カテゴリ:PB( 84 )

HAWAII'S STORY by HAWAII'S QUEEN 読了

 ふーっ、長かった・・・。
 最初は、けっこう面白いかな・・・と思って読み始めたんだけど、読みにくい文章(私にとって)で、なかなか読み進めることができませんでした。

 間に、英検試験終了後の、日本語の本爆読み期間があったり、中だるみがあったりで、たった1冊のPBを3カ月近く持っていたことになります。ああ、情けなや・・・!!

 そして、私の判断では、6割ぐらいの理解かな・・・と思われます。ああ、情けなや・・・。

 言うまでもなく、この本は、ハワイ王朝最後の女王として即位したリリウオカラニの自伝です。自身の小さなころから、ハワイがアメリカに併合された後までが書かれています。
 たしかに、ハワイがアメリカに併合されていく過程は、以前日本語の本で読んだ「ハワイ」(岩波新書)でも明らかなように、宣教という名を借りた詐欺、強奪といっていいような歴史で、同情をしていましたが、ハワイ王朝としての浪費ぶりには、「これでは、併合されてもしゃあないよなぁ。」と思わせる能天気ぶりです。
視察と称したハワイ諸島を見て回ることや、イギリス女王即位50周年への参加など、そして、女王に対する民衆の愛あるもてなしを当然のようにふるまうなど、なんだか鼻につくというか、うんざりでした。まぁ、6割ぐらい(自己評価)の理解でここまで言うのも、なんですが・・・。
 とにかく、読み切りました。


a0142141_14514288.jpg









さて、2次試験まであと35日となりましたが、最近中だるみ(!?)状態で、勉強がほとんど進んでおりません。困ったものです・・・。

 そんな中、昨日、近くのブックオフに寄ったら、なんと小さいながらも、「洋書コーナー」というのができてまして、うれしさのあまり、他の日本語の本と合わせて、こんな2冊のPBを買っちゃいました。楽しみです。さぁ、どっちから読もうかな・・・て、積読状態のPBまだいっぱいあるというのにです。ハハハ。まっ、いっか・・・。

 a0142141_14555553.jpg

 
[PR]
by atsu2co | 2013-10-06 14:57 | PB | Comments(7)

The Wonderful Wizard of Oz

本年5冊目のPB "The Wonderful Wizard of Oz"読了しました。

 
a0142141_2245883.jpg



 「オズの魔法使い」、あまりに有名な・・・ですが、実は、読んだこと(日本語でも)ありませんでした。
 でも、”Over the raimbow”は、ピアノの発表会でひいたんですけどね・・・(大昔にね。笑)


 とっても読みやすかったです、まぁ、児童書ですしね。

 Ozって、そうだったんですね・・・。へーっ、って感じでした。
 それに、先日、市の図書館の児童書コーナーをチラッと見たら、シリーズでいっぱい出てるんですね。それも知らなかったなぁ・・・。
 いい勉強になりました。
 これで勢いづけて、PBをどんどんサクサク読み進めたいと思います。
[PR]
by atsu2co | 2013-07-21 22:22 | PB | Comments(0)

PB3冊、到着!!

 試験前に、アマゾンでポチっとしていたPB3冊、試験が終わるのを待っていたかのように、一昨日届きました。

 「実践ビジネス英語」のテキストに連載中の "Larry's Americana"を毎回、楽しみに読んでいますが、6月号は、 "Books vs. Movies"というタイトルで、Larryお勧めの3作が載っていました。

 "The Wonderful Wizard of Oz"

"To Kill a Mockingbird"

"True Grit"

の3冊です。

a0142141_1812508.jpg

  

 実は、試験前から読み進んでいる"HAWAII'S STORY"に、少し倦んでまして、ちょっと "The Wonderful Wizard of Oz"に寄り道しちゃってます。

 そして、英検終了後恒例(!!)の、日本語の本,爆読みも、同時進行でやってます!!


 まぁ、サクサク、読み進めたいと思います。
[PR]
by atsu2co | 2013-07-13 18:14 | PB | Comments(6)

さよなら、DEBBIE MACOMBER・・・!!

 お久しぶりです・・・・。
 お元気ですか・・・・?
 私は・・・・、元気です。
 すっかりごぶさたでした・・・・。


 さて、本年4冊目(ちょっとだけペースダウン気味・・・)のPB、 Debbie Macomberの"Hannah's List"を読了しました。
ハワイの何日目かから読みはじめたので、まる2カ月持っていたことになります。うーん。
 なんだか今回は、登場人物に感情移入できませんでした。っていうか、共感できませんでした。
 今日、茅ヶ崎へ行く電車の中で、最後の数ページを読んだのですが、最後の結末を読んで、「えーっ?!ありえん!!」と電車の中で、ボソッと叫んで(!?)いたのは、私です。

 今回の話は、こうです・・・。
 Dr.Michaelの最愛の奥さんHannahが死んで1周年の日に、Hannahからの手紙を受け取ります。
 そこには、「わたしの死をいつまでも悲しんでいないで、新たに歩み出してほしい。再び誰かと結婚してほしい。ついては、それにふさわしい3人の女の人の名前を書いておきます。」と書かれていました。
 最初は、そんなこと考えられないと言っていたMichaelですが、Hannahの思いにこたえようと(!?)順番に(それも、並行して3人と!!)(←そんな不誠実なことってありえます?)会っていきます。 
 その3人もそれぞれに問題をかかえているんだけど、なんやかやあって、一番ありえんと、Michael自身が思っていたMacyと最後の2ページ(!!)で、結ばれます!!
 ああ、陳腐!!臭い!!臭すぎ!!
 Macyって女、好きじゃない!!あんな女はいやだ!!

 Debbie Macomberの本って、裏表紙にHARLEQUINって書いてあるので、まぁ、ハーレクインなんでしょう!!

 いつも言ってることだけど、たぶん、絶対、日本語でだったら読まない系の本ではあるけど、まぁ、ここまでは十分楽しんできました。泣いたりもしてね・・・。ボキャブラリーも、私の今のレベルにピッタリという感じで、読みやすかったしね・・・。

 でも、もういいです。さよなら、Debbie Macomber!!
 ありがとう、今まで・・・(笑)。
 十分楽しかったです。
 でも、私、あなたを卒業することにしました。



a0142141_22302226.jpg



 たとえ、英語の本といえども、もう少し、頭を使う(うっ!!)本を読むことにします。

 ということで(!?)、本年5冊目は・・・・、

 
a0142141_22312872.jpg



 2次の勉強をしながらなので、まぁ、気長に・・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-05-09 22:36 | PB | Comments(4)

SHAKER LIFE,WORK,AND ART

シェーカー教徒を知っていますか・・・?
 キリスト教の一派です、というより、シェーカー家具や、シェーカーボックスとしてのほうが知られているでしょうか?

 私、人生のある時期(!?)、アーミッシュの暮らしぶりにすごく惹かれた時がありました。
 そのころも、今も、アーミッシュの人たちとは程遠い暮らしをしているのですが・・・・(笑)。


 そして、その後、シェーカー家具やシェーカーボックスが、日本でも人気になって、シェーカー教徒の暮らしぶりにもすごく惹かれるようになりました。
 私自身、「シンプルに、そして、なるべくそぎ落とした暮らしをしたい」と思い始めた時期」と重なります。
 シェーカー家具のシンプルな線、暮らしぶり・・・・ほんとにもう、憧れます。

 日本では、シェーカーのことを、アリスファームの藤門氏が紹介されていますが、そこで知ったのが、この本。

a0142141_20541872.jpg


 "SHAKER LIFE,WORK,AND ART"

(下の本は、アーミッシュの本)


 なんだか、やる気が出ない時、気持ちがガサガサしている時、ボーっと、この本を開けます。何気に開けたページを読みます。写真を眺めます・・・。
 
 
a0142141_2057614.jpg


 
a0142141_20573342.jpg


a0142141_2143018.jpg



                       ・
                       ・
                       ・
                       ・
                       ・           
                       ・

 
a0142141_20593244.jpg


 
a0142141_20595565.jpg


                       
いつか、シェーカーヴィレッジを訪ねたいです。
[PR]
by atsu2co | 2013-04-21 21:01 | PB | Comments(2)

お土産 PB2冊。

 以前にも書いたと思いますが、前回のハワイ旅行('09年1月)で、帰りのホノルル空港の売店で、表紙に惹かれて、Debbie Macomberの本が、どんな本で、どれだけ売れてるか・・・とも知らずに、My first "Debbie Macomber"を買ったのでした。帰りの飛行機の中で読み始めたものの、すぐにあきらめました・・・。全然、歯がたたず・・・。
 それが、4年経って、D.M.はじめいろんなPBを読んでいるのですから、我ながら、なかなか大したものです(笑)。
 これは、ひとえに、苦節10回の英検1級1次試験受験のための受験勉強のおかげだと思っています。なかなかどうして、受験勉強というのは、侮れないのものです。

 ということは、今の、2次試験への苦闘(!!)、死闘(!!)が、いつか、いつか・・・・結実(!!)することもあるんでしょう!!ありますよね?(って、だれに聞いてるんだか!!) たゆまず、あきらめず・・・、頑張り続ければ・・・・!! よっしゃぁ!!


 あっ、話が横道にそれました・・・。

 お土産のPBの話でした。

 Debbie Macomber、すごいです!!(なにが?)
 どの空港の売店(ホノルル、ヒロ、カフルイ)にも、必ず(!!)ありました!!
 そして、walmartにもありました!!
 以前、アマゾンのレビューでも、「スーパーのレジ前にあったので、買って読んでみたら・・・」見たいなのがあったので、まぁ、なんていうか、そういう位置づけなんでしょう・・・!!いいですけどね・・・。
 なんていうか、日本での赤川次郎あたりの位置づけでしょうか?まぁ、簡単に読める・・・みたいな。
 まぁ、そういう本が、私のレベルにはぴったりということなんでしょう。ハハハ。
 でもね、女同士の友情、そして、恋愛。くーっ。やっぱり、おもしろいです。
 なんと、裏表紙に"HARLEQUIN"と書いてあるではありませんか?!やっぱりね・・・。
 ということで、1冊目は、Debbie Macomber "MONTANA"


2冊目"HAWAII'S STORY"は、ハワイ島のキラウエア・ビジターセンターの中の売店で買いました。20年近く前に初めてハワイに行く前、岩波新書(!!)の「ハワイ」という本を読んで行った私ですから、この本の選択は当然でしょう。
岩波新書の「ハワイ」は、もちろん、旅行案内ではなく、ハワイの歴史が書いてありました。今回買った本がどんな内容かはわかりませんが、期待して読みたいと思います。


 




 ねぇねぇ、あっちゃんって、海外に行っても買うのは本だけ?
 




 






 んなわけないじゃないですか!!??

 

 










 でも、最近は、以前に比べると、トンと買わなくなりました。(横で夫が、「はぁ?」って顔してますけど・・・ね)




 
a0142141_223655100.jpg


ということで、PB2冊、楽しみたいと思います・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-03-25 22:45 | PB | Comments(4)

Greek Myths 読了。

 ブログupが、なかなか実生活に追いつかない・・・(笑)。



 




Greek Mythsを、3/9、ホノルル行の飛行機の中で読了しました。

 日本人の私にとっても、ギリシャ神話ってとってもおもしろかったです。「へーっ、あなたは、こちらのご出身(!?)でしたか?!」とか、「ええ、日本にも同じようなお話がありましてよ。」って感じで、なじみやすかったです。前にも書きましたが、それにしても、ギリシャ神話の神々の、奔放さよ!!不道徳さよ!!です。
あそこまで、不道徳なら、まぁ、天晴れというか、かえってそう快って感じもします(笑)。
なんといいますか、一言で言いますと、「おおらか」っていうんでしょうか・・・?ほんとに、十分楽しめました。


a0142141_2115163.jpg


 



この本には、後日談がありまして・・・。

 ホノルルからヒロまでの国内線に乗った時、隣に座ったのが、同じツアーのかなり年配のおじさん。ハワイアン航空は、席のチェンジができないので、仕方なく、2冊目のPBを黙々と読んでおりました。
飛行機がヒロに着いて、ドアがあくまでの間、沈黙も気まずいので少し話しかけたら、「ずっと英語の本を読んでおられましたが、どんな関係で?」と。そのあとは、いろいろいっぱい話して(実は、話しやすい、素敵な、教養あふれる方でした・・・。ごめんなさい。)、その方は、元小学校の教員だったそうですが、大学時代、ギリシャ神話を英語で読んで、教官にけっこう認められたんだ・・・と。私といえば、昨日、ギリシャ神話を、英語で読んだばかりでしたから、偶然にもほどがある・・・ってな具合で。翌朝、私の読んだ"Greek Myths"を差し上げました。結局、自分で買うということで、出版社名を控えて、本は返してくださいました。
 しかし、世の中って面白いモノですね・・・。

a0142141_21152487.jpg

 

















彼にとって、英語の本を読むのは、どれくらいぶりなんでしょう?
 久しぶりの英語の本、なつかしいギリシャ神話の英語の本!!ってことで、なんだかワクワクしておられたのを感じました。
 そんなきっかけを作れたことが、なんだかうれしかったです・・・。
 私も、ずいぶん年をとってから、また"Greek Myths"をよむことってあるんでしょうかね?!ふふふ。おもしろいものですね。



a0142141_21225771.jpg





 この"Greek Myths",講談社英語文庫ですが、挿絵がなかなかのモノです。
 もし、手に入ることがあれば、ぜひ!!
 英語は、すごく読みやすいです・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-03-24 21:25 | PB | Comments(2)

Anne of Green Gables Ⅱ 読了。

 英検1級2次試験の直前の2/20に、Anne of Green Gables Ⅱを読了しました。

 最後、Matthewが、倒れて、亡くなるところでは、文字通り、号泣しました。Anneや、Marillaと、一緒に泣きました・・・。
 もちろん、読み進めるにつれ、そのこと(Matthewの死)が近付いてきて、読み進めるのがこわいぐらいでした・・・。

 久しぶりに、Anne of Green Gables、Anne of Green Gables Ⅱを読んで、「赤毛のアン」ワールドを堪能しました。Little House on the Prairieの時もそうでしたが、日本語でなじんだ本を、英語で読み進めることができることが、とっても楽しかったです。

 
a0142141_16343024.jpg



 試験直前だったので、次の本に読み進むかどうか、一瞬悩みましたが、「これなら、軽く読めるだろう」と、手に取ったのが、Greek Myths !!
 これが、予想以上に面白いです。
 それにしても、神々の奔放さよ!!です。
 古事記や、各国の神話を詳しくは知りませんが、いずれもがよく似た話だとは聞きます。何なんでしょうね?!あの奔放さ、というかあの不道徳さ!!
 読んでても、「えーっ、そこまでするかぁ」って感じです。
 挿絵(日本人)もとっても素敵なんです・・・。

 
a0142141_1634176.jpg


 しばらくは、日本語の本も含めて、読書三昧の日々です。うれしい・・・。
 新たな闘いが始まるまでの、ひとときの(!?)平和を楽しみたいです・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-03-01 16:35 | PB | Comments(0)

Anne of Green Gables 読了。

 今年1冊目の英語の本、"Anne of Green Gables "読了しました。
 もちろん、「赤毛のアン」。
 日本語版は、はじめて中学生のころ、読んで、その後、高校生、大人になってから・・・と、けっこう読み続けてきました。
 そして、私、思いだしたんです。たしか、高校の頃、「いつか、『赤毛のアン』を『原書』で読みたいなぁ・・・」って思ってたことを。
 いまどき、「原書」なんて言います?
 まっ、それはさておき、私、その「原書」で読めてるんですよね!!「赤毛のアン」を!!
 なんだか、自分のことのように思えないっていうか、「へーっ、すごいじゃん!私!!」って思っちゃった(笑)。

 お話は、何度も何度も読んでいる本なので、各エピソードもしっかり知っているので、とっても読みやすかったです。
 そして、案の定、いろんなシーンで、鼻の奥がツンとなって、涙がツーっと流れたことが何度も!!

 
a0142141_22432917.jpg




 そして、この講談社英語文庫版は、正・続の2冊に分かれていることが途中でわかったので、大慌てで、アマゾンでポチりました。

 で、今日から、"Anne of Green Gables Ⅱ "!!
 
 若い時に、「赤毛のアン」ファンだった方がいらっしゃったら、ぜひ英語版、お勧めします!!
 やっぱり、とっても素敵です・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-01-21 22:47 | PB | Comments(4)

やっぱり、電車で読むのはやばいかも・・・?!

 今日は、今年初めての「茅ヶ崎」の授業でした。
 電車で、小1時間。
 まとまって本が読めたり、単語を覚えたり(最近は、単語カードくってませんけど・・・)・・・。いろんなことができるちょうどいい時間です。

 往きも帰りも、もちろん"Anne of Green Gables"!!

 ああ、やっぱり、鼻の奥がツンとして、涙腺がゆるみそうになった・・・・。
 かろうじて、こらえたけど・・・・。
 
 やっぱり、この本、電車で読むのはやばいかも・・・・?


 
a0142141_23111135.jpg


 この挿絵のマシューは、私のイメージと少し違うんだけどなぁ・・・・・・。
[PR]
by atsu2co | 2013-01-07 23:14 | PB | Comments(0)