<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テキスト、買いました。

 4月からの、NHKラジオ講座のテキスト買いました。

 
a0142141_10415720.jpg



 ふふふ。欲張っちゃいました!!
 まっ、いいんです、4月はね。一通り聞いてみて、「いやだなな」とか、「あわないな」と思ったら、止めればいいんですから。

 「ラジオ英会話」は、3年ぶりぐらいに再開です。まぁ、英語に触れる機会を増やすという意味で・・・。

 「英会話タイムトライアル」は、レベル的には「基礎英語3」と同じぐらいだそうですが、私の会話力って、それぐらい(それ以下?)なので、一度、聴いてみるのもありかな・・・と。


 ということで、私の4月からのタイムテーブルは、こうなります。


 
a0142141_1120148.jpg



こうして見ると、それほどの負担はないように思うのですが・・・。
 ただし、私の場合、早起き(6:45が早起き?と、言われそうですが・・・)が続くと、頭痛の原因になるんですよね。そこが問題!!

 まぁ、これでやり始めてみます。
 微調整あり・・ということで。 
[PR]
by atsu2co | 2012-03-24 11:21 | NHKラジオ講座 | Comments(6)

2012NHKテキストナビ

 今日、本屋に行った夫が、持って帰ってくれたのがこれ。

 
a0142141_21555146.jpg




 この4月からの番組改編で、「英語5分間トレーニング」がなくなることになって、5トレファン、圭南先生ファンの私としては、ほんとに困ったな・・と思っているんですが、そう思ってらっしゃる方もたくさんおられるみたいですね。いつも送ってもらってるメルマガの方も「途方にくれている」って、書いてらっしゃいましたから。
 でね、終わっちゃうのは残念だけど、いつまでも言っていても仕方ないし・・・。じゃあ、4月からどうする?ってことですよね。

 「実ビジ」は、受けます。
 あと、「英会話タイムトライアル」ですかねぇ・・・?!

 「入門ビジネス英語」「攻略!英語リスニング」と「ラジオ英会話」これらはどうします・・・? 実は、遠山先生、あまり○○くない・・・(!!)


 ああ、あまりいっぱい受けてもねぇ・・・。
 悩むところです!!


 
[PR]
by atsu2co | 2012-03-16 22:14 | NHKラジオ講座 | Comments(4)

「勉強は新しいことが知れて楽しい。」

 今日の、毎日新聞朝刊。
 「79歳の全盲の女性が、4年制大学を卒業」という記事が載っていました。



a0142141_1425438.jpg


 タイトルの言葉は、その女性、竹本登久子さんの言葉。
 「勉強は新しいことが知れて楽しい。」そして、「元気な限り続けたい」と続きます。
 今朝、この記事を読んだ時、雷に打たれたようになりました。(もちろん、この手の記事、このような頑張りやさんの話はあちこちで聞きますし、読みますが、そのたびに私は、雷に打たれます・・・)
 すごいなぁ。
 すごいなぁ・・・・。


 「幼いころから弱視で、進学をあきらめ琴の道を志した竹本さんは、20歳で師匠になったが、勉強したくて72歳で県立盲学校高等部に入学。作陽短大に進み、10年にくらしき作陽大音楽部に編入した。録音機や専用キーボードを使ってパソコンにメモしたり、時に板書の内容を学生に教わったりして講義を乗り切り、『勉強は新しいことが知れて楽しいことばかりじゃが。元気な限り続けたい』」。


 勉強への思い捨てがたく、72歳で、盲学校高等部に進学。ああ、これを打ちながら、涙を流しています。人って、根源的に(!!!)学びたいものなんだなぁ・・と、強く思います。


 ああ、私は、いったい、なにをやってるんだろ!!??
 ほんとに、わたしって、あかんなぁ・・・!!
 ほんま、口ばっかりや!!


 6月の英検まで90日というところ(今日は、ちなみに87日!!)で、本格的スタートを切ろうと思っていたのに、ズルズルしています・・・。

 あかんやん!あかんやん!!
 atsu2co、がんばらなあかんやん!!


 うん。がんばります。

 竹本さんは、4月から、通信制大学で、心理学を新たに学ばれるそうです。


 みとってください!!わたしのがんばり、また、報告しますから!!


 Better late than never.


 でも、「79歳女性が、念願の英検1級合格!」という新聞記事になる前に、私、合格しなきゃ!!えっ、79歳でも合格すればいいやん・・・なんて、言ってるのはだれですか?!
[PR]
by atsu2co | 2012-03-15 14:29 | 勉強方法 | Comments(2)

Sympathy for Japan, and Admiration    再録   

 今日で、東日本大震災から1年が経ちました。今日の一日を、どのように過ごされたでしょうか・・・?


 昨年の3/18の、当ブログの載せさせていただいた、NYTのeditorialを、震災から1年という今日、もう一度載せさせていただきたいと思います。

 そう思ったのは、ドナルド・キーンさんが日本国籍を取得された時のインタビューを新聞で読んだからです。
彼は、震災直後の日本人の態度に感銘を受け、日本国籍を取得し、日本人として余生を送る決意をされましたが、その後の展開(政治や、いろいろなこと)に、失望した・・と言っておられます。ほんとに、その通りだと思います。


 私自身、この震災の後、自分が日本人であることにすごく誇りを持ちました。そして、日本という国に対しても、すごく愛情を感じました。そのことをずっと忘れず持ち続けることが、東日本大震災に対する、私の一つの答えであるように思っています。






March 11, 2011, 10:33 am
Sympathy for Japan, and Admiration
By NICHOLAS KRISTOF
Our hearts are all with the Japanese today, after the terrible earthquake there – the worst ever recorded in Japan. But, having covered the 1995 Kobe earthquake (which killed more than 6,000 people and left 300,000 homeless) when I lived in Japan as Tokyo bureau chief for The New York Times, I have to add: Watch Japan in the coming days and weeks, and I bet we can also learn some lessons.

It’s not that Japan’s government handles earthquakes particularly well. The government utterly mismanaged the rescue efforts after the 1995 quake, and its regulatory apparatus disgraced itself by impounding Tylenol and search dogs sent by other countries. In those first few frantic days, when people were still alive under the rubble, some died unnecessarily because of the government’s incompetence.

But the Japanese people themselves were truly noble in their perseverance and stoicism and orderliness. There’s a common Japanese word, “gaman,” that doesn’t really have an English equivalent, but is something like “toughing it out.” And that’s what the people of Kobe did, with a courage, unity and common purpose that left me awed.


Japan’s orderliness and civility often impressed me during my years living in Japan, but never more so than after the Kobe quake. Pretty much the entire port of Kobe was destroyed, with shop windows broken all across the city. I looked all over for a case of looting, or violent jostling over rescue supplies. Finally, I was delighted to find a store owner who told me that he’d been robbed by two men. Somewhat melodramatically, I asked him something like: And were you surprised that fellow Japanese would take advantage of a natural disaster and turn to crime? He looked surprised and responded, as I recall: Who said anything about Japanese. They were foreigners.

Japan has an underclass, the burakumin, and also treats ethnic Koreans with disdain. But compared to other countries, Japan has little extreme poverty and a greater sense of common purpose. The middle class is unusually broad, and corporate tycoons traditionally were embarrassed to be seen as being paid too much. That sense of common purpose is part of the country’s social fabric, and it is especially visible after a natural disaster or crisis.

I don’t want to overdo that. Japan’s civility masks problems with bullying from schools to the work place, gangs like the yakuza rake in profits from illegal activity, and politicians and construction tycoons exchanging favors so as to loot the taxpayer. But it was striking in the aftermath of the Kobe earthquake to see even the yakuza set up counters to give away supplies to earthquake survivors. And Japan’s social fabric never tore. Barely even creased.

This stoicism is built into the Japanese language. People always say “shikata ga nai” – it can’t be helped. And one of the most common things to say to someone else is “ganbatte kudasai” – tough it out, be strong. Natural disasters are seen as part of Japan’s “unmei,” or fate – a term that is written by combining the characters for movement and life. I remember reading an ancient account, I believe from 16th century Jesuit visitors, of an earthquake devastating a village, and then within hours the peasants began rebuilding their homes.

Uncomplaining, collective resilience is steeped into the Japanese soul. We sent our eldest son to Japanese school briefly, and I’ll never forget seeing all the little kids having to go to school in shorts even in the dead of winter. The idea was that it built character. I thought it just gave kids colds. But it was one more effort to instill “gaman.” And it’s “gaman” that helped Japan recovered from World War II and tolerated the “lost decade” after the bubble economy burst in about 1990. Indeed, it might be better if Japanese complained a bit more – perhaps then their politicians would be more responsive.

One factor may also have to do with our relationship with nature. Americans see themselves as in confrontation with nature, taming it. In contrast, the Japanese conception is that humans are simply one part of nature, riding its tides — including many, many earthquakes throughout history. The Kanto earthquake of 1923 killed more than 100,000 people. The Japanese word for nature, shizen, is a modern one, dating back only a bit more than 100 years, because traditionally there was no need to express the concept. In an essay in the Times after the Kobe quake, I made some of these same points and ended with a 17th century haiku from one of Japan’s greatest poets, Basho:

The vicissitudes of life.
Sad, to become finally
A bamboo shoot.

I find something noble and courageous in Japan’s resilience and perseverance, and it will be on display in the coming days. This will also be a time when the tight knit of Japan’s social fabric, its toughness and resilience, shine through. And my hunch is that the Japanese will, by and large, work together — something of a contrast to the polarization and bickering and dog-eat-dog model of politics now on display from Wisconsin to Washington. So maybe we can learn just a little bit from Japan. In short, our hearts go out to Japan, and we extend our deepest sympathy for the tragic quake. But also, our deepest admiration.
[PR]
by atsu2co | 2012-03-11 23:25 | Comments(0)

次のPBは、これ・・・。

 D.M.の次に読み始めたPBは、これ。

 Andy Andrews "The Noticer"


 
a0142141_1415949.jpg


ずいぶん前に、日経新聞で、日本語版のこの本の広告を見ました。同じ読む(!?)のならと、ほぼすぐに、英語版をアマゾンでポチしてました。
 で、ずっと積読状態だったのが、今、ようやく日の目を見ることに・・・。


 まだ2ページ(!!!!)なので、詳細は分かりませんが、アマゾンの、日本語版のカスタマーレビューは、高評価多いです。170ページほどの本なので、今月中には読み切りたいと思います。
[PR]
by atsu2co | 2012-03-05 14:18 | PB | Comments(2)

Debbie Macomber "Twenty Wishes"

今年2冊目のPB、Debbie Macomber "Twenty Wishes"読了しました。
 Debbie Macomber 5冊目、Blossom Streetシリーズ4冊目になります。


  
a0142141_17525363.jpg

 
 今回は、Blossom Streetシリーズでおなじみの面々はちょこっとしか出てこなくて(ちょっと残念、Alixのファンなので・・・),Blossom Streetにあるbookstoreが主な舞台です。

 ヴァレンタインの夜、本屋さんに集まった数人のwidowsが、それぞれTwenty Wishesをリスト化していきます。
 そして、愛する人に巡り合い・・・。こう書いちゃうと、それだけなんだけど、やっぱ、D.M.、さすが、D.M.、うまいんだよなぁ。
 やっぱ、泣くべきところで、泣いちゃいました。
 けっこう、読みやすい(わたし的には!!)文章で、嫌いじゃないです。
 ボキャブラリーも、もちろん、初めて見る(!!)という単語もいっぱいだけど、英検1級パス単とかでおなじみの単語もいっぱいで、うれしくなっちゃいます。



 この本で、私の生涯PB読破数(!?)が、9冊になりました。9冊のうち、5冊が、D.M.なんですけどね・・・。
 もちろん、生まれて初めて読破したPBも、D.M.です。
 これで、アマゾンでポチッしてあったD.M.を完読しちゃったので、新しいBlossom Street シリーズをポチしなきゃ!!まぁ、それまでに、買ってあるPBを読まなきゃ!!ですけど・・・。


 今年の目標1日10ページのPB、読む日と読まない日の差がありすぎ!!ながら、今日3/3現在、514ページを読んだことになります。まぁ、こんなことをごちゃごちゃ書いてること自体、私にとって、PBを読むってことが「特別」なことなんでしょうね!!??もっと、「日常」になればいいな・・・。

 さぁ、今晩から、また新しいPBを読み始めます!!何を読もっかな・・・!?
[PR]
by atsu2co | 2012-03-03 17:54 | PB | Comments(8)