<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Happy Holidays!!

今日の奈良は、時おり雪がぱらつくとっても寒い日です。いかがお過ごしでしょうか・・・?

 今日は、クリスマスイヴですね。素敵なクリスマスイヴの夜をお過ごしください。


 私は・・・・、
 2次試験に向けて、勉強にあまり熱が入っていません。
 ラジオと、「ニュースで英会話」のシャドーイングぐらいでしょうか?毎日やってるのは?!
 あと、PB"Summer on Blossom Street"は、けっこう熱心に読んでいますけど。ハハハ。
 なんだか、「気が抜ける」というのは、こういうことを言うのかも・・・です。

 あと、skypeで、2次対策のレッスンを受けてますが、遅々として改善見られず・・・トホホです。
 まぁ、腐らず、あきらめず・・・で、頑張り続けます。


 最後に、私からのクリスマスプレゼントです。

a0142141_13214816.jpg



 今朝、7時過ぎに、朝刊を取りに出たら、日の出の光が射し広がっていました。思わず、カメラを取りに戻りました。これが、「東(ひむかし)の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ 」の、「かぎろひ」でしょうか?
なんだか神々しいでしょ?

 来年も素敵な一年になりますように・・・。
[PR]
by atsu2co | 2012-12-24 13:28 | Comments(6)

J.D.SALINGER  "Nine stories" 読了。

  本年9冊目のPB(というか、英語の本)、J.D.SALINGER の"Nine stories"
  講談社英語文庫。


 
a0142141_233345.jpg


 サリンジャーといえば、「ライ麦畑でつかまえて」ですよね・・・。

 今回の"Nine stories"は、サリンジャー自身が選んだ9編の短編集。
 うーっ、すっごく読みづらかった。
 途中で、「読んでるけど、私の読んでるのでいいのかなぁ?」と思うぐらい、わかりづらかった。
 で、誘惑に負けて、図書館で、日本語版を借りてきて、英語版の1篇を読んだら、日本語の1篇を読む・・ということをしました。
 まぁ、大筋は取れてるけど、細部は、「へーっ?!そうやったんんかぁ・・・」なんてところも、多し(笑)。


 それにしても、作中で、時代設定は、第二次大戦前、直後って感じですが、登場人物、男も女も、よくまぁ、煙草を吸うこと。のべつ幕なしに吸ってる・・・って感じ。
 そんな時代やってんなぁ・・・と、ひとしきり感心。
 まぁ、これが、この本の一番の感想っちゃ、感想。(くーっ、情けないっ!!)


 それと、最初の1篇が、"A Perfect Day for Bananafish"なんですけど、「バナナフィッシュ」といえば、吉田秋生のコミックですよね。
 ずいぶん前のお正月前の年末の一番忙しい時期に、全巻通して読んだことがあります。全巻持っている友達が宅配便で送ってくれて、家族中で、回し読みした後、宅配便で送り返したという、なんだか、牧歌的(!?)な日々!!を思い出しました。


 あと、講談社英語文庫で、Raymond Carver "Where I'm calling from" (村上春樹訳の日本語版はずいぶん前に読んだけど・・・)、Irwin Shaw "The Girl in Their Summer Dresses" 読むのを楽しみに買ったんだけど、なんだか自信がなくなったなぁ・・・。

 ということで、"Nine stories"の次に手に取ったPBは、Debbie Macomber "Summer on Blossom Street".
D.M.7冊目。
 もーっ、読みやすいったら!!いつもの面々も登場するし、楽しみ・・・。
[PR]
by atsu2co | 2012-12-10 23:35 | PB | Comments(4)

「英語で話すヒント」「人を動かす英語」

 negotiate1124さんが、コメントで「英検の2次試験の直接対策本ではないですが,自分が試験前後に読んで,スピーチ全般で参考になった」と紹介してくださった本2冊、「英語で話すヒント」「人を動かす英語」を一気読みしました。


 
a0142141_2238334.jpg


 
 この2冊を読んで、「なんだか安心した(!?)」というのが、感想です。
 いろんなことを、誤解していた、というか、間違ったことを教えられていたというか、間違ったことにおびえていた・・・というか。
 
 言われ続けてきたことの一つに、日本人は、rとlの発音の区別がつかないと。その端的な例としてrice(米)と、lice(しらみ)のことがよく言われました。日本人がレストランで、"rice"を注文したら、”lice"が出てきたと、脅され(!!)続けてきました。
 しかし、「英語で話すヒント」の小松さんは、「この二つを混同することは実際にはありません。レストランで、"Lice,please."と言ったとしても、「シラミください」ととる人はいないでしょう。実際の対話ではコンテキストが大きな役割を果たすからです。」と。
 もちろん、発音なんていい加減でいい・・・とは、おっしゃてないですけど、なんだかとても気が楽になりました。interactiveですもの・・・。

 2冊目に読んだ「人を動かす英語」の冒頭にも、「あなたの英語力は、あなた自身がかんがえているよりもはるかに優れています。また人を感動させたり、統率したり、説得したりといった力も秘めています」と書いてあった、「へーっ、そっかぁ」と、眉根を寄せた難しい顔がすこしやさしくなれました・・・。


 それと、ボディランゲージ!!次回の2次の面接で、理由を述べる時のfirst of all,secondly,finallyを言う時に、ぜひ両手を使って、指を数えるようにしたい(それだけの余裕があれば・・・ですが。)です。


 それにしても、久しぶりの、「岩波新書」!!ほんま、新書も、各社から出るようになって、最近はトンと、岩波新書読まなくなったもんなぁ・・・。
 全然話、横道にそれますけど、私の岩波新書初体験(!!)は、はっきり覚えてます!!高校の時。家永三郎の「日本の歴史」!!高校生の私には難しかったけど、読み切った時、「大人になったなぁ」と感激。

 そして、岩波新書といえば、もう一冊、「ハワイ」。初めてハワイへ行く時、「るるぶ」でも、「アンアン」でもなく、岩波新書の「ハワイ」!!ハワイの歴史が書かれてました!!クーっ!!いやな奴だぜぃ!!


 ・・・と、なんとか元気にやっております。

 スピーキングの練習は・・・?
 ハハハ、ハハハ、ハハハハハハ・・・・・・・
[PR]
by atsu2co | 2012-12-01 22:49 | | Comments(8)