<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

沢木耕太郎「流星ひとつ」

 沢木耕太郎「流星ひとつ」を読みました。


a0142141_13414238.jpg


 


 へっ?!なんで?!    ・・・・とお思いやもしれません。
 まっ、当然ですよね。
 理由は、後で書くとして、とにかく「流星ひとつ」を読み終わりました。

 
 ご存じ(かどうかは、わかりませんが)、この本は、沢木耕太郎による「流星のように消え去った藤圭子の『真実』を描く奇跡のノンフィクション。 」です。
 1979年、歌手引退を表明した直後の、沢木耕太郎による、藤圭子へのインタヴューです。その直後の出版予定は、その後33年間封印されていましたが、昨年の、藤圭子の自殺の後、出版されました。


 演歌は好きではありません。というか、嫌いです。演歌を人前で聴く、歌うのは、わたし的には、絶対的に(!!)恥ずかしいことだと思っています。
 ハードロックが好きでした。ロックンロールが好きでした。レゲエが好きでした。パンクが好きでした。長じて後、ジャズが好きでした(今は、ほとんど、音楽を聴かない生活を送っていますが・・・)。 
 だから、藤圭子に対して、「なんか幸薄げな人」「暗いひと」ぐらいのイメージしか持っていませんでした。だから、宇多田ヒカルが、藤圭子の娘と知った時も、「へっ?」って感じでした。

 で、この本は、藤圭子28歳の時の、彼女の思いが全編、沢木耕太郎との会話文だけで構成されています。
藤圭子が語ることは、特に鮮烈でも、ピュアでもなく、「まっ、そうだろうな」ぐらいにしか、私には届きませんでした。
 でも藤圭子の相手というか、インタヴュアーの沢木耕太郎の、鮮烈さというか、ピュアさみたいなものは、ピリピリ感じました。

 「・・・しかし、僕の理想は、あまり金がないけど、稼ごうと思えばいくらかは稼げるし、急に必要な時は、友人に借りられる、という状態なんだ。そのためには、金のかからない、つましい生活をいつでもしてなければならないんだけどね。その状態っていうのは、金なんかなければないほどいいんだ。五体満足で健康でありさえすれば、ね。貸し借りといったって、ほんと、一、二万でいいような・・・そんな規模の生活をしていれば、それはそんなにむずかしいことじゃないと思うんだ。」


 これが、この本で、一番心に響いたところです。



 で、なんで、この私(!?)が、藤圭子の本なのか・・・・??

 それはですねぇ・・・、
 「紙魚の抜殻」なんです。って、ますます意味わかんねぇ・・・ですよね。


 私が行っている茅ヶ崎難波校では、次月のお知らせというのが、前月末に配られます。スケジュールの変更であったり、オプションクラスの募集であったりが、書いてあります。
 その文末に「○月の読書課題(紙魚の抜殻)」というのがあります。
 昨年度までは、「紙魚の会」という読書会だったようですが、参加経験はありません。
 でも、そこに選択される本が、いつも「けっこう面白そう」と思うんですが、結局、自分で選んだ本じゃないので、ついつい読まずにすぎて行ってしまっていました。
 で、今年の1月に、今年は、「とにかく、提示された本を読んでみよう」と心秘かに、決意(!!)したわけなんです。ハハハ。


a0142141_145489.jpg


 で、1月は「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」でした。
 2月が、「流星ひとつ」。この本は、はなから、買う気はなかったのですが、我が市の図書館は購入してなくて、裕福な(!!)隣市の図書館は購入済みでしたが、貸し出し中、予約中で今まで借りることができませんでした(ちなみに、その市は、その市の市民じゃないと、予約、リクエストができないんです。で、ネットの資料検索で、貸し出し状況をチェックしていたら、やっと貸出可になったので、あわてて借りてきました。)。


まぁ、たまには、自分の選択じゃない、人のお勧めの本を読んでみるのも、一興ですよ。
[PR]
by atsu2co | 2014-03-30 14:13 | | Comments(2)

ながらリスニング。

 一度習慣化してしまったら、まぁ、そういう性格なので(!!)、けっこうまじめに、「ながらリスニング」やってます。続けています。

 リスニングの音源は、2種類。
 一つは、茅ケ崎の授業のテープ。毎週、ニュースが2本。それぞれノーマルスピードと、スロースピードで。
テープ片面で、授業3回か4回分。それを毎朝、洗濯ものを干しながら、掃除をしながら、聴き、スロースピードの時は、シャドーイングしています。

 もうひとつは、オーディオブック。今、聴いているのは、Debbie Macomberの”The Shop on Blossom Street ”
 CD4枚中、3枚まで聴きました。どのぐらいの理解度でしょうか・・・?


 ところで、茅ケ崎の音源は、カセットテープ(!!)なので、ソニーのウォークマン(古っ!!)。オーディオブックのほうは、ICレコーダー。冬の間は、ウォークマンやICレコーダーを、家の中で着ているジャケットのポケットに入れて、動きまわって聴いていましたが、少し暖かくなって、ジャケットを脱いだら、どうなるだろう・・・?と、考えていました。ジーンズのポケットに差しこんでいても、洗濯物を干すときに、両手をあげたら、ポトッと落ちたりして、結構ストレス感じてました。


 そこで!!ジャーン!!

 
a0142141_22124566.jpg



 ハハハ。こんなの、作っちゃいました。こんなのぶら下げて、家の中、うろうろしています(笑)。
 家人の失笑(!!)をかっています。
 でも、両手をあげても、かがんでも、全然問題なし。ストレスフリー!!

 セリアで買った、小さなバッグの持ち手を取って、家にあったテープで、ポシェット(!!)のようにしました。
 なかなか気に入ってます(笑)。
[PR]
by atsu2co | 2014-03-27 22:23 | 勉強方法 | Comments(4)

このブログ1本で行きます・・・・。

 実は、私、シンプルライフ信奉者で、ミニマリストをめざしています。(って、いきなり言われても・・・)
 で、実は(!!)、シンプルライフ系(!?)のブログもやってました。

  
 
 2007年9月に退職して、2007年10月からHPと、シンプルライフ系のブログ始めました。
 そのブログは、その時の私の興味のおもむくまま、保存食のことばっかり書いていたり、パン焼きのことを書いてばかりといろいろでしたが、最近は、月に1度か2度、読んだ日本語の本の感想を書いたり、出かけたことを書いたり・・・の状態でした。
 そのブログの中で、2008年3月に、「英語の勉強始めます。英検受けます。」と宣言して、英語の勉強を始めました。その時は、「今年中に、英検2級に合格します」と書いたのですが、それが、苦労もしたし、長くかかりましたが、英検1級にまで合格できました。 というわけで、今の私の生活は、「英語中心」です(笑)。


  
 
 一方で、シンプルライフ信奉者、ミニマリストが、余計なもの(!?)をもちつづけていいのか・・・と、最近、思い悩んでいたんです。
 で、決意しました。
 私、このブログ1本で行くことにします。すっぱりと・・・。




 
 
 まぁ、いわゆる断捨離というやつです(笑)。ブログの断捨離!!

 





 ここしばらく、私の心をおおっていた(!?)モヤモヤが少しスッキリしました。
 これで、ますます(!!)英語にどっぷり漬かります・・・・。




a0142141_22411224.jpg


本日のブログとは関係ありませんが、私の大好きな奈良公園の鹿たち。
[PR]
by atsu2co | 2014-03-20 22:43 | Comments(6)

誕生日なのに(!?)、誕生日だから(??)コストコ!!

 恥ずかしながら、本日、59回目の誕生日を迎えました。デヘッ
 ああ、あの(!?)あっちゃんが、59歳やって!!と、きっとご近所の人は、年の経つことの早さを感じられることでしょう(??)。
 私自身が、この(!?)私が、59歳やって!!と、なんだかキョトンとしてしまいます。自分の実感年齢(!?)、精神年齢と、実際の年齢のギャップに戸惑います。
 これからも、年齢らしからぬ(!!)私で、そして、すこしは、年齢にふさわしい私として、精進していきます。


 ふだんの誕生日なら、有無も言わせず、ディナーだ、お酒だ!!と、騒ぎまわり(!?)ますが、今年は、故あって、3月末までお酒を断っているので、ディナー、宴会は4月以降に延期になりました(笑)。


 で、今日は、京都府八幡市に新しくできた、コストコに行ってきました。
 わが家は、今まで、尼崎店に行っていましたが、一度、八幡店に行ってみようということになり、八幡店へ。
 尼崎店に比べて、格段に高速代が安いのと、時間も、若干こちらのほうが早いということがわかり、これからは八幡店にお世話(!?)になることになると思います。


 
a0142141_2371531.jpg




 ドーンと買いに買ったり!!
 本日のお買い上げ、30833円也ぃ!!
 初の30000円越え(ヒョエー!!)


 そして、お決まりの、ホットドックとクラムチャウダーを食べました。


 帰りは、大阪経由で、大阪鶴見の鶴見三井アウトレットに寄って(ここは、英検1級1次試験のあと、ごほうびに帰りよく寄ったところです)、かわいい(!!)ワンピを買いました。(夫は、パンツを3本も買いました!!)


 ・・・・・と、英語に関係ないことを長々と書いてしまいました。すみません。
 まぁ、お誕生日ということで、ゆるしてやってくださいね。


 ということで、本日は、英語のお勉強は一切なし!!
 明日から、がんばりま~すっ!!
[PR]
by atsu2co | 2014-03-18 23:16 | お出かけ | Comments(2)

リスニング教材を、ICレコーダーに。

 "Master of the game”を、通しで2回聴いて、聴く習慣ができました。
 私は、もっぱら朝食後の家事(掃除や洗濯ものを干す時)や、車を運転する時に聴いています。
 でも、さずがに、"Master of the game”も2回連続で聴くと、ちょっと飽きてきていました。

 そこで、家中にある、リスニングにできるCDやら、テープやらを引っ張り出して来て、せっせとICレコーダーに録音しています。音質は、決していいとは言えないけれど、リスニング教材としてなら、十分です。



a0142141_22311058.jpg


 



以前、息子の本棚にあった「英会話 この順序で覚えれば絶対だ」、以前に一度だけ聴いた「Debbie Macomber "The Shop on Blossom Street"」、ずっと聴こう、聴こうと楽しみにしながらなかなか聴けずに本棚の飾りになっていた「Arthur Ransome "Swallows and Amazons"」。
 せっせと録音しています。

 「英会話・・・」は、ほんとにつまらんかったです。一度だけ聴いて、二度目は聴く気にはなりませんでした。
 しかし、英会話教材って、こういう感じなタイトルのもの、多いですよね。でも「絶対」はないわけで・・・。ほんとに、よくわかりました。

 今は、「Debbie Macomber "The Shop on Blossom Street"」を聴いています。Debbie Macomber のBlossom Streetシリーズの第1冊目。本格的(!?)に読んだPBの2冊目です。
100%聞き取れているわけじゃないけど、話をよく知っているので、なんだか鼻の奥がツンとなります。
やっぱり、Debbie Macomber のBlossom Streetシリーズは好きです。Debbie Macomber にさよなら(!!)をしたんですが、実はもう1冊持っているので、今読んでいるPBを読んだら、久しぶりに、Debbie Macomber 読みたいな・・・と思いました。


目に見えた、っていうか、耳に聞こえる(!?)変化は、一朝一夕にはわからないかもしれないけれど、あきらめず、コツコツと聴き続けていたら、ある日突然、大きな変化が来るかもしれません・・・。それを楽しみにせっせと聴き続けます・・・。
[PR]
by atsu2co | 2014-03-16 22:36 | 勉強方法 | Comments(0)

コツコツと、地理・歴史・一般常識!!

 最低1週間に1度はブログを書こう、書きたいな・・・と思いながら、今回もちょうど1週間空いてしまいました。
 風邪が、治ったような、引きずっているような・・・・・、いまいちスッキリしません。
 まぁでも、季節は、確実に春に向かっているので、いつかは復活(!!)するでしょう・・・・!!


 まぁ、そんな状態でも、コツコツと、通訳案内士の試験勉強を、少しずつし始めています。

 あゆっちさんから、教えていただいた『通訳案内士(通訳ガイド)試験の独学合格を強力にサポートします!』というサイト、とっても役立っています。(あゆっちさん、ありがとう!!)
 そのなかの『 第1次邦文試験対策<特訓1800題>(日本地理、日本歴史、一般常識の知識の整理に!)
』 を、活用しています。


 そして、地理。歴史・一般常識の勉強のお供が、これ!!

 
a0142141_2202157.jpg




 特に、地理の勉強に、地図は必須ですね。実際の場所(もちろん、地図上ですが・・・)を知った上での知識と、そうでない知識とでは、知識の定着に大きな差があると思います。
 この地図、わざわざ買ったものではなく、わが家のリビングに常備(!!)してあるものです。夫婦の会話でどこかの場所の話題が出ると、必ず地図を出してきて見ます。インターネットより、地図帳!!というのが、地図好きの夫の持論です。


 そして、これ。

 
a0142141_224861.jpg


1800題(1回は60題)をプリントアウトして、答え合わせをしたら、ネットや参考書を参考に、いろんなことを書きこんでいます。
 これ、けっこう時間がかかりますが、なかなかやりがい(!?)があります。こういうふうにノートまとめるの、昔から好きなんです(笑)。


 ・・・って、なんだかのんびりしたこと言ってますけど、実は、もっと焦らなきゃ・・・です。
 
 体調が万全になったら、もっと「猛勉」(!!)したいと思います。
 
[PR]
by atsu2co | 2014-03-12 22:08 | 通訳案内士試験 | Comments(2)

ちょっとほっこり・・・・。

 
a0142141_13243296.jpg




 この白いケースは、例の(!!)単語カードや、ICレコーダーや、ウォークマン(古っ!!)入れです。
 離れたローテーブルで、実ビジを聴いていた時、ふと目をあげたら、テーブルの上のこれが目に入りました
 思わず、「クスッ」。

 
 「困ってます。どうしよう?」って顔が、ケースから覗いていますよ!!助けを求めてるのかしら?
 でも、この子は、何にそんなに困ってるんだろ?
 


 今日は、・・・という、たわいのないお話でした。お粗末。
[PR]
by atsu2co | 2014-03-05 13:31 | Comments(6)

JFK

「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」を読んでから、映画JFKを見たくなりまして、昨日、早速借りてきました。


a0142141_21531130.jpg



 1991年の作品なんですね?!オリバー・ストーン監督作品です。
 当時、私は、すごく映画を見ていた時期なんですが、オリバー・ストーン監督作品ということで、避けたような記憶があります。余談ですが、オリバー・ストーンのベトナム3部作は、わたし的には、評価していません。なんかしんどいだけ(!!??)だったような・・・。

 このJFKは、ディレクターカット版で、なんと206分の長編です。206分、ということは、3時間超えですから!!強制力(!?)のない、自宅で、206分の映画を見るのは、けっこうな意思力が必要です。実際、何度も止めて、とちゅうで用事をしたり、いろんなことをしました。またまた、余談ですが、映画って、2時間弱ぐらいが一番いい長さだと、わたし的には(!!)思っています。しかし、映画を見るって、けっこう体力入りますよね?!

 もちろん、字幕なしで。会話には、ほとんど付いていけませんでした。途中に流れるニュースや、法廷場面でかろうじて理解できるってところでしょうか・・・?
(まだまだ、映画を見るほどの英語力はないというところです・・・)


 で、映画ですが、もちろん、「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」とも違って、映画独自の陰謀論に基づいて展開しています。
 結局、ケネディ暗殺は、戦争(ベトナム戦争)をしたいと思っている軍需産業の意向を汲んだ、FBIやCIAや政府という国家権力ぐるみの陰謀ということでしょうか?そこは、まぁ、オリバー・ストーン監督ですから・・・。


 なんだか206分、最後まで義務(!!??)で見続けましたが、しんどかっただけでした・・・。ここ2週間、風邪薬を飲み続けて、胃の調子が最悪で、206分の映画を見て、さらに体調を崩しただけだったような…気さえします。


 
[PR]
by atsu2co | 2014-03-03 22:06 | | Comments(0)

「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」上下 読了

 ほぼ2週間ぶりの更新です。
 ご無沙汰(!?)しておりました。

 というのは、先週半ばから、風邪で闘病(!!)しておりました。
 先週水曜日に、夫が、インフルエンザA型の診断を受けました。予防注射をしていたのに!!
 私もその前後、ずっと風邪気味だったので、これはてっきりまた(!!)インフルエンザにかかってしまった・・・と、病院へ。
 でも、検査の結果、インフルエンザは陰性でした。(ひょっとしたら、時期が早すぎたのかもしれません・・・)
 夫は、予防注射の甲斐あって、比較的軽度で済みましたが、私のほうは、結構きつかったです。っていうか、まだ引きずってます・・・・。

 で、この10日、英語の勉強はほとんどせず、「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」を読みふけっておりました。しかし、ベッドの中で読むには、この本、重すぎ!!肩がお布団から出て、寒いったら!!


 いまさらですが、私は、1955年生まれなので、ケネディ暗殺のTV放送を覚えています。(ほんとうに覚えているのか、その後に見た映像をその時見たと思っているのか、少し自信がないのですが、でも、そのTVを見た部屋の記憶もあるので、たぶん見たのでしょう・・・)
 その記憶が鮮明な割には、やっぱり子供だった故に、その当時、それ以降、ケネディ暗殺を巡る様々な事実、議論、憶測については、ほとんど何も知らないまま、過ごしてきたんだなと思います。



a0142141_23144648.jpg



 





今回、この本を読んで、「へーっ?!そうだったの?」ということばかりでした。
 だいたい、オズワルドがロシアに亡命しようとしてたり、公然とマルクス主義者と名乗っていたり・・・とかは、全然知りませんでした。

 そして、いろんな方向からの(!?)陰謀説!!これも知らなかったなぁ・・・。


 しかし、ケネディ大統領というか、ケネディ家というのも、けっこう怪しいんですね・・・。
 
 結局、この本の結論は、よくわからないけれど、ケネディ暗殺は防げたんじゃないか・・・というところなんでしょうか?
 FBIやCIAの暗殺後の、バタバタは、自らの不作為を隠そうという意図だったんでしょうか?

 そして、じゃぁ、ケネディ暗殺が防げたとして、世界はより良くなったのでしょうか、なにか変ったのでしょうか?・・・と考え込んでしまいました。


 

 いずれにしても、この本の訳文は、いただけないと思います。はっきり言って、上手じゃない!!
 ずっとそう思いながら読んでました。アマゾンのカスタマーレビューでも、そういう意見があり、「我が意を得たり」って感じでした。
 倒置法(!?)の多用しすぎ!!日本語として、全然消化されてないって感じの文章多すぎ(意味わからないよ・・・的な)
 こんなに翻訳にイラッとしながら読んだのも久しぶりでした。


 この本の読了目指して、PBも読まず、もっぱらこの本だけを読んでいました。
 さぁ、PBに戻ります・・・・。
 
[PR]
by atsu2co | 2014-03-01 23:16 | | Comments(4)