<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

平成26年度通訳案内士試験日程発表

 日本政府観光局(JNTO)のHPにて、平成26年度通訳案内士試験日程が、速報として発表になりました。

 
 《速報》平成26年度通訳案内士試験筆記試験と願書配付・受付期間は、以下の日程を予定しています。
 
  筆記試験実施予定日: 平成26年8月24日(日)(予定)
  願書受付期間: 平成26年5月19日(月)~6月30日(月)(予定)
  ※その他の詳細につきましては、決定次第随時公表していきます。
  ※正式な日程の発表は後日、官報で掲載があります。



 だいたい毎年8月最終日曜日が試験日だったようなので、今年もそうだろうな・・・とは思っていましたが、いざ、具体的な日程が発表になると、身が引き締まります。
 あと、まるまる4カ月ありません。

 日本地理、ひどいです(泣)。日本史、壊滅的(!!)です(爆泣)。一般常識、もっと常識あると思ってました・・・(苦笑)。

 こんな状態からの出発ですが、がんばるっきゃないでしょう!!



a0142141_2031157.jpg


 ちなみに、昨年の英語の受験者数は、2885人だったそうです。まさに、少数精鋭(!?)。
 受験者のみなさん、頑張りましょう!!


  
[PR]
by atsu2co | 2014-04-30 20:33 | 通訳案内士試験 | Comments(0)

"To kill a mockingbird" DVD鑑賞

 "To kill a mockingbird"、邦題「アラバマ物語」のDVDを観ました。

a0142141_21511137.jpg


 それにしても、この邦題はいかがなものか?!
 昔は、こういう日本独特の、邦題が多かったですよね?まったく、原題からかけ離れた・・・・。まっ、それはおいておくとして。

 オール白黒でしたが、とっても丁寧に作られている、という印象を持ちました。

 フィンチ家の子供たち、ジェムとスカウト役の子役のかわいいこと!!ジェムは、私が本で想像していたより、小さかったです。でも、りっぱな(!!)おにいちゃんでした。

はっきり言って、というか正直に言って、話されている英語は、あまり聴き取れませんでした(泣)。
 ただ、先に本を読んで、ストーリーを知っているので、話が追えたというか・・・・。ふーっ、まだまだです・・・・。
 で、そんな聴き取りなのに、後半、泣き続けてました。
 グレゴリー・ペック、とっても知的で、物静かで、本のとおりでした。彼は、これで、アカデミー主演男優賞を取っています。

 でも、本にあるいろいろなエピソード(それが、この本の奥行きを作っていると思うんですが・・・)が、はしょられていて、残念でした。

 映画としては、よかったですが、わたし的には、「原作に一票!」です。

 GWの一日、おうちでのんびり、DVD鑑賞もいいものですよ。ちなみに、わが家の近くのTSUTAYAは、旧作1週間108円でした。
[PR]
by atsu2co | 2014-04-26 21:58 | PB | Comments(0)

"the firm "audiobook

"Master of the game"や、"The Shop on Blossom Street"のオーディオブックを、それぞれ3回以上聴いて、次は何を聴こうかな・・・と思っていた矢先に、「"the firm "聴く人いる?」って、茅ケ崎のディスカッションクラスの後、クラスメートから聞かれました。「はい、はい。私、聴きたいです」って手をあげて、借りてきました。

 "the firm "・・・・ご存じ(!?)、ジョン・グリシャムの「法律事務所」です。幸いなことに(?!)、私、この映画を見てないんです。「依頼人」は、観てるんですけどね・・・。(ちなみに、「依頼人」は、私の映画、生涯ベスト10に入ります。)

 で、大胆にも、今回初めて、事前にPBを読まず、とにかく聴いてみようと思っています。どこまでわかるか、全然わからず、ちんぷんかんぷんか・・・・。神のみぞ知る・・・・(笑)。


 
a0142141_21373336.jpg


 ところで、このオーディオブック、CD14枚組だそうですが、小さなUSBでお借りしました。今までのリスニング音源は、CDやら、テープやらを、えっちらおっちら、ICレコーダーに録音(!!)してたんですが、今回は、PC上のドラッグだけで簡単にできました。ふーっ、ラクチン!!なんだか感動しちゃいました(笑)。

 あっ、今回、これをお借りしたのも、"Master of the game"をお借りしたMさん。Mさん、ありがとうございます。


 あっ、もうひとつ、今回、このブログを書くにあたって、Amazonで、"the firm "のこと調べていて、ちょっと感動(?)したことがあります。

 "the firm "の内容紹介が、これ。

 At the top of his class at Harvard Law, he had his choice of the best in America. He made a deadly mistake. When Mitch McDeere signed on with Bendini, Lambert & Locke of Memphis, he thought he and his beautiful wife, Abby, were on their way. The firm leased him a BMW, paid off his school loans, arranged a mortgage and hired him a decorator. Mitch McDeere should have remembered what his brother Ray -- doing fifteen years in a Tennessee jail -- already knew. You never get nothing for nothing. Now the FBI has the lowdown on Mitch's firm and needs his help. Mitch is caught between a rock and a hard place, with no choice -- if he wants to live.


 この赤字の部分ですが、今週のディスカッションクラスで、日本の集団的自衛権についてディスカッションした時に、"between the devil and the deep blue sea"というフレーズが出てきて、それは、between a rock and a hard placeともいうって、聴いたばかりだったので、「うーん」って唸ってしまいました。
 新しいことを知った、習った2,3日の間に、それと出くわすことって多くないですか?「うん、うん。私、それ知ってるもん!!」みたいな感じになったりしてね・・・。

 今日のブログは、あちこち話が飛びましたが、まぁ、「英語の勉強は楽しいモノだ!!」というオチにしておきましょう!!
[PR]
by atsu2co | 2014-04-24 21:57 | 勉強方法 | Comments(0)

津村記久子、深澤真紀「ダメをみがく ”女子”の呪いを解く方法」

 私は、日本の作家では(と、いきなりですが・・・)、村上春樹と、津村記久子が大好きです。
 津村記久子?!who?ってお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、「ポストライムの舟」で芥川賞とられてます。
 すべて読んでます。独特の空気感が大好きです。

 で、津村記久子さんと、深澤真紀さん(私は、この方、存知あげておりませんでしたが・・・)の対談「ダメをみがく ”女子”の呪いを解く方法」を読みました。

  
a0142141_2054320.jpg

 
 うーん。津村さんは、津村さん感満載で、とっても満足でしたが、やっぱ、津村さんだけのほうがよかったかな・・・と思います。
 深澤さんのほうは、ちょっと鼻に付く・・・っていうか・・・。

 津村記久子さん、未読という方がいらっしゃったら、ぜひ!
 女性にお勧めですが、男性の津村記久子評も聞いてみたいです。
[PR]
by atsu2co | 2014-04-23 20:57 | | Comments(0)

セブンイレブン 「ホットサンド やわらかヒレかつ」

 昨日の、桜を愛でる、詩的な(あくまで、自己基準・・・笑)ブログを書いた翌日に、これか!!??と、笑われるようなブログです!!今日のブログは!!(ほんま、しょうもないです・・・)


 今日、巷でうわさの(!?)、セブンイレブンの「ホットサンド やわからヒレかつ」をお昼にいただきました。
この前から何度も、新聞か、ネットで見た夫が、このサンドイッチのことを話していました。わたしは、どちらかというと、ファミマ派というか、Tポイント派というか(笑)なので、もっぱらファミマを愛用しています。(だいいち、関西には、っていうか、奈良では、セブンイレブンは後発で、店舗数も少ないし・・・。最近、かなり増えてきましたが・・・) 
 でも、夫の願い(!!)をかなえるべく、でかけたついでに、セブンイレブンにより、「ホットサンド やわらかヒレかつ」を買って帰ったわけです。

 で、ジャーン!!

  
a0142141_2202732.jpg



 ちなみに、お値段は、398円!!


 うーん。相当(!!)おいしかったです。
 ひれかつサンド、厚切りで、3切れ、398円は、なかなかのものだと思います。
 カラシがきいたソースもおいしかったです。


 ・・・・・って、全然英語と関係ないやん!!(怒)かもしれませんが、まぁ、ご愛嬌ということで・・・。チャンチャン!!
 一度、お試しあれ・・・。

 
[PR]
by atsu2co | 2014-04-21 22:04 | Comments(2)

名残の桜を求めて・・・。吉野山奥千本・西行庵

今日は、名残の桜を求めて、吉野山へ行ってきました。

 ご存知かもしれませんが、吉野山は、日本でも名だたる桜の名所。
 「一目千本」と言われています。
 下千本、中千本、上千本、そして奥千本。
 ネットの桜の開花状況によりますと、下・中は葉桜。上は、落花さかん。そして、奥千本は、五分咲きと。

 我が市からは、便利なトンネルができて、吉野山まで、マイカーで40分で行けます。(ピーク時は、きっともっとかかると思いますけど・・・)
 駐車場を下りると小雨。(ちなみに、我が夫、有名な「雨男」さんです!!)
 駐車場から竹林院まで40分ほど歩いて、シャトルバル乗り場へ。
 ピストン運転のシャトルバスを20分ほど待って、金峰神社下までシャトルバスで10分ほど。
 そこからは、雨でぬかるんだ、急坂を奥千本、西行庵目指して、歩きます。

 
a0142141_21122582.jpg


 
  でもね・・・、私、うかつにも、今日、crocsのフラットシューズを履いて行ったものだから、こわいのなんの!!ほんと、馬鹿でした!!


 で、傘さして、ぬかるむ山道を40分歩いてたどり着いたそこは・・・・!!


a0142141_21125011.jpg




a0142141_211373.jpg




a0142141_21133086.jpg



  









人出が多いと言っても、さすがに奥千本まで足を伸ばす人は、限られてくるので、落ち着いた花見ができました。
 ちなみに、吉野山の桜は、ほとんどが山桜です。ソメイヨシノとは違った風情が、心打ちます。
 吉野の桜は、ほんとにいいです・・・。ぜひ、お越しください。



 こうして、今年の春は、賀名生梅林(あのうばいりん)、下北山村の桜、馬見丘陵公園のチューリップ、そして、今日の吉野山・奥千本の山桜・・・・すべてが、絶好のタイミングでした。花三昧の春でした。
[PR]
by atsu2co | 2014-04-20 21:13 | お出かけ | Comments(0)

"To kill a mockingbird" by Harper Lee 読了

 長くかかりました(途中、違うPBに寄り道したので・・・)が、"To kill a mockingbird" 読了しました。


 
a0142141_2312079.jpg

 
 


うーん。よかったです。
 ついさっき、読み終わったんですが、「感動」に包まれています。
 
 茅ケ崎への通学の電車の中で、大半を読んだんですが、途中、何度も落涙しそうになってあわてました。


 アマゾンの商品説明によると、
 「弁護士アッティクス・フィンチが本物の物真似鳥を弁護するというハーパー・リーの古典的作品であり、ピューリッツァー賞受賞作品である。ある黒人男性が白人女性をレイプしたという罪で起訴される。アッティクスの2人の子ども、スカウとトジェムの目を通して、ハーパー・リーは、豊かなユーモアと正直さとをもって、1930年代のディープ・サウスの大人たちの人種と階級意識に対する不条理な姿勢を浮き彫りにする。 」

 アッティクス(父)の穏やかさの中にある、意志の強さに、自分自身を顧りみて、うなだれるだけでした・・・。
 こんな親になりたかったのに・・・・と、反省しきりです。

 アッティクスとスカウト(妹)、ジェム(兄)の信頼、絆にうらやましさを感じます。でも、あんな、あまりにも1本筋の通った親に育てられると、子供ってけっこうしんどいのよね・・・なんても、感じてしまいます。

 親子の関係以上に、スカウトとジェムの関係、関係の変化がとても素敵です。
 スカウトは、スカウトのまま(もちろん、成長してるんだけど・・・)だけど、ジェムは、子供から、思春期にはいっていく葛藤、変化が、読んでいて、胸キュンになります。

 そして、隣家のBoo Radleyと子供たちとの関係が、物語の通奏低音のように、奏でられていて、最後の劇的なシーンにつながります。
 でも、結局、その後、Booとは二度と会うことはなかった・・・と続きます。哀しいです。


 そして、この本のもう一つの主題は、黒人問題です。
 1930年代、それもディープサウスという状況。
 うーん。私自身、考えながら、考えながら、読み進みました。
 うーん・・・・。
 そっかぁ・・・。そんな結末かぁ。これも哀しいなぁ・・・です。



 次に、どんなPBを読もうかな・・・と思っていらっしゃる方がおられたら、この本、お勧めです。
 
 「実ビジ」のテキストの中の、ラリー’s アメリカ(!?)の中で、紹介されていた本です。

 この本は、映画化されています。アッティクスは、グレゴリー・ペックです。ずっとそのイメージで、読んでました。このDVDは、近くのTSUTAYAにあること、確認済み(!?)です。
 早々に観てみたいと思います。
[PR]
by atsu2co | 2014-04-18 23:28 | PB | Comments(0)

馬見チューリップフェア

 今日の奈良地方は、屋外でウォーキングをしていると、汗ばむ陽気でした。


 今日は、夫と、お弁当持参で、馬見丘陵公園へ、チューリップを見に出かけました。
 馬見丘陵公園の馬見チューリップフェアは、4/12~4/20までとのことですが、開花の情報があちこちから聞こえてきたので、楽しみに出かけました。ほぼ満開で、チューリップを堪能してきました。


  
a0142141_23145222.jpg



  
a0142141_23154269.jpg



a0142141_23163947.jpg




今年は、花運(!?)が、とてもよくて、見に行ったお花(梅、桜、チューリップ)すべてが、満開でした。


  久しぶりのお弁当・・・、戸外で食べると、冷食とウインナ、卵焼きだけのお弁当でも美味しいモノです・・・。

  
a0142141_231850100.jpg



最近、ちょっと遊び呆けていますね・・・・。反省、反省。
[PR]
by atsu2co | 2014-04-10 23:20 | お出かけ | Comments(2)

さくらの国の桜の名所

 ずいぶん昔の、近鉄の吉野山の桜を案内するポスターに、「さくらの国の桜の名所」というコピーがあって、「うまいなぁ」と感心したものでした。

 今日、中学時代の友達がペンションをやっている、奈良県下北山村を、夫、孫の3人で訪れました。
下北山村も、吉野郡なんですが、吉野山のある吉野町とは、ずいぶん離れています。奈良に生まれ、育った私でさえ、下北山村の場所を定かには言えない(!!)ようなところです。ご存じない方(私も含めて・・・笑)のために、おおまかな位置関係がわかる地図にリンク張っておきます。ご参考までに・・・。


 偶然だったんですが、その村で、途中、「さくら祭」をやってました。街中の桜とは違って、山奥のさくら、川に沿ってずーーーと続くさくら、全山がさくら一色のさくら・・・・をお楽しみください。

 
a0142141_2254144.jpg



 まさに、全山がさくら・・・。


a0142141_2263477.jpg



こんなさくら・・・。



a0142141_2284345.jpg



 川面に映えて・・・・。



 
a0142141_2293528.jpg




お陽さまの光に輝いて・・・。



 
a0142141_2210511.jpg



 
 往復の道中もさくらにあふれていました・・・・。 




 ・・・・・ということで、今日のお勉強は、おやすみでした(でへっ!!)。
[PR]
by atsu2co | 2014-04-05 22:16 | お出かけ | Comments(4)