カテゴリ:お出かけ( 42 )

大古事記展@奈良県立美術館

 今日は、朝からあいにくの天気の中、奈良県立美術館で開催中の「大古事記展」に、夫と行ってきました。

a0142141_222545.jpg

 

 雨も降っていることだし、閑散とした展覧会だろうな・・・という予想とは大いに違って、会期終盤(12/14まで)ということもあって、大賑わいでした。(ほんと、びっくり!!)
 なかなか見ごたえのある展覧会でした。
 そして、「古事記」をいろんな角度から見せる工夫をした展覧会でした。
 
 序章から第Ⅴ章までの章立てで、
 序章の、太安万侶像や、丹生川上神社に伝わる伊邪那美、伊邪那岐坐像から始まりました。

 いろんな画家が描いた古事記の世界、古社に伝わる神宝や文献、芸能を通して、現代にいたるまで受け継がれてきた、人々の「神々」への思いが展示されています。

 最後は、現代アートや漫画の中の古事記まで展示されていて、「古事記」が今なお、現代の人々をも魅了し続けている、インスパイアし続けているということがよくわかりました。

 読んでみたい、もっと知ってみたい・・・とつくづく思いました。

 
 昼食は、般若寺の近くの植村牧場のカフェで。

a0142141_22345948.jpg


 奈良ホテルで修業されたというシェフの「ふわふわオムライス」「ドリア」は、量もたっぷりでとてもおいしかったです。
 まさに、般若寺の真正面!!
 般若寺に行かれることがあればのぞいてみてください。
 かわいいポニーにも会えますよ!!

 

 

 そして、本日のおまけ画像。
 
a0142141_22364585.jpg

 

 通訳案内士試験受験生の皆さんは、「歴史」の勉強でご存知だと思いますが、「北山十八間戸」です。奈良中心部から、般若寺に行く途中にあります。
 「北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)は鎌倉時代に奈良につくられたハンセン病 などの重病者を保護・救済した福祉施設。」です。(Wikipedia)(念のため)
[PR]
by atsu2co | 2014-12-11 22:40 | お出かけ | Comments(0)

「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展@京都国立博物館と、三十三間堂

 今日は、夫と、京都国立博物館で開催中の「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展に行ってきました。
 この展覧会が、大人気である・・ということは、気付いていました。
 というのは、こういうチケットは、たいていヤフオクで安くゲットするのですが、入札数が多くて、ほとんど本来の価格並みでの落札でした。

 で、11時過ぎについたのですが、なんと博物館に入るために180分、入ってから「鳥獣戯画」そのものを見るまでに50分という掲示にびっくり!!「今日は、無理だよね。お昼を食べて、三十三間堂を見て帰ろう。」といったん、今日、見ることはあきらめました。
 昼食後、三十三間堂へ行く前に掲示をみたら、120分に!!これは、ひょっとしたら、もう少し減るかも・・と、三十三間堂へ。

 
a0142141_21245944.jpg



 
a0142141_2126819.jpg



 私は、三十三間堂、はじめてでした。
 堂内の写真は、もちろん撮れませんでしたが、一歩中に入った途端、1001体の仏像に圧倒されました。なんだか、涙が出そうになりました。
 どうして、この年になるまで、来なかったんだろう?ほんとに、感動しました。


 Sanjusangen-do is very famous for its huge number of images of Kannon,the Deity of Mercy. It is the name of the 120-meter-long Buddhist temple that houses one principal 3.3-meter-tall seated statue and 1000 life-size standing statues of Juichimen Senju Kannon, or "11-faced, 1000-armed Kannon". The overwhelming array of statues are believed to transform themselves into 33 different shapes includieng children, women and public servants, and save people suffering from the agony of grinding poverty and incurable diseases.


これは、英語で説明する日本の観光名所100選 改訂版 ()の中の、「三十三間堂」の説明ですが、知らないで読んでいるのと、見てから読むのとでは、全然違います。英語の文章を読むだけで、感動がよみがえりました。


 そして、三十三間堂を見てから、もう一度、掲示を見ると、「90分」に!!これは、見て帰るしかないでしょう!!ということで、列に並びました。

 
a0142141_21412865.jpg



 
a0142141_2217426.jpg



 これは、見て帰ってよかったです。
 鳥獣戯画は、教科書をはじめ、いろんなところで見慣れていますが、目の前の実物を見ると、ほんと感動もひとしおでした。ものすごく細かく描かれているし、ユーモアあふれているし、動物愛に満ちているし・・・。
 ほんと、11月24日までです。必見です!!


 ちなみに、この展覧会、前期と後期に分けて、展示内容を変えられるそうですが、今日は、その後期初日だったそうで、案内の人いわく、「今日の混み具合は、特別(!!)です!!」と。
 そっかぁ・・・、特別な混雑日に来たというわけですね、私たち・・・。ヤレヤレ・・・。


 ということで、本日のおまけ画像。
 といっても、同じ京都の写真なんですが・・・。

 
a0142141_2218428.jpg



 三十三間堂の入り口の普門閣(入場券を売っているところ)からの京都タワー!!(遠くに見えますが、わかりますか・・・?)
[PR]
by atsu2co | 2014-11-05 22:24 | お出かけ | Comments(0)

第66回正倉院展 内覧会

 今日、明日から始まる第66回正倉院展の内覧会に、一足お先に行ってきました。
 昨年に続き、ご招待されている夫のお友達のお誘いを受け、夫婦で行ってまいりました。(M様、ありがとうございます。)

 
a0142141_21303730.jpg


 
a0142141_2140229.jpg


 今年の正倉院展は、「天皇皇后陛下の傘寿を記念して開催され、両陛下のご長寿を寿ぐような、華やかな宝物の多いのが特色となっている」そうです。

 今回の出展物で、一番印象に残ったのがこれ。

 
a0142141_21325492.jpg

  (絵葉書の写真ですが・・・)

 衲御礼履(のうのごらいり)と言って、儀式用の靴で、聖武天皇(聖武天皇ですよ!!大仏建立の!!)が履いただろうという靴です!!
精巧な刺繍(!?)や、かわいい(!!??)デザインはもちろんですが、聖武天皇が履いた(かもしれない)というところに、いたく感動しました。1300年の時空を一気に飛び越えた感じです。こういうところが、正倉院展の醍醐味ですよね。

 本展は、明日から11月12日まで、奈良国立博物館でです。ぜひ、お越しください。


 地下の通路では、歴代の正倉院展のポスターの展示もされていて、興味深く拝見しました。

 
a0142141_214001.jpg



 
a0142141_21425998.jpg


 とりわけ、第2回正倉院展のポスターに感動しました。第2回って、昭和22年開催なんです!!
 22年って、まだまだ戦争の傷跡が色濃く残っているときじゃないですか?!そんな時に、正倉院展を見た人たちは、どんな思いを持ったのでしょう?きっと、平和のありがたさをかみしめたのではないでしょうか?


 

 そして、本日のおまけ画像。

 相変わらずの、奈良公園の鹿好き。今日の奈良公園の鹿たちをご堪能(!!)ください。

 
  
a0142141_21522949.jpg

 

  
a0142141_21483090.jpg


 修学旅行の女学生に囲まれ、なでられ、おとなしくしている鹿さん。うれしそう・・・。

 
a0142141_21491856.jpg

[PR]
by atsu2co | 2014-10-23 21:54 | お出かけ | Comments(4)

大茶盛@西大寺

 10月31日に、3人の外国の方に、西大寺の大茶盛のことについてガイド(通訳)をすることになっています。
 まったく初めての経験なので、不安ばかりが募ります。
 今日、それとほぼ同じコースのガイドを夫がすることになっているので、下見を兼ねて、一緒に参加してきました。

 
a0142141_18374788.jpg


 雲一つなく晴れ渡った青空の下の、西大寺本堂。

 

 私、生まれも育ちも奈良。奈良に住んで50ン年。恥ずかしながら、西大寺を訪れるのは、今日が初めてでした。
 近鉄西大寺駅は、奈良線、京都線が交差している駅なので、よく通過もしますし、乗り換えもしますが、ほとんど降りたことがありません。その近鉄西大寺駅から、徒歩5分。こんなに大きな、立派なお寺だったのですね・・・・(!?)。

 
a0142141_18381564.jpg


 「西大寺 称徳天皇勅願」とあります。称徳天皇、阿倍仲麻呂、道鏡の関係、戦いは、あまりに有名ですが、ここがその舞台だったのですね。


本堂で、本尊の釈迦如来像、文殊菩薩騎獅像、弥勒菩薩座像を見せていただいた後、いよいよ本日のメインイベント(!!)の大茶盛会場へ!!
 大茶盛の前に、お坊さんから説明を受けます。

a0142141_18385330.jpg


 

たぶん、これを通訳することになるので、ICレコーダーで、きっちり録音!!事前準備なく、あれをいきなり通訳せよ、と言われても、それは私には荷が重すぎます。でも、わかりやすい説明でした。テープ起こしをして、準備しようと思います。

 

a0142141_18391163.jpg

 


 お菓子は、金銭菓という、「開基勝寳」という我が国最初の金貨をかたどった干菓子。

 



 そして、いよいよお点前。すべてが大きなお点前のお道具で、お坊さんがお茶をたてられます。

a0142141_18394515.jpg



 袱紗も、風呂敷ほどの大きさです。


 
a0142141_18402847.jpg



 茶杓も、「孫の手」ほどの大きさです。


 
a0142141_18405456.jpg



a0142141_1841115.jpg

 

 
 
 
 
a0142141_18412744.jpg

 
 そして、お茶が振舞われます。

 
a0142141_18414563.jpg


3人がかりで、お茶碗を持ち上げて、いただきます。

 
 

西大寺も初体験なら、大茶盛も初体験。いい経験ができました。
 とても面白かったし・・・。
 この面白さをきちんと伝えられたらいいな・・・と思います。

 


・・・ということで、本日は、写真が多いので、おまけ画像は、お休み(!!)です。
 

 
[PR]
by atsu2co | 2014-10-18 18:46 | お出かけ | Comments(0)

武井武雄の世界展

 金曜日、茅ヶ崎の帰りに、大阪高島屋で開催中の「武井武雄の世界展」に行ってきました。

 
a0142141_218690.jpg


 我が家の子供たちが子供のころ、何冊か絵本があって、なつかしくて、行ってきたわけです。
 デパートの中の展覧会ですが、なかなか見ごたえがありました。

 とりわけ、戦前の「こどものくに」の表紙を飾った絵は、ほんとうに斬新で、戦前に、日本の子供たちは、こんな絵を見て育ったんだ・・と、感慨深いものがありました。
 ほんとに素敵な絵ばかり!!

 8/18までやっていますので、機会があれば、ぜひ!!



 ところで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_21151860.jpg


(すみません、変な画像で・・・。)
 昨日、孫とドッチボールをしていて、右手の親指を突き指。
 直後からずーーと痛くて、痛くなるばかりなので、整形外科へ。
 骨には異常はないらしいですが、固定したほうがいいでしょうと、簡易な(!?)ギブスをされました。
 ハハハ。まさに「年寄りの冷や水」!!ああ、はずかしい・・・。
[PR]
by atsu2co | 2014-08-09 21:23 | お出かけ | Comments(8)

奈良国立博物館「醍醐寺のすべて」展

 2日連続のお出かけです。
 奈良国立博物館で開催中の「醍醐寺のすべて」展に、夫と二人で行ってきました。

 
a0142141_22201030.jpg

 
 

 京都市の醍醐寺の不動明王像をはじめとする五大明王像などが展示されています。
 いつもは、醍醐寺の山上の五大堂に安置されている五像すべてが、展覧会のために山を下りるのは初めてとのことです。
 実は、5年前、夫と西国三十三か所めぐりをしたとき、醍醐寺を訪れました。その時は、台風の後か何かで、山上まで登れず、御朱印も下でもらえて、結局、山上まで登らずじまいだったのです。
 それが、今回、この展覧会のチケットをいただき、見ることができました。これもなにかの縁なのかもしれません。

 それにしても、出展された仏像、絵。書の量に圧倒されました。
 人は、あの仏像に、あの事細かに書き込まれた絵に、書に何を託したんでしょうか。人の思いに圧倒されたのかもしれません・・・。


 ところで、醍醐寺といえば、秀吉の醍醐の花見で有名ですが、当時の権力者の庇護の下、栄えました。
 今日、足利尊氏の、織田信長の、徳川家康の直筆の書を見ました。
 今、まさに、彼らの歴史の足跡を、本で読んでいる最中なので、何百年も前の、歴史上の人物が書いた文字を目の当たりにして、なんだかとっても不思議な感じがしました。
 それにしても、人は死んでも、文字は残る・・・。


 9月15日まで開催されています。機会があれば、ぜひ・・・。


 ところで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_22394180.jpg


 
 
醍醐寺の恒例行事、「五大力さん」。五大力餅という巨大な餅を持ち上げる、「餅上げ」が名物となっていますが、その餅が、博物館の入り口に飾られていました。

女性は90kg、男性は150kgの大鏡餅をを抱え上げ、その時間を競うとともに、無病息災、身体堅固を祈ります。

 よくニュースで見ますが、こんな大きさの餅だったんですね。



 
[PR]
by atsu2co | 2014-08-06 22:42 | お出かけ | Comments(2)

国宝犬山城

 今日は、お盆には少し早いですが、夫の実家の岐阜にお墓参りに帰ってきました。
 途中、事故渋滞とかもありましたが、だいたい予定通りに着き、ご両親のお墓に参って、お昼をごちそうになり、たくさんの丹精のお野菜をいただいて、実家を後にしました。

 その後、毎年恒例の、夫の誕生日リクエスト、「名古屋でひつまぶしを食べる」ため、名古屋方面へ。
 夕食には少し時間があるということで、どこかに寄ろうということになりましたが、特に計画も立てていなかったんですが、急きょ、犬山城へ。


 ところで、通訳案内士試験受験生の皆さんに質問です!!
 日本には、国宝のお城が4つありますが、どことどこでしょう?
 すみません・・・。簡単でしたね。
 松本城、姫路城、彦根城、そして、犬山城です。


 
a0142141_23223986.jpg


 たぶん、通訳案内士の試験勉強をしていなかったら、「犬山城に行こう」とはならなかったと思います。だいたい、知りませんでした(笑)。
 でも、行ってよかったです。聞くと見るとは大違い。

 こじんまりとしたお城でしたが、最上階の天守閣からの眺めは最高でした。

 ところで、通訳案内士試験の過去問で、「国宝犬山城が見下ろしているのは、何川か?」という問題をしたことがありましたが、そのときは、もちろん(!!)不正解(!!)でした。
 答えは、木曽川。
 それを、まさに実感してきました。それがこれ!!
 
 
a0142141_23282754.jpg

 

  
a0142141_23285248.jpg



 まさに、絶景かな、絶景かな・・・・。


 
 そして、本日のおまけ画像。
 名古屋のひつまぶし。
 鰻には一家言ある夫も満足のひつまぶしでした。ちなみに、このお店、文字通り、炭火で、店先で焼いておられます。

 
a0142141_2331875.jpg

[PR]
by atsu2co | 2014-08-05 23:36 | お出かけ | Comments(0)

あべのハルカス

 夏休みが始まって、はや1週間。
 年金生活者の夫婦にとって、夏休み・・・なんて関係ないようですが、ママのお仕事の都合で、ママがお仕事に行く前に、小3の孫を我が家に連れてきて、その子のお弁当を作って、学童に連れていき、お迎えに行き、おけいこに連れて行って、ママがお仕事の帰りに連れて帰る・・・という、夏休みのパターンが始まりました。
 ふだんは、夫婦二人でのんびり暮らしているのが、夏休みに入って、なんだかバタバタしています・・・。

 で、今日は、その孫と、私たち夫婦で、あべのハルカスに行ってきました。

 
a0142141_2102853.jpg



 私たち夫婦は、5月のスカイツリーに続く、高い(!!)建物です。
 小3のおチビには、初めてで、夏休み前から楽しみにしていてくれたようです。

 スカイツリーのようなタワーと違って、建物ですから、近くから見ると、ものすごい存在感です。

 今日は、晴れていましたが、気温が高く、遠くは霞んでいました。
 それでも、地上300mからの眺めは、サイコーでした。

  
a0142141_2111463.jpg


  
a0142141_2113080.jpg


  写真では小さすぎて確認できないかもしれませんが、大阪城や、USJのハリーポッターのお城も見えました

  
a0142141_2121666.jpg


  

  中央の少し下に、四天王寺が見えます。教科書で習った、「四天王寺式伽藍配置」がはっきり確認できます。文字通り、一直線に並んでいます。


  60階の天上回廊の上のヘリポートにも、別料金(!!)で登れるということで、せっかくなので登りました。
 そこは、まさに屋外で、窓越しに見るのとは違う、300m上空の空気を直接感じることができました
 思ったほど、風がきつくなかったです。

 
a0142141_2131088.jpg


 この矢印の上に、上ったわけです。

 
a0142141_2135970.jpg



 しかし、今日の大阪は、気温が35℃まで上がったとか・・・。
 大人二人だけのお出かけと違うのと、今日の暑さで、ほんとぐったり(!!)疲れました。フ~っ!!

 
[PR]
by atsu2co | 2014-07-24 21:05 | お出かけ | Comments(0)

奈良の鹿、鹿、鹿・・・。

 私は、奈良公園の鹿が大好きです。愛しています(・・・って。いきなり・・・・)
 ほんとに、かわいいんですもの・・・。
 奈良には、奈良公園の鹿を愛護する「奈良の鹿愛護会」という団体があって、活動されています。
英検1級合格の暁には、「鹿愛護会に入って、活動するぞ」っていう夢を持っていましたが、今、新たに、通訳案内士を目指して勉強を始めたので、その夢(!!)は、少しの間、お預けになりました。

 ・・・と、前置きが長くなりました。

 昨日、夫のツアーの下見に付き合って、奈良、手向山八幡宮へ行ってきました。その手向山八幡宮とは、「天平勝宝元年(749年)、東大寺及び大仏を建立するにあたって宇佐八幡宮より東大寺の守護神として勧請された。」という由緒の神社です。「へーっ、そうなん!?」と、感心しきりです。

 春日大社の駐車場に車を止めて、春日大社の中を抜け、三笠山のふもとを回って歩いていきました。その途中、今年の春に生まれた小鹿も含めて、たくさんの鹿たちが、木洩れ日の下、くつろいだり、草を食んだりしていました。

 愛すべき奈良の鹿たちをご覧ください・・・。

 
a0142141_2127545.jpg



 
a0142141_2129178.jpg



 
a0142141_213014100.jpg



 
a0142141_2130354.jpg



  


 


 
a0142141_21314692.jpg



 
a0142141_2132441.jpg



 
a0142141_21322336.jpg




 春日大社の灯篭には、鹿のレリーフも・・・。

 
a0142141_21325454.jpg



 そして、こんな自販も!!

 
a0142141_21333245.jpg



 ぜひ、奈良にお出かけください・・・。
 7月末から8月にかけては、鹿寄せもあります。ホルンが響き渡ると、鹿の大群が、どんぐり目指して、走ってきます。感動ものですよ!!
[PR]
by atsu2co | 2014-07-03 21:41 | お出かけ | Comments(2)

大神神社 ささゆり園

  
a0142141_22301364.jpg
  

 大神神社ささゆり園のささゆりです。

 大神神社のささゆり園のささゆりが、見頃だと聞いたので、今日、夫と小3の孫とで大神神社に行ってきました。二の鳥居をすぎて、砂利が敷かれた参道の奥の森の中に、ささゆり園があります。木漏れ日の中、ここかしこに、咲いていました。


 
a0142141_22384055.jpg



斜面一面を染める真紅の花・・・というような華やかさはないけれど、ひそやかに、可憐に、清楚に咲く姿に心洗われます。


  
a0142141_22461462.jpg





  
a0142141_22463598.jpg




 ここしばらくは、お花が見られるとのことなので、お近くでしたら、ぜひ・・・。
[PR]
by atsu2co | 2014-06-14 22:49 | お出かけ | Comments(0)