<   2013年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日の猛々しさが、恥ずかしい・・・。

 穴があったら、入りたい!!

 昨日の、あの猛々しさったら!!なにかに取りつかれたように、一気に書いちゃいました。
 クーっ、恥ずかしいっ!!
 まだまだ、人間できてないなぁ・・・。
 下品の極み・・・だわ。

 ということで、今日は、つつじの写真を撮りに行くという夫について、宇陀市の鳥見山公園へ行ってきました。
つつじは、まだまだでしたが、キラキラとした光の中に佇むと、私の「荒れた」心が、穏やかになっていくのが、手に取るように感じられました。

 
a0142141_22335587.jpg



 まるで、絵のような・・・・。そして、静けさ。鯉が優雅に泳ぎ、つがいの水鳥が、たゆたう・・・・。

 
a0142141_2237331.jpg


新緑のトンネルの下、木漏れ日がおどり・・・。 
 

 
a0142141_2239254.jpg



 散り残りの山桜が、光の中に輝いている・・・・。


 英語が好き。英語の勉強も好き。英語の猛勉強も大好き(ほんと?)。
 笑ったり、泣いたり、怒ったり・・・・。
 相変わらず忙しい(!!??)人ですが、やさしく見守ってくださいね!!


 
a0142141_22431591.jpg


空に一本、飛行機雲、まっすぐ伸びて・・・・。


 クヨクヨしたり、モヤモヤ悩んだりしてる私を、笑ってる・・・・。


 これからも、こんなブログですが、マイペースで書いていきますので、よろしくお願いします。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-25 22:48 | Comments(0)

私、ブログも書きます、PBも読みます(きっぱり!!)。

 ブログの更新が2日開いたのは、単にブログネタがなかっただけで、英検1級2次試験合格を目指して、すべてを投げうって、ブログも書かず、ラジオも聞かず、PBも読まない・・・というfanaticな生活を送っていたわけではありませんので、ご安心ください(笑)。

 私、ブログも書きますし、PBもどんどん読みますし、夫とけんかもしますし(あっ?!これは、関係ないか・・・?!)、犬とソファでゴロゴロしますし、夕食にお酒飲んで、さっさと寝ちゃいますし、孫に自転車猛特訓もします・・・。

 
a0142141_15134674.jpg


 今読んでる,Debbie Macomber "Hannar's List" 佳境です。一気呵成に読み切りたいところですが、まぁそこは、じっくりと・・・。


 
a0142141_15152585.jpg


 近くの家電量販店の駐車場で。だいぶ上手になりました。


 
a0142141_15172036.jpg


わが家の久遠(くおん)です。ミニチュアダックス・シルバーダップルです。ソファで寝ているところにちょっかいを出すのは、いつも私です(笑)。


 もちろん、英検1級2次試験が一筋縄ではいかない(特に私のようなものにはね・・・)ということもわかってますし、ゴリゴリ勉強するのはいや・・・なんても思ってません。するときはする!!死に物狂いでね!!

 そんなの、みんなわかってることじゃないですか・・・?この年なんだもの・・・。

 「なんやったら、ケツ(!!)まくって(キャー、言っちゃったよ!!)言うたろか!!」ってこと、まだまだいっぱいありますが、まぁ、置いときます。

 みなさんの暖かい励まし、応援メッセージ、ほんとに心からありがとう!!
 私は、大丈夫です。
 なにしろ、 元radicalist、元anarchist、元rock'n'roller,元punker・・・・ですからね(笑)。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-24 15:29 | Comments(8)

SHAKER LIFE,WORK,AND ART

シェーカー教徒を知っていますか・・・?
 キリスト教の一派です、というより、シェーカー家具や、シェーカーボックスとしてのほうが知られているでしょうか?

 私、人生のある時期(!?)、アーミッシュの暮らしぶりにすごく惹かれた時がありました。
 そのころも、今も、アーミッシュの人たちとは程遠い暮らしをしているのですが・・・・(笑)。


 そして、その後、シェーカー家具やシェーカーボックスが、日本でも人気になって、シェーカー教徒の暮らしぶりにもすごく惹かれるようになりました。
 私自身、「シンプルに、そして、なるべくそぎ落とした暮らしをしたい」と思い始めた時期」と重なります。
 シェーカー家具のシンプルな線、暮らしぶり・・・・ほんとにもう、憧れます。

 日本では、シェーカーのことを、アリスファームの藤門氏が紹介されていますが、そこで知ったのが、この本。

a0142141_20541872.jpg


 "SHAKER LIFE,WORK,AND ART"

(下の本は、アーミッシュの本)


 なんだか、やる気が出ない時、気持ちがガサガサしている時、ボーっと、この本を開けます。何気に開けたページを読みます。写真を眺めます・・・。
 
 
a0142141_2057614.jpg


 
a0142141_20573342.jpg


a0142141_2143018.jpg



                       ・
                       ・
                       ・
                       ・
                       ・           
                       ・

 
a0142141_20593244.jpg


 
a0142141_20595565.jpg


                       
いつか、シェーカーヴィレッジを訪ねたいです。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-21 21:01 | PB | Comments(2)

History You Must See Scenery You Must Feel

いきなりですが、みなさん、明日香村へは来られたことありますか・・・?

 わが家は、古代のロマン香る明日香村の隣市にあります。
 明日香村まで、車で15分、歩いても、自転車(ちょっと坂道がきついけど・・・)でも十分行けるところです。

 私が子供のころも、子供たちが子供のころも、小学校時代には、必ず、歩いて明日香村に行くという遠足がありました。

 明日香村・・・って聞いて何を思い浮かべますか・・・?

 高松塚古墳?
 石舞台古墳?
 亀石?

 私が子供のころも、今も、明日香村の原風景は、変わらずそこにあります。
 原風景は変わらずそこにあるけれど、観光客に対しては、とても整備されてきました。

 


  * * *


私、ずーーーっと、ヨーロッパの農村の風景に憧れてました。とっても素敵って!!
 たしかに、ヨーロッパを旅して、バスや電車の車窓から見る、教会を中心に広がるヨーロッパの農村の風景は、安野光雅さんの絵本の絵のようで、感動でした。「やっぱり、いいなぁ・・・」と。
 でも、日本の農村風景も、ほんとにいいものだと・・・、年とともに思えるようになってきました。
 春がすみの中の農村、晩秋に、煙たなびく農村・・・、どれもこれも素敵です。


 ・・・・・
 このブログって、英語ブログ、「56歳までに英検1級」をめざすブログでしたよね。
 なに?なに?・・・・ですよね?


 で、本日の本題!!(前ふり、長っ!!)

 今日、夫の用事に一緒に付いて、明日香村に行ってきました。
 そこで、英語(ふーっ、やっと、英語だよ!!)のパンフ、見つけました。
 最近は、たいていの観光地、市町村にも、英語のパンフがあるから、なんの珍しさもないですが・・・。



a0142141_231810100.jpg

 History You Must See
Scenery You Must Feel

ふーん、こんなふうに伝えたいのか・・・・?

 ちなみに、日本語版は、

 見てほしい歴史があります。
 感じてほしい景観があります。


 ですって。なるほどね・・・。


 このゴールデンウィーク、久しぶりに(!?)orはじめて(!?)、明日香村に来られませんか・・・?
 明日香村を、自転車で巡ってみるのも、なかなか素敵ですよ・・・・!!
[PR]
by atsu2co | 2013-04-20 23:20 | お出かけ | Comments(0)

Accent Reduction Training ~アクセント矯正~

 今週の“実ビジ”は、Lesson2 "Accent Reduction Training ~アクセント矯正~"です。なんと、私にぴったりな話題でしょう?!

 「語彙や文法がしかるべきレベルに達するだけではなく、発音やリズム、アクセント、イントネーションも、誤解を招かず、またちゅうちょせずに会話ができるレベルに達する必要があります。このため、アクセント矯正トレーニングの必要性がますます高まっているのです。」と、杉田先生はビニエットの中で、Collinsにしゃべらせておられます。
 はぁ、そうなんでしょうか・・・!?

 登場人物の一人、日本人の梅村聖四は、私からしたら、ネイティブとなんらそん色のない会話をしますが、彼は彼ですごく努力してるらしいです。そうだったのかぁ・・・?!えらいなぁ。梅村聖四!!

 To be realistic, I know I'll never be able to completely eliminate my Japanese accent. But I want to make sure my English is clear and intelligible.

Collinsにあなたの英語はすばらしいですよと、褒められても・・・。

 I was pretty self-conscious about that when I first came to the U.S., and I worked hard to improve my l and r sounds.

・・・・だそうです。やっぱり、すごいよ!梅村聖四!!


a0142141_19314229.jpg




 ところで、このアクセント矯正、ちなみにネットで検索してみたら、やっぱりいろんな教室があるみたいですね。今、はやりなんでしょうか?
 ちなみに、ビニエットの中では、

 It's a burgeoning field these days because of globalization.

 Such training is offered in a variety of ways. Besides regular classroom sessions, seminars and workshops, programs led by professionals are available over the phone or via the Internet. There are also specialized software products, books and recordings.

私が買った「ネイティブスピーク」も、この一種なんでしょうか?
 
 だとしたら、がんばらなきゃ!!
[PR]
by atsu2co | 2013-04-19 19:41 | NHKラジオ講座 | Comments(0)

Is the international community prepared for terroism?

何度も何度も繰り返し放映される、ボストンマラソンフィニッシュラインでの爆発の瞬間。爆風で膝からくずおれるランナー。立ち上る白煙。恐怖に逃げ惑う人たち・・・。
 3人の方が亡くなり、多数の負傷者。その中には、手足を切断というような重症の方もいると、ニュースでは言っている。
 そんな記憶も生々しい中、skypeで受けている、英検1級2次試験レッスンで、選んだtopicが、タイトルのそれ。

 





 Is the international community prepared for terroism?


  



 みなさんは、どのように答えられますか・・・・?

 




  私は、もちろん(!!)、
 The international community is prepared for terroism.

 と結論を述べました。

 そして、その理由として、

 The international community plays an important role in talks.
The international community contributes to strengthening prevention measures.

と答えました。いくつかの事例をあげながら。


 そのあとの、Q&Aで、
 
 結局、ボストンマラソンではテロを防げなかったではないか・・・と、切り込まれました。

 

 2次試験のtopicで、

 Can the international community solve financial crisis in Europe?

Can the international community stop global warming?

というような問いに対しては、ネガティブには答えないほうがよい・・・と聞いたことがあります。

 だいたい、ポジティブに答えてきました。
 でも、ボストンのテロは、現実に防げなかった・・・。
 それでも、やっぱり、「防げる」と答えるべきなのか・・・?

 ずっと、考え続けてます・・・・・。


 

a0142141_2227118.jpg






 たとえ、ボストンのテロが防げなかったとしても、そして、これからもいろんなことが起こるかもしれないけれど、やっぱり、「防げる」と答えないと、「救い」はないように思います。
 「防ぐことができる」というより、「防がなければならない」んだと思います。
 
 2次試験のtopicの練習は、もちろん2次試験の練習だけど、自分の生き様とかと無縁のところでは語れない・・・と思っています。

 発音はサイテーで、話すことにも慣れていない50代のおばさんは、それでも、自分が生きてきたところと切り離したところでの2次試験のスピーチはないと思っています。
 きれいごとかもしれないし、「そんなことだから、通れないんだよ」というご批判もあるかもしれませんが、それが、私だし、70年代に学生生活を送った私たちの世代だと思います。
 
 
[PR]
by atsu2co | 2013-04-18 22:29 | 勉強方法 | Comments(14)

ネイティブスピーク

 私の発音のことを、あるイギリス人に、terrible pronunciationと言われたことがあります(笑)。
 ふーっ。

 まぁ、おっしゃるとおりですから、反論のしようがないというか・・・・。


 で、最近、ある人に勧められて、こんなのを楽天でポチしました。
 それが、「ネイティブスピーク」

 
a0142141_2243598.jpg



 こういうことって、一朝一夕に、改善したり、7月の試験に成果として現れるかというと、そんなことはないと思うんだけど、なにはともあれ、学校で発音のことなんか、ほとんど習わなかった世代として、このぐらいはしてもいいかな・・・と思っています。

 「これの特徴は、口内の動きがCGでわかる」ということで、「へーっ、そうだったの?!」ということが、いっぱいありますが、無理に同じような動きしてたら、舌がつりそうに(!!)なりました(笑)。前途多難!!
 まぁ、あきらめず、毎日、たとえ少しずつでも、やり続けたいと思います。

 それにしても、小2の孫、彼は、以前私が通っていた日系アメリカ人の英語教室に行ってるんだけど、誰がきいても、「すごい」という発音をします。もちろん、彼の周りに、英語を話す環境なんてないのに・・・です。
すなおに、音を音として聴いて、再現する能力には、脱帽です。
いつか、発音を治される日が来るかも・・・?!ふーっ。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-17 22:50 | 勉強方法 | Comments(1)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」読了。

 英語ブログですが・・・・。
 村上春樹の最新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読み終わってのことを、少し・・・。


 もちろん、まだまだ読んでらっしゃらない方が多いと思いますので、内容には触れずに・・・・。


 英語学習をまる一日、臨時休業(!!)して、読み切りました。

 私は、前作「1Q84」よりも、好きかも・・・。
 夫にそう言ったら、夫もそうだ・・と言ってました。


 最後、鼻の奥がツンとなりました。
 夫にそう言ったら、夫もそうかも・・・と言いました。


 私は、村上春樹の小説の登場人物の、食べるモノの趣味や、着ている服のセンスがとっても好きです。
 そして、登場人物の、話し方、考え方もすごく好きです。
 共通している、穏やかさ、内省的なところに憧れます・・・。
 ああいうふうになれたらいいな・・・と思います。 
 でも、あんなふうじゃないな・・・、私は、と少し哀しくなります。ヤレヤレ。


 人の心と人の心は調和だけで結びついているのではない。それはむしろ傷と傷によって深く結びついているのだ。痛みと痛みによって、脆さと脆さによって繋がっているのだ。悲痛な叫びを含まない静けさはなく、血を地面に流さない赦しははく、痛切な喪失を通り抜けない受容はない。それが真の調和の根底にあるものなのだ。 


 
a0142141_2127550.jpg



 もう、7月7日まで、日本語の本は読みません。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-14 21:29 | | Comments(0)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

 今日、アマゾンから、村上春樹の最新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が、到着しました。
 
 
a0142141_22245030.jpg
 



 まず、本の装丁が、予想外でした・・・。
 なんらかのイメージを持っていたわけじゃないけど・・・・。


 わが家は、村上春樹の最新作を買ったら、夫婦二人で、かわりばんこに読みます。
 今回は、今日、私のほうがいろいろ忙しかったので、夫のほうから。
 彼は、もう読んでしまって、fbにupしたみたいですが、私はまだ、読んでいないので、見ていないです。、彼は、なんか言いたそうですが、私は、聞く耳を持ちません(笑)。だって、まだ読んでないんですもの・・・。


 さあ、明日まる一日、英語学習は、臨時休業(!!)して、村上春樹ワールドに行ってきます。
 では、では・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-12 22:30 | | Comments(0)

「英語で読む村上春樹」レポート。

 遅くなりましたが、4/7 午後10:50からの、「英語で読む村上春樹」レポートです。

 
a0142141_2012467.jpg



 聴かれた方、おられますか・・・?
 どうでした・・・?


 基本、英語と日本語の朗読中心に、番組は進みます。

 さぁ、また明日から1週間が始まるという前の、日曜の夜の10時50分というのは、わたし的には、絶妙な時間だと思います。
 お風呂に入る前、寝る前、あるいは、お風呂に入った後、静かにラジオから聴こえる朗読を聴く・・・。
 英語学習には、こういう「ゆるい」時間も、大切だと思います。
 心から、英語を楽しむ・・・、こういうことって、最終的には大きな「力」になるように思います。


 逐語訳ではなく、あくまで朗読を楽しむ、英語の音を楽しむ、英語訳と日本語の微妙な違いを楽しむ・・・。
 もともとの村上春樹ファンにとっても、そうでない人にとっても、英語学習者にも、そうでない人にも、十分楽しめる番組です。
 1回目を聴き逃した方、4/13(土)午後0:10から、再放送がありますよ。


 半年かけて、「象の消滅~ THE ELEPHANT VANISHES~」を、後期は、「かえるくん、東京を救う」を味わうとのことです。

 
 そういえば、今日、Amazonから、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を発送した、とメールがありました。いよいよ、明日発売ですね。楽しみです・・・・。

 
[PR]
by atsu2co | 2013-04-11 20:34 | NHKラジオ講座 | Comments(0)