カテゴリ:奈良観光( 48 )

南都春日山(しゅんにちさん)・不空院

 志賀直哉旧居を訪れた日、高畑の不空院にも行きました。

a0142141_21425897.jpg



 伺った前日(7/24)、不空院では、「不空院 地蔵盆夏まつり」が開かれたのに、夫が不義理をしたので、お詫びかたがた、伺いました。
 私も、一度伺ってみたかったのです。っていうか、夫から、不空院の奥様のお噂はかねがね聞いており、ぜひ、お会いしたいと思っていました。
 不空院は、新薬師寺の東側の道を北へすぐのところに、静かにたたずむお寺です。

 不空院の本尊の不空羂索観音は、春はゴールデンウィーク、秋は正倉院展の期間中と、興福寺南円堂が開扉される10/17、特別開帳されます。

 その日(7/25),奥様がいらっしゃって、私たち二人に特別に見せていただきました。そして、奥様自ら、ご本尊についてお話をしてくださいました。
 不空羂索観音について、「羂索とは古代インドで密猟や戦闘に使われた捕縛用の縄のことで、そのため名前にはあらゆる人々の悩みを誰一人逃がすことなく救済し、願いを叶えてくださる」と説明されたのを聞いたとき、なにか胸に迫るものがあり、思わず落涙してしまいました。
 そして、奈良で、不空羂索観音といえば、東大寺三月堂(法華堂)の立像、興福寺南円堂の坐像が有名ですが、こちらのお寺は、その不空を冠したお寺なのですから、これを見逃すことはできないと思います。
 ぜひ、この秋、お越しください。

 そして、不空院の奥様、「剛にして柔、大胆にして繊細」といったかたでしょうか?ムーミンのミーのTシャツがとってもお似合いでした。
 いろんなお話を聞いてもらえそうでしたよ。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_21445954.jpg


鹿の折り紙。

鹿に見えるでしょうか?

案内所の先輩の方に教えていただいて、せっせと折っています。
外国の方にとても喜ばれます。一人の方には、すごく感動され、一緒に写真を撮って下さいといわれました(笑)。私の折った鹿の折り紙が大事に、ガイドブックに挟まれて、世界各国に旅するのかと思うと、これはこれでロマン(!!)です。
行ってらっしゃい!!
[PR]
by atsu2co | 2015-08-14 15:00 | 奈良観光 | Comments(0)

志賀直哉旧居と「暗夜行路」

先日、午後の勤務の前に、夫と高畑界隈を歩いてきました。
その目的のひとつが、志賀直哉旧居でした。

a0142141_17221458.jpg


そもそも、高畑とは・・・。
「高畑は、春日大社の神職が住む町として古くからひらけ、柳生街道の始終点であったことから賑わい発展してきました。また、大正から昭和にかけては多くの文人墨客に愛され、文化の町としても知られるようになりました。
 高畑界隈には、国宝十二神将像で知られる古刹・新薬師寺や、奈良三名椿のひとつ五色椿や萩で有名な花の寺・百毫寺が立ち、また白樺派の文豪・志賀直哉が9年間住んだ旧居が保存公開されています。そして、奈良を愛してその風景を撮り続けた写真家・入江泰吉の美術館・入江泰吉記念奈良市写真美術館も高畑の歴史的町並みに溶け込むように建っています。」(「高畑界隈散策地図)より」

a0142141_17224381.jpg


ずっと、夫に行こうと誘われていながら、行かなかったのに、観光案内業務をし始めて、無性に志賀直哉旧居に行きたくなりました。もともと、建物好きなんです、私。
志賀直哉旧居は、「昭和初期に志賀直哉自身で設計したものです。
数寄屋風の造りですが、洋風の様式も取り入れた当時としては非常に進歩的で合理的、美的な工夫を随所に凝しているのが特徴です。」

素敵な佇まいをお楽しみください・・。

a0142141_1723718.jpg



旧居から望む春日山


a0142141_17245885.jpg








書斎 ここで「暗夜行路」最終章が書かれました。

a0142141_17252919.jpg









書斎 2階洋室

a0142141_17255528.jpg











食堂 なんてモダンな!!奥に見えるのが、有名なサンルーム。

a0142141_17262335.jpg











外観


a0142141_1726532.jpg











写真には写っていませんが、手前に直哉手作りの小さなプールがあります。









「志賀直哉といえば、『暗夜行路』」と言われる、彼唯一の長編「暗夜行路」をこの地で完成させています。
 志賀直哉旧居を語るのに、「暗夜行路」が未読では、恰好がつきません・・・。あわてて(!!)、図書館で借りて読みました。




a0142141_17273622.jpg
 



主人公、時任謙作の、まさに人生の、「暗夜行路」を描く。まぁ、高等遊民的放蕩、苦悩・・・と言えばそれまでですが。

奈良には、この志賀直哉旧居をはじめ、入江泰吉旧居、奈良女子大学記念館、奈良少年刑務所等、近代建築として興味深い建物がたくさんあります。こういう視点で、奈良を観光されるのも一興かと思います。




 ということで、本日のおまけ画像。



a0142141_17312579.jpg


夕暮れ時の、我が近鉄奈良駅を西側から。
[PR]
by atsu2co | 2015-08-13 17:44 | 奈良観光 | Comments(2)

【予告】奈良の食材とシェフの祭典 C'festa2015 奈良・馬見

 観光案内所に新しいパンフレットが届きました。
 9/18(金)~9/27(日)奈良公園 登大路園地、10/3(土)~10/18(日)馬見丘陵公園で開催されます「奈良の食材とシェフの祭典 C'festa 2015 奈良・馬見」のパンフレットです。
 

 
a0142141_22575679.jpg






 なんと、今年で7年目を迎えるそうです。 
 いかにもおいしそうな表紙の写真!!


 パンフレットによりますと、

 「2009年にスタートした食のイベントです。奈良県産食材のPR,レストランのシェフと生産者の交流を目的としてスタート。今年で7年目を迎えます。2014年には、奈良公園と馬見丘陵公園の2会場で22万6千人を集客し、奈良県最大の食のイベントとして認められています。有名レストランやミシュラン星付きの一流シェフならではの技術やアイデアを生かして調理し、お客様(地元民や観光客)に味わっていただくことで、奈良食材の魅力を再発見していただきたい。また、今後、生産者とシェフとお客様が出会う場を創出し、地域の食を盛り上げたいという想いから、『シェフェスタ』として幅広く活動をしていく予定です。食を通じた人と人との繋がりから生まれるパワーを生かして、地域の活性化に貢献したいと考えています。」とのことです。

今年のテーマは、「食で旅する奈良」。
 
コーナーに分かれています。

◇シェフズキッチン◇
 奈良会場は、「旅する料理~奈良の食材と世界の料理」というテーマで、ランチプレートが2000円で提供されます。
 参加シェフは、奈良からは、トラットリア・ピアノ、リストランテ・イ・ルンガ、アコルドゥ、小粋料理 万惣、ラ・テラス、ほかに、銀座レカン、大阪からは
、ミチノ・ル・トゥールビヨン、兵庫からは、リストランテ・ラッフィナートなどです。

 馬見丘陵公園会場は、「山の恵みの料理」というテーマで、麺料理orごはん料理が1000円で提供されます。

そのほかのコーナーとしては、青空ピッツァ、青空キッチン、シェフェスタ屋台、マルシェ、パンとお菓子のマルシェ、「食」のワークショップ、C’festa Music Fesがあります。


 実のところ、私は、今まで参加したことがなかったのですが、娘は何回か行っています。きっと若い人たちの間では、話題になっていたのでしょう!!
今年は、私も参戦(!!)いたします!!また、参加レポートはupさせていただきます。乞うご期待!!


 この前のカレーフェスティバルのupが、終了3日前でしたので、それではあんまりなので、これでも一応(!?)奈良観光の一翼を担う(!!??)もの(自己基準)として、事前のPRもしてみては・・・と思い、はじめて予告記事を書かせていただきました。

 奈良会場は、登大路園地、奈良県庁前奈良公園一帯です。馬見丘陵公園会場は、馬見丘陵公園一帯です。
 ぜひ、足をお運びください。


ということで、本日のおまけ画像。

 

a0142141_23344162.jpg




わかりますか・・?葉脈



チビが夏休みに参加した自然教室で作った「葉っぱの拓本」のランタンです。
今夜、初めて灯をともしてみました。
[PR]
by atsu2co | 2015-08-07 23:40 | 奈良観光 | Comments(0)

Restaurant SERENA@ホテル日航奈良

 昨日は、夫の60ン歳の誕生日でした。
 毎年、彼の希望を聞いて、名古屋にひつまぶしを食べに行ったりしていましたが、今年は、お互いに業務多忙(!!)につき、近場で・・・ということになりました。
 急に思い立って、JR奈良駅連結のホテル日航奈良のレストラン「セリーナ」の、ホテル開業10周年のディナーバイキングに行ってきました。
 今回は、夫婦二人だけで、おチビたちはお留守番。たまにはね・・・。

 ただ今ダイエット中(!!)の夫に、バイキングはいかがかとも思いましたが、落ち着いた雰囲気で、おいしいものを少しずついただけて、とても良かったです。

 当日の朝、ダメ元で、ホテルに「夫が誕生日なんですが、ちょっとしたことでいいので、サプライズのお祝いってできないでしょうか?」って、電話してみました。
 本来、3日前までに「誕生日である」ことを伝えると、ケーキを用意していただけるそうです。
 なにしろ、当日の朝の申し出なので、バイキングに出ているケーキ等をお出しするだけになりますが・・・ということでしたが、夫には内緒で、私一人、わくわくして、「その時」を待ちました。


 ジャーン!!

 
a0142141_22174823.jpg


 「本日は、お誕生日おめでとうございます」と言って、ボーイさんが持ってきてくださいました。
 夫は、うれしそうでした。いくつになってもね・・・。

 グレープフルーツとミントの葉っぱの下は、今流行りの(!!)ヨーグルトのエスプーマ!!めちゃおいしかったです。
 その前の茶色いのは、アイスケーキ。中のナッツが香ばしかったです。
 チョコレートのバースデープレートは、もちろん、夫の口へ!!

 また行きたくなるホテルバイキングでした。



 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_22241388.jpg



 Restaurant SERENA入口。
 
 ホテル日航奈良は、JR奈良駅から連絡通路を通って入れます。便利ですよ!!お越しください。
[PR]
by atsu2co | 2015-07-31 11:00 | 奈良観光 | Comments(5)

若草山夜景観賞

この日曜日、チビたちが旅行に出かけていないので、夫婦二人で、若草山山頂からの夜景観賞に行ってきました。

 
a0142141_20193944.jpg



 若草山の夜景は、新日本三大夜景に選ばれた、ロマンチックな夜景スポットです。
 若草山の夜景ガイドによりますと、

 「奈良公園の東端に位置する若草山。その三重目頂上(標高342m)の展望台から見るパノラマ夜景は新日本三大夜景に選定されており、ロマンチックな夜景が楽しめます。大都市の夜景のような光量や派手さはありませんが、懐かしい感じの癒されるパノラマ夜景です。
 若草山は今や全国区となり、多くの人が訪れるパノラマ夜景スポットですが、展望場所が広いのでのんびりと夜景を楽しめます。市街地から近く、奈良奥山ドライブウェイを利用して気軽にアクセスでき、雰囲気も抜群ですのでまさに夜景デートにぴったりのスポットといえるでしょう。
 若草山から夜景を見るためには駐車場に車を停めてから少し歩く必要がありますが、最後に階段を上って展望台に出た瞬間、奈良盆地の夜景が飛び込んできます。視界をさえぎる物がほとんど無く、正面に生駒山、眼下に奈良市街を一望でき、遠くは京都府南部まで180度のパノラマで夜景を見渡すことができます。また、展望場所のすぐ隣にある鶯塚古墳からは、さらに視界が開けて200度以上のパノラマ夜景が楽しめます。」


 引用が長くなりましたが、ほんとに素敵な夜景スポットです。お店一つあるわけじゃないですが、それゆえに静かに夜景だけを楽しめます。デートによし、家族連れによし・・のスポットです。
おまけに、かわいい鹿たちにも出会えます!!

 a0142141_2101592.jpg

 a0142141_213332.jpg

 



 駐車場からこの道を5分ほど歩いて、展望場所に着きます。

 












 




 私たちは、日がまだ高い時に着いたので、三重目から一重目まで下りてみたり、鹿たちの写真を撮りまわったり、刻々と変わる空の様子を堪能しました。
 
 空や下界の様子の変化をお楽しみください・・・。


 a0142141_2126723.jpg


 まだまだ日はこんな高さ・・・。


 a0142141_212703.jpg



 






 奈良公園の鹿たちとは、違う雰囲気の若草山の鹿たちの群。







 a0142141_21291636.jpg


 日が傾くにつれ、カラスの大群が若草山に帰ってきました。


 a0142141_21302424.jpg


 







 夕日を浴びる鹿たち。後ろは、春日山原始林。


 






 a0142141_21312866.jpg


 




 ついに、日没。

 




 a0142141_21321625.jpg



 




 a0142141_2133125.jpg




 



 a0142141_21333310.jpg









  a0142141_2134126.jpg




 


 a0142141_21343547.jpg


 




 


 




 a0142141_21351329.jpg






 灯がともり始めました・・・・。







  a0142141_21354425.jpg




 
 




















 いかがでしたでしょうか・・・?

 その日、日中の気温は35℃近くでしたが、山頂は、日が沈むにつれ、風も出て、とても涼しく気持ちがよかったです。
 ぜひ、お出かけください。

 JR奈良駅前(19:30)、近鉄奈良駅前(19:35)発の、若草山夜景観賞バスも連日出ています。

 7/18~9/25の期間、興福寺五重塔、猿沢池、一の鳥居、東大寺南大門、浮見堂・・・等が、ライトアップされています。



 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_21494421.jpg



 若草山の通路のぬかるみが乾いた後に残る鹿たちの足跡。



 
[PR]
by atsu2co | 2015-07-30 11:00 | 奈良観光 | Comments(2)

カレーフェスティバル2015 in な・ら・ら

 近鉄奈良駅の西、大宮通と三条通に挟まれた南北の通りが、小西さくら通です。
 そこに、飲食複合ビルな・ら・ら(近鉄奈良駅徒歩1分)があります。
 7/10から7/31までの間、毎年恒例のカレーフェスティバルが開かれています。
 もっと早くにレポートしなきゃ・・と思いながら、今になってしまいました。ごめんなさい(笑)。
 今日を含めてあと3日ですが、カレー好きの方は、ぜひお越しください。

 
a0142141_11193830.jpg


 今年は、各店、趣向を凝らしたカレーの競演です。

 ちなみに、

 1F  四季遊人 おちゃけや       おでんスープカレー          734円
 1F  カジュアルダイニング fue チキンと野菜たっぷりオムカレー   1140円
 1F  The Olive Dining      和牛100%のハンバーグカレー     1274円
 1F  手作り豆腐と湯葉料理の店 豆仙坊 豆仙坊のキーマカレー         800円
 2F  ハイボール酒場 純        ‘せんから‘プレート          1080円
 2F  元祖関西風味もんじゃ焼 眞田   厚切りトンテキカレー          842円
 2F  フランス料理ビストロ・ド・セラヴィ 大和牛バラ肉のオリジナルカレー   1404円
 2F  ラーメン・モツ鍋 膳Z/E/N    なにわとんかつカレー          734円 
2F 全品270円の居酒屋 HAHAHA バターチキンカレー           292円 


で、私は、45分の休憩に行ったので、入ってすぐの四季遊人 おちゃけやで、おでんスープカレーを食べました。(スープカレー好きなんです、私。)

 
a0142141_11352725.jpg
 

 どうです?
 おでんスープのスープカレーといった感じで、マイルドな辛さでした。すぐに仕事に戻る私にはよかったです。
 付け合わせの、野菜たっぷりの海老生春巻きがめちゃくちゃおいしかったです。
 これで、税込734円は、とってもリーズナボー!!
 もともと、四季遊人さんは、橿原にもお店があって、おでんで有名なので、おでんスープカレーというのは、ふさわしいと思います。


 ちなみに、カレーを3皿食べてスタンプを集めると、500円分の金券がもらえます!!



 ということで、本日のおまけ画像。

 a0142141_11431227.jpg

 






 





 な・ら・ら入口。

 





 a0142141_11403261.jpg

 









 四季遊人 おちゃけや 入口。

 









 (って、ぜんぜん、おまけ画像でもなんでもないやん!!)
 
   

 
[PR]
by atsu2co | 2015-07-29 11:47 | 奈良観光 | Comments(0)

「インバウンド推進のキーポイント」@「観光力創造塾」

 今週の月曜日、ホテルフジタ奈良の「大和の昼膳」に行ったのは、その日の午後の、南都銀行主催のセミナー「第4回 『観光力創造塾』」に行くためでもありました。
 
 今回はテーマは、「インバウンド推進のキーポイント」」とのことで、南都銀行の「観光力創造塾」の概要による対象者は、「ホテル・旅館、レストラン・料理店、土産物店、自治体の観光関連部署、観光協会、地域おこしグルーブ等の観光関連諸団体、社寺関係者 など」となっています。
 一介の(!!)通訳案内士でしかない(!!)私がこんなセミナーに参加していいのか・・・、ですが、夫にお誘いがあったので、それにちゃっかり(!!)便乗してきました。
 ところで、私は、対象者のどれにあたるのか・・・?たぶん、「など」ぐらいですかね(笑)。
 
 セミナーは、2部構成で、第1部は、株式会社やまとごころ 代表取締役 村山慶輔氏の「外国人目線のインバウンド・マーケティング~集客のポイントを解き明かす」というテーマの講演でした。
 「外国人vs日本人 『おもてなし』意識の違い」、「今、インバウンド旅行に起きていること」、「ニーズと情報発信」など、一介の通訳案内士(って、もうええって!!)、一介の(しつこい!?)観光案内所勤務のパートのおばちゃん(!!まぁ、単なる自虐ネタ!!)にも、けっこう興味深い内容でした。

 2部は、「トーク・セッション」で、「旅館松前の流儀」というテーマで、旅館松前の女将 柳井尚美氏と、南都銀行の鉄田憲男氏(人気ブログ「どっぷり奈良漬け」で超有名な、奈良情報発信人)のトークでした。


 
a0142141_11155265.jpg



 旅館松前は、ならまちにある小さな旅館ですが、滞在客の80%が、外国人という旅館です。
 旅行検索サイト「トリップアドバイザー」で、常に高評価を受けておられます。
 「トリップアドバイザー」では、彼女のことを称して、"She is a gem of Nara."(少し表現が違っているかもしれないけど、gemであると。)とまで言われています。
 確かに、きれいなお方で、物腰もやわらかく、でも、一本しっかりとした芯が通った方でした。

 1部、2部合わせて3時間近いセミナーでしたが、一つのことがわかりました。

 観光に携わるものは、(それが、たとえ、一介の観光案内所のおばちゃんでも!!)「愛情」を持って接することの重要性だと思いました。
 「愛情」というのは、お客様へはもちろんのこと、案内する観光地、内容に対しても、です。

 最後に、インバウンドを推進しようとするとき、自治体の観光関連部署、観光協会等が、その推進役としての大きな役割を担うことになると思うのですが、その人たちこそ、「愛情」という二文字を忘れないでほしいと思います。



 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_11295170.jpg



 猿沢池から望む、興福寺五重塔。
 まさに、"Nara of Nara" , "The Nara"という景色です。
 猿沢池、興福寺五重塔、春日大社一の鳥居は、通年(行事があるときは除く)ライトアップされています。
[PR]
by atsu2co | 2015-07-17 11:00 | 奈良観光 | Comments(2)

「大和の昼膳」@ホテルフジタ奈良

 7/1から9/30までの期間、奈良市内の7つのホテルで、「夏の味めぐり 『大和の昼膳』」が行われます。

 ホテルは、奈良ホテル、ホテルアジール奈良、ホテルフジタ奈良、春日ホテル、奈良ロイヤルホテル、奈良パークホテル、ホテル日航奈良の7つです。
 「ホテルの和ランチ。料理長が味の競演!」と銘打たれたこの企画、今回で13回目だそうです。
 寡聞にして、私たちは知りませんでしたが、毎回大盛況だそうです。

 私たち夫婦は、今週の月曜日、夫の希望で、ホテルフジタ奈良に行ってきました。


 a0142141_2239228.jpg

 





 a0142141_2240713.jpg


 

 



 a0142141_22403939.jpg








 a0142141_22411328.jpg









 a0142141_22413545.jpg









 a0142141_2242271.jpg




 




a0142141_22425312.jpg



 












 


 



















これで、2160円。税サ込。とってもリーズナブルでした。
 





  ほかのホテルも、ぜひ行って見たいと思うものばかりです。毎年夏と冬の2回開催されるとのことなので、冬も楽しみです。
 県産食材を使った工夫を凝らしたメニューで、各ホテルが競演されるので、どのホテルをチョイスするかというのも、楽しみの一つになります。
 地元民は、なかなか地元のホテルに行く機会がないので、こういう企画もいいものです。
 ぜひ、お越しください・・・。



 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_22573587.jpg



 その日に撮った我が(!!)近鉄奈良駅ビル。
 この1階に、近鉄奈良駅総合観光案内所があります。
[PR]
by atsu2co | 2015-07-15 22:59 | 奈良観光 | Comments(0)

ふるさとの食 奥明日香 さらら

 今日は、2日連続のオフ日の2日目。
 1日目は、寄る年波(!!)には勝てず(泣)、したいこと、しなきゃならないこともせず、ボーっとしています。
 2日目になって、やっといろいろ動けます。
 で、今日は、夫の下見(夫は、NHKカルチャーセンターで、「奈良 おいしい歴史散歩」という講座を持っています。)につきあって、飛鳥方面に出かけました。

 
a0142141_20352464.jpg


 飛鳥観光の出発地、近鉄飛鳥駅。
 (私たちは、地元なので車で行きましたが・・・)
 近鉄飛鳥駅前の「飛鳥びとの館」は、観光案内所です。いろんなパンフレット、飛鳥関連本などがありますし、いろいろ親切に教えてくださいます。観光前にぜひ、立ち寄りたいところです。

 今日の目的地は、奥明日香。

 棚田や案山子、彼岸花で有名な稲淵よりさらに奥になります。

 
a0142141_20462036.jpg


 
a0142141_2113313.jpg


 飛鳥川。


 そして、今日の一番の目的地は、「ふるさとの食 奥明日香 さらら」です。

 
a0142141_2048226.jpg


 「飛鳥川の源流にほど近い万葉ロマンあふれる郷 奥明日香」で、民家をリノベーションして、地元食材だけのレストランです。
 ご主人の坂本さんは、夫のFB友達で、とても気さくで、おしゃれで、パワフルな方です。

 
a0142141_20523928.jpg


 畳の素敵な和室もありますが、私たちが通されたのは、椅子席。こちらの窓、とっても素敵だと思いませんか・・・?
 あちこちに、坂本さん作のパッチワークなどの作品もさりげなく飾れれています。

 そして、食事。

 
a0142141_20542731.jpg


 すべて地元産、そして、すべて手作り。

 このほかに、食後にデザートとコーヒー(紅茶)が出て、1800円(税込)。

 
a0142141_20561819.jpg


 手前左端のこれ、なんだと思います?
 猪肉のから揚げだそうです。野趣あふれる(!!)お味でした。


 話の順番が逆ですが、玄関口で出迎えてくれたかわいいスリッパ。

 
a0142141_21365.jpg


 猫のかわいいアップリケ付。

 
 営業日時等、HPでご確認の上、お出かけください。


 あっ、そうそう、「さらら」の帰り、川の中に、きれいな瑠璃色のカワセミを見つけました。「わっ、カワセミじゃない?」って夫に言った瞬間、カメラを出す間もあらばこそ、飛び去ってしまいました。
 まぁ、奥明日香って、そんなところです。




 

 


 ということで、本日のおまけ画像。

 飛鳥には、いろいろな、石造物がありますが・・・。
 


 
a0142141_21345096.jpg




  ・ ・ ・ ・ ・ (汗)

 
[PR]
by atsu2co | 2015-07-02 21:43 | 奈良観光 | Comments(4)

ぐるっとバス体験記(!!)

  私の勤務は、午前9時から午後3時のA勤務か、午後3時から午後9時までのB勤務で、1日6時間勤務です。最初、6時間勤務ということで(!?)、休憩なしでしたが、最近、45分の休憩がとれるようになりました。
 途中、休憩を取れるということが、これほど体や心(!!)を休ませることができるんだ・・・と、実感しています。
 軽く食事をした後は、本を読んだり、茅ヶ崎の予習をしたり・・・、有意義に過ごしています。
 A勤務の時は、なにしろ奈良公園の間近にいるわけですから、お弁当を持って、屋外で食べたりしていました。
 最近、日差しがきつくなってどうしよう…と思っていたら、奈良県立文化会館の交流室(正式名称忘れました)(もちろん、屋内)というところで、持ち込んだお弁当を食べられるということで、そこまで5分歩いて行って、そこで食べています。
 冷房付、目の前には、ガラス越しにきれいなお庭もあります。サイコーです!!

 
a0142141_22321882.jpg


 滝がわかりますか?今の季節、青紅葉がとてもきれいです。このお庭を眺めながらのランチタイムです。

 
・・・・って、どこが「ぐるっとパス体験記やねん!!??」ですよね。

 ここから始まりますから、ご安心(!!??)を!!

 で、先日、休憩時間に近鉄奈良駅から奈良県立文化会館までの歩いて5分の距離ですが、ぐるっとパスに、近鉄奈良駅から県庁前まで1区間(!!)だけ、乗りました。
  

 a0142141_22262960.jpg



 a0142141_22272679.jpg


 近鉄奈良駅 2番乗り場です。




 



 
a0142141_22275851.jpg




 ぐるっとバスがやってきました。奈良公園ルートは、赤いバスです!!とってもかわいい!!
 乗るときに、100円入れます。もちろん、1日フリー乗車券でもO.K.です。



 


 
a0142141_22294253.jpg



 県庁前に着きました。早っ!!たぶん乗車時間1分ぐらい(笑)。


 たった1区間の乗車でしたが、実際に自分が乗ってから案内するのと、乗ってことがないとでは、全然違います。
 とても面白かったです。


 今度は、赤コース、青コース、両方を乗ってみたいです。


 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_22411628.jpg



 橿原市の「月の舟」。
 夫の下見にお付き合い。
 藤原京の近くなので、藤原京にお越しの節は、ぜひ。リーズナブルだし、おいしかったし・・・。




 
[PR]
by atsu2co | 2015-06-28 22:48 | 奈良観光 | Comments(2)