<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

悔し涙・・・。

 自己採点から一日・・・。

 昨日の夜は、眠ってからも、何度か、悔しさに目が覚めました。自分のふがいなさが、情けなさが、時間を追うごとに募ります・・・。
 今日の午後、ひとりでパソコンに向かっている時、自分でも意外なことに、涙がとどめなく流れました。悔しくて・・・。あんなに頑張ったのに・・・と、悔しくて。

 

 前回、あと3点というところで涙を飲みましたが、じぶん的には、それに決して慢心したわけじゃありません。この勢いで合格・・・というところまでいけたらいいな・・・と、以前にもまして頑張ったつもりでした。でも、ダメだった・・・。
 夫には、「ひとりで無理なら、だれかに教わったら?!」みたいなこと、言われました。もちろん、心配して言ってくれてるのはわかるけど・・・。


 たしかに、我流だけでは、限界があるのでしょうか?
 しばらくは、リラックスして、そして、もう一度、態勢を立て直したいと思います。


 もう、泣きません・・・。(ベタだけど!)今度泣くのは、合格した時!!にします。


 
[PR]
by atsu2co | 2012-01-24 23:08 | 英検関連 | Comments(17)

自己採点結果。

 英検のウエブサイトで自己採点しました。





  筆記
   大問1        15点
   大問2        6点
   大問3        12点

  リスニング
   Part1         7点
   Part2        4点
   Part3        4点
   Part4        2点


 合計          50点




試験を受けた直後の感触が、「語彙が難しかった、リスニングがやっぱり聴けなかった」だったので、前回より下がっただろうな・・・ということは、予想できました。
 ああ、またこれで、6月も受験決定です!!



 前回の成績が、「まぐれ」だとは思わない。
 でも、成績に「ムラ」があるのも、やっぱり実力!!
 コンスタントに、合格できるような成績をあげなければ!!


 私、意気消沈してません(しぶとい!!)。
 6月も、もちろん受験します。

 お先に合格を決められた皆さん、おめでとうございます。心からおめでとうございます。
 でも、待っていてください。追いつきますから!!
[PR]
by atsu2co | 2012-01-23 18:13 | 英検結果 | Comments(4)

では、行ってきます・・・。

 では、行ってきます・・・・。

 
[PR]
by atsu2co | 2012-01-22 11:36 | 英検関連 | Comments(13)

あと3日・・・・!!

 お正月がすんで、ボヤーっとしていたら、あっという間に、あと3日!!というところまで来てしまいました!!
 英検1級チャレンジャーのみなさ~んっ!!
 勉強進んでますかぁ?

 私?
 うーん!?微妙(!?)です。ハハハ。


 昨日、あるメルマガを読んでいて、心にピッときて手帳に書き写した言葉。
 パウロ・コエーリョの「アルケミスト」の中の言葉。(この本は、未読なので、試験終了後、読もうと、図書館に予約入れました。)
 その人の今ある位置(!?)によって、どのようにでも取れると思うので、ご自由にお持ち帰り(!?)ください。


 「ひとは、地平線にやしの木が見えたときに、渇して死ぬ。」


 そして、もうひとつ、今日の5トレの最後のメッセージ。
 私へ、そして、みなさんへ!!!

 Don't be weakhearted. Keep moving forward.



頑張り抜きましょう!!!


 しかし・・・、今朝行った英会話レッスンで、holeとfallを、発音のまずさゆえ、日系アメリカ人に通じず、少々(否、相当)落ち込んでおります(笑)。
[PR]
by atsu2co | 2012-01-19 14:11 | 英検関連 | Comments(6)

"DECISION POINTS"読了。

 年始にたてた「PBを1日10ページ読む」という目標は、着実に実行しております(まっ、英検の勉強からの逃避・・・という側面がないわけではないですが・・・)。

 昨年から、重い本(なんと900g!! ・・・って、計るかっ?)と、格闘しておりました。さすがに、900gの本をベッドで読むのは、なかなかしんどい!!(まっ、それはおいておいて・・・)

 言うまでもなく、先の大統領、George W. Bushの自伝。去年、日経新聞の「私の履歴書」に1カ月、連載があって、ぜひ、英語で読もうと、Amazonで、ポチっしちゃってました。

 まず、英語的な点から言うと、「読みやすい」。英検1級チャレンジャーにとって、パス単とかでおなじみの単語がどんどん出てくる。そして、小説や、NYTのEditorialのような、複雑な構文、言い回しがなく、まるで、「教科書」のような感じ。
 私が、英会話を習ってる、日系2世のアメリカ人に、「読みやすい」と言ったら、彼女は、Bush氏の英語を評して、"childish" "poor vocabulary"と言っておりましたが、ああ、なるほど・・・って感じ。とはいっても、アメリカ大統領の自伝ですから、「一般の米国人でも読めるような平易な英語で書かれてはいるが」(Amazon
カスタマーレビュー)、それなりに読みごたえはありました。


 で、内容・・・。

 Bushが在職中、Bushは、「史上最低の大統領」とか、「彼は、読み書きができないのではないか」(もちろん、皮肉で!!)とか批判されてたし・・・、そして、Bushを批判することが、自らの知性、良心の証しみたいなところがあったでしょ?!
 もちろん、私も、彼のアフガニスタンやイラクへの侵攻には、大反対でした。

 だけど、この700ページに及ぶ大部の著を読んで、少し見方が変わりました。

 Mainlandへの攻撃を受けたことのないアメリカ人にとって、あの9.11は、ものすごい衝撃だったと思います。あの9.11の時、大統領だった人は誰でも、同じようにしか対応できなかったのではないか、たとえば、あのとき、Obamaが大統領でも、あれ以外の選択肢(アフガニスタン、イラクへの侵攻)があったのか・・・と思います。
 この点で、夫とは、著しく意見が異なり、私が、この自伝を読み進むにつれ、Bushびいき(!?)になっていくのを、彼は苦々しく見ていたと思います。

 Bushって人は、ものすごく優秀じゃないかもしれないけれど、「アメリカって国を守らねば!!」という強い意思は、愚直に強かったと思います。

 Bushの、キリスト教への信仰についても、いろんな側面からの批判があるということもわかりますし、一国の大統領としてはいかがか・・・とも、もちろん思いますが、自分の信仰を、愚直に表明しすぎただけかな・・・と思います。


 この本の中で、2度泣きました。「えーっ、Bushの自伝のどこで泣くんだ?」と、お思いになるやもしれませんが、とにかく2度泣きました。
 最初は、イラクから傷ついて帰ってきた兵士を励ましに行った時、その兵士が、「自分の命を救ってくれた上官を昇進させてほしい」と言った時。

 そして、2度目はなんと、最後のAcknowledgmentsで。

 Finally, I thank the men and women of the United States military. While I dedicated this book to Laura, Barbara, and Jenna, nobody did more to inspire me than those who wear the uniform o this country and their families. Their achievements will rank alongside those of the greatest generations in history, and the highest honor of my life was to serve as their commander in chief.


とにかく、今年1冊目のPBを読み終えました。
 初めて、こわごわ(!?)PBを読み始めたころに比べて、たしかに読めるようになったな・・・と実感しています。
 これは、ひとえに、元googleの副社長村上憲郎さんの教えのおかげです。
 
 さっ、今年は、何冊読めるでしょうか・・・・?




a0142141_1614589.jpg



 読み込んで、ボロボロ・・・・(笑)。
[PR]
by atsu2co | 2012-01-11 16:17 | PB | Comments(4)

新年のご挨拶を申し上げます・・・。

 新しい年が明けて、今日ではや3日!!
 まさに、Time flies......

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。


 今年の私の英語学習の、New Year's Resolutionは、

 PBを、1日10ページ以上読む。

 去年の一年の反省で、まず「英検ありき」だから、PBを何冊読むという目標は設定できない・・と言ったばかりなのに・・・とお思いやもしれません。
 語彙には、認識語彙と活用語彙というのがあるとはよく聞くことですが、単にパス単、出る単で覚えた語彙というのは、ある意味、認識語彙以下(!?)のような気がします(私の場合)。いろんな文脈の中で出会って、理解できてこその認識語彙。文脈の中で出会って理解した単語と言うのは、なかなか忘れない・・・というのが実感です。
 そっ、そのためのPB・・・、という位置づけで、自分に枠をはめて、読み続けたいと思います。どこまで効果があるか、時間ばかり取るのか・・・わかりませんが、PB読むのきらいじゃないし、まっ、続けてみます。
   1年365日、
   10×365=3650ページ!!
 

 今年の年末の総括をお楽しみに!!


 あっ、英検のことは、目標じゃないのか?!いや、もちろん、「今年中には必ず!!」ですよ!!言うまでもなく!!
 PB10ページだって、英検合格のため!!ですもの!!


 あと19日!!


 昨日の箱根駅伝、車中、ラジオで聞いていたんですが、たしか青学の選手の方が、区間賞を獲得した後のインタビューで、「僕がしんどいのは、たった1時間だけですから」と、謙虚にも語っておられましたが(その1時間のための、練習と言ったら!!)、わたしだって、しんどいのはこの19日だけですから!!と、言いたい・・・と思います。いろんな困難を抱えておられる方たちの分も、この19日、苦しみぬきたいと思います。


 写真は、去年に引き続き、日本三文殊のひとつ、阿部文殊院のパンジーの干支絵馬。智恵の神様、文殊院の合格祈願の絵馬です。
 すべての英検1級受験者の皆さんに送ります・・・。


 
a0142141_1528120.jpg


 寒さに負けないで、19日、苦しみ抜きましょう!!


 こんなブログですが、今年もボツボツ書き連ねます。どうぞよろしくお付き合いください。
[PR]
by atsu2co | 2012-01-03 15:33 | Comments(14)