a0142141_204445100.jpg


 
a0142141_20454542.jpg


 ギリシャ中央部に位置するメテオラです。奇岩群とその上に立つ修道院群の世界遺産です。
 ギリシャ旅行を計画するまで、寡聞にしてメテオラのこと知りませんでした。
 しかし、「すごいっ!!」「わぁ!!」の連続でした。
 そんな奇岩の上に立つ修道院もさることながら、奇岩の自然の造形の不思議に圧倒されました。

 
a0142141_2103266.jpg


 修道士の服と水筒です。「薔薇の名前」の世界を想像しました。私たちが行った修道院は、現在3名の修道士の方がおられるだけだそうです。

 次は、「デルフィの神託」で有名なデルフィ遺跡へ。

 
a0142141_20535336.jpg


 
a0142141_20542180.jpg



 私たちが着いた2,3日前は、ギリシャ地方は大雪で、あちこちに雪がいっぱい残っていましたが、デルフィを歩いた時は、汗ばむほどの陽気。
 そして、この青空!!

 
a0142141_20572568.jpg



次は、エーゲ海サロニコス湾1日クルーズ!!
 エーゲ海クルーズとツアー会社は銘打っていますが、この季節、海が荒れて、クルーズをやっているのは、アテネのあるアッティカ半島とペロポネソス半島に囲まれたサロニコス湾だけ。エギナ、ポロス、イドラ島の3島を巡ります。
 ところが、当日、空は曇天、風強し・・で、出港も1時間遅れ。海に出るや、すごい揺れ。怖いぐらい。当然(!!)船酔い!!激しく!!もちろん、薬飲んでいても・・・(汗、涙)

 
a0142141_21131477.jpg
 

 
a0142141_21135015.jpg


 エーゲ海というより、「冬の日本海」的空模様。途中、風が強くなり、港湾局より停止命令(!!)。結局、2島だけで、イドラ島には寄れませんでした。

 
a0142141_21152291.jpg


 時たま、太陽が顔を出すと、海の色もきれいに輝きます。


 後半、アテネに3連泊。

 
a0142141_21164083.jpg


 
a0142141_21172317.jpg


 
a0142141_21174975.jpg


 アクロポリス遺跡を訪れた日は、すごい強風で、体を飛ばされるぐらいで、遺跡を背景に撮った人物の写真、髪の毛がすごいことになっていて、使い物になりません(!!)。
 
 
a0142141_21235584.jpg


 


 最終日は、コリントス運河とミケーネ遺跡へ。
 かつてホメロスが「黄金に富むミケーネ」とうたったミケーネ文明の遺跡です。
 これは、紀元前16~12世紀の頃のことだとのこと。

 
a0142141_21433686.jpg


 
a0142141_2144742.jpg



 食べたものなど・・・。
 
 まずは、スプラキ。小さく切った肉を串焼きにした、代表的なギリシア料理。
a0142141_21494517.jpg


ゲミスタ。ピーマンやトマトの中身をくりぬき、米や野菜をつめてオーブンで焼くギリシャ料理。

 
a0142141_21544013.jpg


最後の夕食は、ライトアップされたアクロポリスの丘とパルテノン神殿を見ながらの、ディオニソスでのディナー。
 
 
a0142141_21584218.jpg



アテネを外れると、幹線道路沿い、村の中にあちこち見受けられた祠のようなもの。
 現地のガイドさんに聞くと、やはり、交通事故で亡くなられた方のためとか、村の入り口の村の守り神(!?)のようなものだとか・・・。人々の祈りは、どこの国も同じです・・。

 
a0142141_2244538.jpg


a0142141_22143695.jpg



で、8日間のギリシャ旅行で感じたことなど・・・。

 バスでギリシャを走っていると、文字通り、何十キロも延々オリーブ畑(オリーブ林?)だけが続きます。走っている車も少なくて、オリーブの木の下には、羊や山羊がのんびり草を食んでいます。
空は、真っ青で、遠くに雪をかぶった山が続き、小鳥が鳴き、教会の鐘の音が聞こえてきます。
 ああ、いいなぁ。こんな暮らし・・・と、つくづく思いました。
 
 私、生まれ変わったら(笑)、バリバリ世界を股にかける建築家になりたいと思っていましたが、変えます!!(きっぱり!!)
 ギリシャの田舎で羊や山羊を飼って暮らします。オリーブを植えたり、枝をたたいて収穫したり、山羊のお乳でチーズを作ったり。爪が泥で真っ黒だったり、字も自分の名前ぐらいしか書けないけど、太陽とともに起き、日々の暮らしに神様がいて、そんな暮らしがしたいです。

 
a0142141_2228575.jpg


 
a0142141_22292624.jpg


 ギリシャの田舎、ほんとに素敵!!


a0142141_22332764.jpg


 
また、次の旅行目指して、がんばろっ!!

 (「サラッと」といいながらの、長文レポート。おつきあいありがとうございました。)
[PR]
by atsu2co | 2015-01-20 22:39 | お出かけ | Comments(4)

"Never Let Me Go" by Kazuo Ishiguro 読了

 本年1冊目のPB"Never Let Me Go” by Kazuo Ishiguro を読了しました。

 
a0142141_2229486.jpg


うーん。
うーん。

やっぱり、テーマが重かったから、しんどかったです。
 でも、臓器移植や、クローンということが主題ではなく、友情や、愛情や、孤独や、人が生きることの意味や・・・、いろんなことが声高ではなく、静かに、でもそれゆえに、説得力がある・・とでも言うんでしょうか。
 今日、電車の中で読み切ったのですが、読み終わった後もボーっとしていました。
 最後の10ページを残して電車に乗ったので、電車の中で読み終わるだろうとわかっていて、もし最後、電車の中で号泣したらどうしよう・・・と心配していましたが、「号泣」というような感情の爆発(!?)というより、深く広がる余韻に圧倒されていました。

 今日は、今年最初の茅ヶ崎の授業でした。授業前に、茅ヶ崎の友人とランチしたんですが、彼女は映画を見たそうで、「とてもよかった」といっていました。ぜひ、観てみたいと思いました。

 
 ちなみに、去年は、年間12冊のPB読破を目標にしていましたが、途中、通訳案内士試験のために、「日本史探訪」21冊を読んだりしたので、結局、目標の半分の6冊でした。これは、ちょっと情けない!!今年は、とりあえず、テストもないことですし、20冊ぐらい(!!)は読みたいものです。

 そして、去年読んだ6冊とは・・・、

 "The name of the rose" by Umberto Eco
"Master of the game" by Sidney Sheldon
"To kill a mocking bird" by Happer Lee
"Holes" by Louis Sachar
"A walk to remember" by Nicholas Sparks
"true GRIT" by Charles Portis

でした。
 
 我ながら、なかなかいい選択眼だな・・・と思います(笑)。
 "A walk・・・"以外(!!)は、おススメです!!
 
 


 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_22504494.jpg


 旅のお供の本3冊!!

 日本語の文庫2冊は、藤沢周平の上杉鷹山を書いた「漆の実のみのる国」上下。
 上杉鷹山は、例の「日本史探訪」で初めて知って、とても読みたかったのです。

 PBは、"Never Let Me Go"の後だけに、軽く読めるものをということで、積読状態のPBの中から、この1冊"The wind in the willows"

 さぁ、どれだけ読めるでしょうか・・・・?
 
 
[PR]
by atsu2co | 2015-01-07 23:04 | PB | Comments(0)

(遅ればせながら)あけましておめでとうございます。

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
 とても寒い、荒れたお正月でしたが、みなさん、いかがお過ごしでしたでしょうか・・・?

 私は、お正月明けのギリシャ旅行を控えているので、遠出を控えて、近くの神社に初もうでに行ったぐらいで、ずっと巣ごもり(!!)状態でした。

 
a0142141_2218650.jpg



 薄っすら、雪をかぶった大神神社、本殿。
 2日に行きましたが、途中吹雪いたりして、例年に比べて人出も少なかったように思います。


 さて、一年の初め。
 今年の私の目標は・・・、

 1, 小さく暮らす

 

 2, もっともっと英語漬けになる

 
 このブログは、英語ブログですので、2についてもう少し詳しく。
 私を見た周りの人に、「あの人いつ見ても、いつも英語聴いてるか、英語の本読んでるよね」と言わせしめたい!!
 そのぐらい、常に英語と接していたいと思います。

 年末の茅ヶ崎の交流会で、一人の人と話したことなんですが、
 その人は、「週末に友達と会って、一日日本語でぺちゃくちゃしゃべったら、次の日、英語が出てこない」とおっしゃったんですが、 
 私も、朝、用事をしながら、「ずっといろんな音源のテープを聴き続けてたら、急に夫と話すとき、なかなか日本語の単語が出てこない」という経験がままありました。
 
 
 そして、また、茅ヶ崎の交流会の話で恐縮ですが、「あつこさん、一言」と言われて、一言話させていただいたんですが(もちろん、日本語!!)、「私は、好きでPBを読んでいるけれど、微妙なニュアンスなんかは、まだまだ全然読み取れていない。そういうところまで読み取れるよう、これからも精進していきたい。単語力をつけたい」と。

 そして、そして、またまた交流会での話ですが、一人の方(この方は上級で、高校の英語の教師をされている)が、そんな方なのに(!!)、「日々、カタツムリの歩みのようだけど、進歩しているのを感じる。勉強し続けている限り、進歩していける。」とおっしゃって、それも、私、日々実感していることなので、勉強から離れることなく、たゆまず努力したいと思います。

 ・・・そんな英語まみれ(!!)の1年にしたいと思います。

 ということで、お正月は、ずっと"Never Let Me Go"を読んでおりました。旅行に行くまでには、読み切りたい・・・!!



 ということで、本日のおまけ画像。

 12/31 長谷寺(奈良県)の観音万燈会が午後7時から始まるということで、見に行ってきました。
 長谷寺の有名な回廊に灯がともされて、長谷寺は厳かな雰囲気に包まれました。


 
a0142141_22533424.jpg



 
a0142141_2254863.jpg



 
a0142141_22543730.jpg



 今年一年が、みなさんにとって、私にとって、実り多い一年となりますように…。
[PR]
by atsu2co | 2015-01-05 23:26 | 勉強方法 | Comments(10)