明けましておめでとうございます。そして、ご報告。

明けましておめでとうございます。

昨年の9/25に最後にブログをupして以来ですから、約3ヶ月ぶりの更新になります。年賀状で、更新がないけれど、元気ですか・・・と、何人かの方から心配していただいたので、このまま放置しておくのもどうかと思い、こうして書いています。

a0142141_2217152.jpg


昨年は、3月末で観光案内所を辞め、その後、通訳案内士として、ガイドをしていましたが、ガイドをするたびに、自分の実力のなさを痛感して、落ち込んでいました。そのたびに、「いや、やっぱり頑張ろう」と、「もうしたくない」の間を揺れ動いていましたが、最近「そんなに無理しなくてもいいのでは」「自分に向いていることをすればいいのでは・・・?!」と思うようになりました。

で、最近は、いくつかのサイトに、ライターとして、英語で、日本語で文章を書いています。通訳案内士の仕事に比べて、収入は、雲泥の差ですが、やっぱり、書くことが好きなので、苦しみながらも苦になりません。そして、その仕事なら、いくつになってもやり続けることができますからね・・・。

ちなみに、"Goin' Japanesque" と"FAST JAPAN"というサイトです。author;Atsukoの記事は私が書いたものです。"Goin' Japanesque"のほうは、日本語で、写真も私のもので、どんな記事にするかも、私次第なので、とても面白いです。
”FAST JAPAN"のほうは、英語で、向こうから指定の記事について、調べて書いています。ここでも、実力のなさを毎度、痛感しています。私の英文を読んだ友達が、「教科書みたいな英語やなぁ」と言いましたが、そんな英語しか書けないんだから仕方ありません・・・。


もう1点、以前にも書きましたが、Facebookに、1 article a day in Englishと自分に課して、観光のこと、その他もろもろのことを書き続けています。途中、旅行で中国本土にいた3日間と、体調を崩した1日を除いて、4/20から毎日書き続けて、#253になりました。少なくとも、#365までは、頑張って書き続けます(きっぱり)。
このブログの読者の方、何人かが探してくださって、見つけてくださって、お友達になり、リアルでもお会いしたりして、いろいろ英語のお話をしたりしています。
ちなみに、Facebookは、Atsuko Saigaで、検索してください。お友達申請してくださるとうれしいです。


という風に、今後は、「書くこと」に重点を置いていきたいと思っています。

たぶん、このブログの更新はこれで最後かもしれませんが、英検学習者の方の少しでも励みになればと思い、そのままにしておきます。近況につきましては、先ほど挙げたサイトまたは、Facebookでご確認(!?)ください。

もちろん、英語学習は続けています。先に進めば進むほど、自分の実力のなさにげんなりし、もっと力をつけたいと思います。

英検1級を目指して学習中のみなさん、今年こそ、英検1級の栄冠を勝ち取ってください。ご健闘をお祈りしています。
同じ空の下、共に頑張り続けましょう!!

 
a0142141_22174418.jpg

[PR]
# by atsu2co | 2017-01-02 22:21 | Comments(9)

案山子ロード@稲渕・明日香村

  石舞台古墳から飛鳥川を上流にしばらく歩くと、目の前に広がる田園風景、それが、日本の「原 風景」と言われ、全国棚田100選にも選ばれている「稲渕の棚田」です。 棚田の畦道に 真っ赤な彼岸花が咲き誇ることでも有名です。


 
a0142141_104924.jpg


 



 そこ、稲渕の棚田で、今年も、案山子ロードが開催されています。
 
a0142141_1052146.jpg






a0142141_10145514.jpg





 







 




 今年は、オリンピックイヤーということで、今年のテーマは、「棚田deオリンピック」だそうです。

 傑作・迷作(!?)の数々をお楽しみください。


 a0142141_10192890.jpg





 





 



 a0142141_10202384.jpg





 











 a0142141_10205293.jpg











 



 a0142141_1023378.jpg













 




 案山子は、11月上旬まで展示されますが、先週の週末、案山子コンテストがあり、優秀作品が発表されました。
 私は、9月初旬に行ったので、田んぼの稲がまだ青々していますが、刈入れ前の黄金色の稲穂とのコントラストもいいものです。


 a0142141_10254286.jpg



 



 a0142141_1026621.jpg




 










 


 家族やグループ、老人施設などが、案山子を作って参加されています。
 ここしばらく、お天気もパッとしませんでしたが、晴れ渡った秋空のもと、ぜひ、日本の原風景、飛鳥の棚田にお出かけください。


 a0142141_10281138.jpg





 



 





 a0142141_10283566.jpg




 











 a0142141_1029514.jpg 





 a0142141_10292796.jpg



 







 





 そこかしこに、秋の訪れを感じることができました。



 ということで、本日のおまけ画像。 


 
a0142141_10352752.jpg



 9/21に撮った、明日香村の彼岸花。
[PR]
# by atsu2co | 2016-09-25 10:37 | 奈良観光 | Comments(0)

古代瓦見学@元興寺

 奈良町にある元興寺は、飛鳥寺から持ってきた飛鳥時代の瓦が実際に使われているということで、有名ですが、8/27~9/17の間、極楽坊と禅室(両方とも国宝指定)の間に組んだ約3.8mの足場から、間近に、実際に葺かれている飛鳥時代、奈良時代、平安時代の瓦を見ることができます。

 
a0142141_21254843.jpg


 右側が極楽坊、左側が禅室です。

 
a0142141_21263589.jpg


 わかりますか?本瓦葺きと、行基葺きの境目。
 葺いてある瓦の形状の違いから、本瓦葺きと行基葺きになります。もちろん、行基が活躍する前の葺き方で、なぜそれを行基葺きというかは、わからないそうです。

 飛鳥時代って、1400年前ですよ!!博物館の陳列ケースの中にある・・というのではなく、実際に使われている、1400年も風雪に耐えてきた…瓦を、間近に見れるんですよ!!すごいことです。あと残りわずかですが、ぜひ、ご覧ください。

 a0142141_21331613.jpg


 a0142141_21341783.jpg



 













 







 3.3mの足場の上から見る浮図田(ふとでん)も、いつもとは違う表情を見せています。

 a0142141_21384964.jpg





 





 


 浮図田(ふとでん)の向こうに見える法輪館では、厨子入智光曼荼羅と元興寺極楽坊縁起絵巻が公開されています。飛鳥時代の瓦に実際に触ることもできます。(足場の上からは触れません。)
 そして、普段は、公開されていない、禅室の内部も公開されています。

 


 今、奈良は、興福寺の五重塔、三重塔の開扉されています。ぜひぜひ、この機会をお見逃しなく!!


 


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_2149844.jpg



 9/1~11/30の間、「奈良県大芸術祭」が県各地で開かれています。まさに、奈良県全体が、芸術の秋!!
 その紹介プログラムが、通りかかったJR奈良駅前の広場で行われていました。これは、韓国珍島のダンスだそうです。

 


 
 
[PR]
# by atsu2co | 2016-09-14 20:00 | 奈良観光 | Comments(0)

古都祝(ことほぐ)奈良

 今年、奈良市は、「東アジア文化都市」の、日本の開催都市に選ばれました。
 日本・中国・韓国の3カ国の共同事業として、2014年から始まり、今年、日本は奈良市、中国はな寧波市、韓国は済州特別自治道が、それぞれの開催都市に選ばれました。
 今年一年を通して、様々な催しが開催されます。
 その一つが、古都祝(ことほぐ)奈良~時空を超えたアートの祭典です。
 奈良町エリア7か所、寺社8か所の計15か所に、各国の様々なジャンルのアートが展示されます。
 期間は、9/3~10/23までです。
 古都奈良の古い町並み、建物、伝統的寺社仏閣と、モダンアートの融合。とても興味深いです。
 
 近鉄奈良駅行基前広場、JR奈良駅で、コンセプトブックとスタンプラリーの台紙がいただけます。
 奈良町を歩くと、地図と台紙を持った人によく出会います。
 私は、15か所のうち、奈良町エリア7か所をコンプリート!!寺社も2か所踏破しました。

 写真を撮れないところもありますが、それぞれの開催場所のアートをお楽しみください。

 
a0142141_15565353.jpg


 大安寺の、東塔基壇跡に、建築廃材等で建てられた塔。大安寺は、創建当時、高さ70mの東西二塔が建っていました。この塔の高さは、22mですが、この塔によって、70mと塔を想像できます。
古都祝奈良の作品の中で、一番見たかった作品です。一見の価値はありますよ!!


 a0142141_1603833.jpg

 a0142141_161070.jpg

 




 









 元興寺境内石舞台上の作品。
 卵のような物体の下は、鏡になっていて、時間と共に陽の移ろいを楽しめます。











 a0142141_1643231.jpg

 a0142141_1655534.jpg

 a0142141_1661930.jpg

 a0142141_1664786.jpg
 












 



























 重要文化財 今西家書院の書道家 紫舟さんの作品。

 




 a0142141_16111427.jpg


 a0142141_1611365.jpg

 










 


 公納堂町の路地裏。パッチワークの大きなテント様の作品。




 


 a0142141_161443.jpg
 


  奈良町にぎわいの家の作品。






 




 a0142141_16172963.jpg

 






 鎮宅霊符神社。



  




 a0142141_1620974.jpg




 東城戸町会所。












  a0142141_1622684.jpg


  a0142141_16223562.jpg





 








 



 北風呂町の倉庫。








 有名な場所もあれば、路地裏の町会所だったり、使われなくなった倉庫だったり、地図片手にぐるぐる。それはそれで、楽しい・・・。今回、ぐるぐるしたおかげで、奈良町がよくわかりました。

 あと東大寺、春日大社、興福寺、薬師寺、唐招提寺、西大寺と大きなところを残しています。
 ぜひ、期間中に踏破してみたいと思います。
 どこかの会場でお目にかかれるかもしれませんね・・・・。




 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_1628281.jpg



 古都祝奈良のコンセプトブックと、スタンプ台紙。
 頑張ったでしょう(笑)。



 
 
 
[PR]
# by atsu2co | 2016-09-13 16:29 | 奈良観光 | Comments(0)

なら燈花会 8/14まで

 今週の火曜日(8/9)、娘が仕事から帰宅するのを待って、私たち夫婦、娘、孫の4人で、奈良へ、なら燈花会を見に行ってきました。
 
 
a0142141_10541766.jpg

 
 

 なら燈花会は、1999年にはじまり、今年で18回目です。
 なら燈花会は、奈良の真夏の夜を彩る催しとして、奈良内外の方々に受け入れられて、大きなイベントに発展してきています。

 燈花会の、燈花とは、灯心の先にできる花の形のかたまりのこと。これができると縁起がいいといわれています。

 約20000灯が、奈良公園一帯にともされます。
 毎夜、ボランティアの方が点火し、終了と共に片付けられ、また次の日に並べられます。
 20000個!!をです。8/5から8/14までの10日間
 防火や安全のため・・・ということもあると思いますが、なにしろ、奈良公園には鹿がいっぱいいますので、それを考慮してということもあります。

 a0142141_11163732.jpg


 a0142141_11171854.jpg


 a0142141_11175223.jpg



 a0142141_11181548.jpg



     




 

 
































 8つの会場(春日野園地、浮見堂と鷺池、猿沢池と五十二段、浅茅が原、奈良国立博物館、奈良春日野国際フォーラム~I・RA・KA~、興福寺、浮雲園地)がそれぞれ、趣向を凝らしていて、飽きません。

 

  a0142141_1129988.jpg


 a0142141_1129417.jpg


 










 

 




    


 鹿たちも、大勢の人出に、なんだかソワソワ・・・。夜更かし(!!)しています。



 今夜9:45までです。
 昼間の暑さを忘れさせる、時折吹く涼風が心地よいです。
 お近くの方はぜひ!!

 
a0142141_11333992.jpg


 いらっしゃっいましたら、来年の燈花会のため、募金をよろしくお願いします。


 


 ということで、本日のおまけ画像。



 
a0142141_11402199.jpg



 昼間の鹿。涼を求めて(!?)小川を渡っています。

 

 
[PR]
# by atsu2co | 2016-08-15 08:03 | 奈良観光 | Comments(0)