カテゴリ:本( 61 )

「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」上下 読了

 ほぼ2週間ぶりの更新です。
 ご無沙汰(!?)しておりました。

 というのは、先週半ばから、風邪で闘病(!!)しておりました。
 先週水曜日に、夫が、インフルエンザA型の診断を受けました。予防注射をしていたのに!!
 私もその前後、ずっと風邪気味だったので、これはてっきりまた(!!)インフルエンザにかかってしまった・・・と、病院へ。
 でも、検査の結果、インフルエンザは陰性でした。(ひょっとしたら、時期が早すぎたのかもしれません・・・)
 夫は、予防注射の甲斐あって、比較的軽度で済みましたが、私のほうは、結構きつかったです。っていうか、まだ引きずってます・・・・。

 で、この10日、英語の勉強はほとんどせず、「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言」を読みふけっておりました。しかし、ベッドの中で読むには、この本、重すぎ!!肩がお布団から出て、寒いったら!!


 いまさらですが、私は、1955年生まれなので、ケネディ暗殺のTV放送を覚えています。(ほんとうに覚えているのか、その後に見た映像をその時見たと思っているのか、少し自信がないのですが、でも、そのTVを見た部屋の記憶もあるので、たぶん見たのでしょう・・・)
 その記憶が鮮明な割には、やっぱり子供だった故に、その当時、それ以降、ケネディ暗殺を巡る様々な事実、議論、憶測については、ほとんど何も知らないまま、過ごしてきたんだなと思います。



a0142141_23144648.jpg



 





今回、この本を読んで、「へーっ?!そうだったの?」ということばかりでした。
 だいたい、オズワルドがロシアに亡命しようとしてたり、公然とマルクス主義者と名乗っていたり・・・とかは、全然知りませんでした。

 そして、いろんな方向からの(!?)陰謀説!!これも知らなかったなぁ・・・。


 しかし、ケネディ大統領というか、ケネディ家というのも、けっこう怪しいんですね・・・。
 
 結局、この本の結論は、よくわからないけれど、ケネディ暗殺は防げたんじゃないか・・・というところなんでしょうか?
 FBIやCIAの暗殺後の、バタバタは、自らの不作為を隠そうという意図だったんでしょうか?

 そして、じゃぁ、ケネディ暗殺が防げたとして、世界はより良くなったのでしょうか、なにか変ったのでしょうか?・・・と考え込んでしまいました。


 

 いずれにしても、この本の訳文は、いただけないと思います。はっきり言って、上手じゃない!!
 ずっとそう思いながら読んでました。アマゾンのカスタマーレビューでも、そういう意見があり、「我が意を得たり」って感じでした。
 倒置法(!?)の多用しすぎ!!日本語として、全然消化されてないって感じの文章多すぎ(意味わからないよ・・・的な)
 こんなに翻訳にイラッとしながら読んだのも久しぶりでした。


 この本の読了目指して、PBも読まず、もっぱらこの本だけを読んでいました。
 さぁ、PBに戻ります・・・・。
 
[PR]
by atsu2co | 2014-03-01 23:16 | | Comments(4)

ケネディ暗殺 ウォーレン委員会の50年目の証言

 ずっと読みたいと思っていた「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会の50年目の証言」上・下を、読み始めています。(あっ、残念ながら、日本語です)

 夫からも、「せっかくやのに、英語で読んだらいいのに・・」と言われました。
 前に、George W. Bush の"Decision Points "を読みきっったことがあるので、今回も、少しだけ、英語で読もうかな・・・と心が動いたんですが、まぁ、取りあえず(!!)日本語で・・・。

 400ページ超の本が2冊なので、なかなか読み進められないのですが、まだまだ読みたい、読まねば・・の本がたくさんあるので、頑張って読みたいと思います。

 また、読了したら、感想upしますね・・・。


 
a0142141_2338428.jpg

[PR]
by atsu2co | 2014-02-13 23:39 | | Comments(7)

「英語が2日でスラスラ話せる1秒英会話」

 新聞の書評でね、べた褒め(!!)だったんですよ!!たしか!!
 あれって、ひょっとして「ステマ」?!

 まっ、あれですよ!!「溺れる者は、藁をもつかむ」っていうやつ!!
 ハハハ。
 「んな訳ないじゃん!!」って、思ったんですけどね、アマゾンのレビューも、けっこう好意的だし、思わずポチっとしちゃってました。

 で、電車の中で読むのは、少々気恥かしくて(!!)、(だって、いつもは、PB読んでるくせに!!・・なんて思われてもね・・・)、こっそり(!!)ベッドで読みました。

 長いですよね。前振り!!
 気の短い方だったら、「で、どうなん?」「で、結論は?」って、迫られるとこですよね。

 最初、1/4ぐらいよみすすんだところでは、「藁にもならんかったなぁ・・・」、という感想。
 でもね、読み進むうちに、ひょっとしてこれって、「浮き袋」になるかも・・・?!なんて。

 もちろん、英検1級1次に通ったと言っても、すこぶる的にアウトプット力がない私にとっては・・・という話ですけどね。

 軽く読める本なので、あと2,3回読んでみます。そして、やってみます。来週の火曜からディスカッションクラスも始まりますし・・・。
 このクラス、毎回、テーマが出されて、けっこうマニアックなテーマで、なかなか興味深いクラスではあるんですけどね。いかんせん、私の実力が・・・。
 でも、今回の10回は、予習を徹底的にして、10回を有効に使いたい!!と、意気込んでいます。
 しりすぼみにならないようにしなきゃ!!です。


a0142141_22575279.jpg
 










今日で7月も終わり。
 7月は、英検も終わり、結果も出て、その後、のんびり、ゆったり、リハビリ(!!)に励んでおりました。
 日本語の本爆読みし、オークション出品やら、停滞していた家事やら、夫とのおでかけやら・・・、楽しく過ごしました。
 さぁ、明日からは8月です。気持ちを切り替えて、11月に向けて、始動します!!
[PR]
by atsu2co | 2013-07-31 23:00 | | Comments(4)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」読了。

 英語ブログですが・・・・。
 村上春樹の最新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読み終わってのことを、少し・・・。


 もちろん、まだまだ読んでらっしゃらない方が多いと思いますので、内容には触れずに・・・・。


 英語学習をまる一日、臨時休業(!!)して、読み切りました。

 私は、前作「1Q84」よりも、好きかも・・・。
 夫にそう言ったら、夫もそうだ・・と言ってました。


 最後、鼻の奥がツンとなりました。
 夫にそう言ったら、夫もそうかも・・・と言いました。


 私は、村上春樹の小説の登場人物の、食べるモノの趣味や、着ている服のセンスがとっても好きです。
 そして、登場人物の、話し方、考え方もすごく好きです。
 共通している、穏やかさ、内省的なところに憧れます・・・。
 ああいうふうになれたらいいな・・・と思います。 
 でも、あんなふうじゃないな・・・、私は、と少し哀しくなります。ヤレヤレ。


 人の心と人の心は調和だけで結びついているのではない。それはむしろ傷と傷によって深く結びついているのだ。痛みと痛みによって、脆さと脆さによって繋がっているのだ。悲痛な叫びを含まない静けさはなく、血を地面に流さない赦しははく、痛切な喪失を通り抜けない受容はない。それが真の調和の根底にあるものなのだ。 


 
a0142141_2127550.jpg



 もう、7月7日まで、日本語の本は読みません。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-14 21:29 | | Comments(0)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

 今日、アマゾンから、村上春樹の最新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が、到着しました。
 
 
a0142141_22245030.jpg
 



 まず、本の装丁が、予想外でした・・・。
 なんらかのイメージを持っていたわけじゃないけど・・・・。


 わが家は、村上春樹の最新作を買ったら、夫婦二人で、かわりばんこに読みます。
 今回は、今日、私のほうがいろいろ忙しかったので、夫のほうから。
 彼は、もう読んでしまって、fbにupしたみたいですが、私はまだ、読んでいないので、見ていないです。、彼は、なんか言いたそうですが、私は、聞く耳を持ちません(笑)。だって、まだ読んでないんですもの・・・。


 さあ、明日まる一日、英語学習は、臨時休業(!!)して、村上春樹ワールドに行ってきます。
 では、では・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-12 22:30 | | Comments(0)

「英語で話すヒント」「人を動かす英語」

 negotiate1124さんが、コメントで「英検の2次試験の直接対策本ではないですが,自分が試験前後に読んで,スピーチ全般で参考になった」と紹介してくださった本2冊、「英語で話すヒント」「人を動かす英語」を一気読みしました。


 
a0142141_2238334.jpg


 
 この2冊を読んで、「なんだか安心した(!?)」というのが、感想です。
 いろんなことを、誤解していた、というか、間違ったことを教えられていたというか、間違ったことにおびえていた・・・というか。
 
 言われ続けてきたことの一つに、日本人は、rとlの発音の区別がつかないと。その端的な例としてrice(米)と、lice(しらみ)のことがよく言われました。日本人がレストランで、"rice"を注文したら、”lice"が出てきたと、脅され(!!)続けてきました。
 しかし、「英語で話すヒント」の小松さんは、「この二つを混同することは実際にはありません。レストランで、"Lice,please."と言ったとしても、「シラミください」ととる人はいないでしょう。実際の対話ではコンテキストが大きな役割を果たすからです。」と。
 もちろん、発音なんていい加減でいい・・・とは、おっしゃてないですけど、なんだかとても気が楽になりました。interactiveですもの・・・。

 2冊目に読んだ「人を動かす英語」の冒頭にも、「あなたの英語力は、あなた自身がかんがえているよりもはるかに優れています。また人を感動させたり、統率したり、説得したりといった力も秘めています」と書いてあった、「へーっ、そっかぁ」と、眉根を寄せた難しい顔がすこしやさしくなれました・・・。


 それと、ボディランゲージ!!次回の2次の面接で、理由を述べる時のfirst of all,secondly,finallyを言う時に、ぜひ両手を使って、指を数えるようにしたい(それだけの余裕があれば・・・ですが。)です。


 それにしても、久しぶりの、「岩波新書」!!ほんま、新書も、各社から出るようになって、最近はトンと、岩波新書読まなくなったもんなぁ・・・。
 全然話、横道にそれますけど、私の岩波新書初体験(!!)は、はっきり覚えてます!!高校の時。家永三郎の「日本の歴史」!!高校生の私には難しかったけど、読み切った時、「大人になったなぁ」と感激。

 そして、岩波新書といえば、もう一冊、「ハワイ」。初めてハワイへ行く時、「るるぶ」でも、「アンアン」でもなく、岩波新書の「ハワイ」!!ハワイの歴史が書かれてました!!クーっ!!いやな奴だぜぃ!!


 ・・・と、なんとか元気にやっております。

 スピーキングの練習は・・・?
 ハハハ、ハハハ、ハハハハハハ・・・・・・・
[PR]
by atsu2co | 2012-12-01 22:49 | | Comments(8)

小林カツ代「アバウト英語で世界まるかじり」

 先日、違う本を探しに図書館に行ったときに偶然出会った本。
 小林カツ代「アバウト英語で世界まるかじり」。

 
a0142141_150164.jpg


 小林さんって、やたら元気で明るいおばさんってイメージですが、最近とんとお見かけしないなぁ・・と思って、この本を借りた後、ネットで調べてみたら、2005年にくも膜下出血で倒れられて、現在は、病院でリハビリ中とか。

 この本を読むまでは、小林さんが英語に堪能(タイトルは「アバウト英語」ですが、全然そんなことなくて・・・)だとは、知りませんでした。
 彼女の英語への向き合い方も、料理研究家としての行き方(TV等でのイメージだけですが・・・)そのものみたいな、バイタリティあふれ、好奇心にあふれ、元気いっぱい。すっごく共感するところ多かったです。


 「同じ女の立場で色々な話ができない自分というものにたいして、すごくはがゆかった。『ああ、しゃべりたい』と。次に来る時は必ずこの人たちとほんとに話したいことが話せるようになっているぞと、ほんとに真剣に決心したんです。これこそが、本格的に英語をやり始めた私の動機です。いわゆる日常会話でなく、深いところまで話せるようにならなければ、ここまで来た意味がないと。・・・・」


 「やっぱり人が好きで、人と出会ったら、その人が何を考えているのか、どういうものの見方をしてるのか、どういう人なのか、知りたい。それは話をすることでわかるわけですから、その人がたとえ外国人で違う言葉をしゃべるのであっても、知りたい!自分の考えてることも知らせたい、そういうことだと思うんです。」


 「話したいことがあって、伝えたい気持があったら、かなり深い話もできることを、このことによって知ったのです。」


 私、ずっとネイティブのように(!?)、流暢にしゃべれなきゃ!!って、思ってたんです。それが、ゴールだと。もちろん、少しでもそのように近づければいいけれど、それは、決してゴールじゃない、少なくとも私のゴールじゃないと、思い始めています。

 言葉は、流暢さではなく、何を話すか、なんですよ、きっと。うん。人間性なんですよ。うん。人間の「な・か・み」!!

 でも、その「な・か・み」を話すためには、片言英語だと限界があるわけで・・・。

 これからは、「な・か・み」を深めること、それにふさわしい(!!!!)英語力を身につけること・・・、これを目指します。
 

 へへへ。少し、生意気でした・・・?
 まっ、いいよね、このぐらいの大風呂敷!!
[PR]
by atsu2co | 2012-11-17 15:01 | | Comments(8)

本屋デ本ヲ買フ・・・。

 本屋デ本ヲ買フ。
 ナニゴトノ不思議ナケレド。


 地方の小さな市に住んでいると、買いたい本、ほしい本があると、本屋にあることのほうが少ないので、まずアマゾンで探したり、ヤフオクでチェックしたりします。
 その行為は、「買いたい本」ありき、「ほしい本」ありきで、本屋をぶらぶらしたり、本棚を眺めたりして、その中で、偶然、本に出会う・・・という本を買うときについてくるおまけ(!?)の楽しみを、放棄した上に成り立っています。(まぁ、大仰な物いいですけど・・・)

 ところが、私、4月から大阪に週1通ってるんですよね。日本の第2の都市(!!)大阪に!!「本を買う」「本を探す」と、「大阪に通っている」ということが、しばらくたってやっと(!)私の中でリンクしました。

 先週、茅ヶ崎が終わってから、旭屋書店をのぞいてみました。もちろん、「語学」のコーナへ直行。わが家の近くのショッピングモールの中の比較的大きな本屋さんでも、英検1級関連の本は、限られてるけど、さすが、いろんなのが並んでいました。

 相当長い間(帰宅後、夫に、「今日は、遅かったなあ」と言われたぐらい・・・!!)、本屋の本棚の間をウロウロ。
 欲深くも(!!)、3冊も買っちゃいましたよ!!5250円!!ヒーッ!!


a0142141_044879.jpg


 買っただけ、積んどくだけ・・・にならないようにしなくちゃ・・・です。
 とはいえ、本格的に開けたのは、今日がはじめてなんです(ハハハ。先週の月曜に買ったのに!!先が思いやられるなぁ・・・)



  本屋デ本ヲ買フ。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。

  
[PR]
by atsu2co | 2012-06-25 00:07 | | Comments(6)

40歳からのハワイ

 今日、図書館の雑誌コーナーで、クロワッサン最新号を見ました。
 特集は、「40歳からのハワイ」!!

a0142141_22421618.jpg


 ぼんやり眺めて、息抜きするために、さっそく買ってきました。これをめざして、頑張り抜こうと思います。


 ハワイ、大好きです。
 少なからぬ(ここにお集いの皆さんに比べたら、少ないかもしれないけど・・・)、あちこちの国を訪れています。
 イギリスのコッツウォルズも、スイスのユングフラウヨッホも、シアトルも、シンガポールも・・・、それぞれ大好きだけど、やっぱりハワイが一番好き。オアフだけだけど・・・。

 ああ、ああ、ハワイに行きたい。違う島にも行ってみたい。何段重ねのパンケーキ食べたい。ノースショアにも行ってみたい。ああ、ああ、ハワイでのんびりしたい!!

 1級通ったら、行くぞ!!絶対、行くぞ!!
 ねぇねぇ、行っていいでしょ?通ったら・・・!!(って、誰にお願いしてるんだか?!)
[PR]
by atsu2co | 2012-06-21 22:48 | | Comments(0)

BARRON'S 1100 WORDS You Need to Know

 1月22日の結果の総括で、「以前、パス単・出る単だけでは網羅しきれない単語がいっぱい出題されるので、パス単・出る単だけやっていてもだめなのではないかと、いろんなものに手を出してみましたし、今回も、こういう結果になったので、いろんなものに手を出したいという誘惑がないわけじゃないのですが、次回に向けて、間口を広げず、敢えてパス単・出る単だけに的を絞って、パス単・出る単に関しては知らない単語はないというぐらいにまで精度を上げたいと思います。」と、大見得を切ったのに・・・、その舌の根が乾かないうちに(!!)、心変わりをしております・・・。

 ”BARRON'S 1100 WORDS You Need to Know”

a0142141_19432871.jpg


 たしかに、持ち歩くには、チト大きすぎる、重すぎる・・・本ではあります。
 でも、基本、家にずっといる専業主婦、英検ひきこもり(!?)なので、わたし的には、全然問題ありません。
 6月の試験まで、まだまだ余裕のある今、これをやっています。

 もちろん、知らない単語もいっぱいだけど、英検1級のパス単をやったものには、おなじみの単語がいっぱい出てきます。
 そして、初めてであった単語も、パス単とかのように、日本語で意味をつかむんじゃなく、英英辞書的に、英語で意味をつかむというのは、けっこう頭に入るような気がします。前日、前々日に出てきた単語も、効果的にどんどん後の日に出てくるのもいいですね。

 わたし、この本、好きです・・・・(笑)。
 できるだけ早く、やり終えたいな・・・という野望(!?)は持っておりますが、まぁ、野望は野望であって・・・・(グニュグニュ・・・・モゴモゴ・・・)。

 まぁ、今は、基本、ラジオを聴いているだけなので、これぐらい頑張ってやるとしましょうか・・・?!
[PR]
by atsu2co | 2012-02-17 19:51 | | Comments(6)