<< 「服を捨てると幸せが見つかる」... 大阪府立近つ飛鳥博物館と、近つ... >>

桜井市内の古墳

 「FB始めました。」って、以前に書きました。(あっ、名前で検索かけたけど、ヒットしなかった・・・と、何人かの方に言われました。アルファベットの名前で検索してみてください・・・)

 で、というわけではないですが(いや、そういうわけでしょう!!)、最近、夫と、桜井市内の古墳をいくつか回っています。
 まさに、桜井市は、古墳の宝庫ですから!!

 
a0142141_1118321.jpg



 まずは、赤坂天王山古墳。
 桜井市埋蔵文化財センターが出している「桜井の横穴式石室を訪ねて」という本によりますと、
 「1辺50mの三段築成による大型方墳」であるが、「開口部は、50㎝ほどのすき間しかなく、羨道には土砂が流入している」と書かれています。
 写真のように、大人でも子供でも、しゃがまないと入れません。しゃがむというか、這い進むといったほうがいいぐらいです。知っている人に連れて行ってもらって、中は大きく開けていると聞いていなかったら、入っていくことに二の足を踏みます。
 10mぐらい這い進むと、いきなり高さ4.2mの玄室に到着します。玄室の壁は、巨石が3段組みでつみあげられていて、中に家形石棺があります。

 a0142141_11342017.jpg

 a0142141_113543.jpg


 a0142141_1137275.jpg
 


















 

































 この古墳は、明治年間に、崇峻天皇の倉梯上陵が、現在地(桜井市倉橋)に比定されるまで、崇峻陵とされていたそうです。

 冒険心(!!??)をそそられるでしょ?ヘッドライト、懐中電灯は、必携です!!


 


 次は、箸墓古墳。正式名称は、大市墓(おおいちのはか)。
 もちろん、ご存知、卑弥呼の墓か?と言われている古墳です。


 
a0142141_123610.jpg


 三輪山をバックに、ほんとにきれいです。纏向遺跡もすぐ近くです。

 a0142141_125379.jpg

 a0142141_12131667.jpg


 




















 








 




 次は、箸墓古墳とは、対照的な、そんなに有名でもなく、人気があるわけでもない古墳群です。 
 ムネサカ古墳群といいますが、道路の際に、案内板があるにもかかわらず、見つけるのが、非常に難しい古墳です。私たちも、2回チャレンジして見つけられず、3回目でやっと見つけることができました。


 a0142141_13582578.jpg

 


 




 



 a0142141_13585684.jpg

 











  a0142141_1465581.jpg


 






 



 桜井から大宇陀へ抜ける国道166号線沿いに、案内看板があります。運送会社の私有地を一言断って通らしていただいて、登っていきます。草に埋もれた、踏み分け道を見つけながら探します。こちらも1号墳、2号墳とありますが、2号墳は、石室の中は、ほとんど土砂に埋もれていて、観察できません。
 それにしても、小高い山の上に、どうやってこんな大きな石を運んだんだろう・・と思わせる場所に、1000年を超える時を、静かに、ここに横たわってきたんだな・・・と思うと、気持ちは一気に古代に飛びます。

 
 

 艸墓古墳は、5/16のブログに書いたように、東・西・南の桟方向を住宅に囲まれているので、墳丘裾の形は改変されているとのことです。石室に、家形石棺がありますが、玄室や羨道に比べて、その石棺の大きさが大きいので、ずいぶん前から、どのようにしてその石棺を入れたのかが、不思議がられていた古墳ですが、今では、石室を構築前に石棺を据え、葬送が行われたのか、と考えられ、古墳時代終末期の葬送儀礼を考えるうえで興味深い古墳だとのことです。



 a0142141_14313780.jpg


 a0142141_14333591.jpg


 













 










 




 この古墳は、私が小6かの社会で、歴史を習い始めたとき、父がオートバイの後ろに私を乗せて、見せに連れて行ってくれたのを、今でもはっきり覚えています。







  


 今日、ご紹介する最後の古墳は、文殊院西古墳です。


 安倍文殊院境内に、文殊院西古墳と東古墳、2つの古墳があります。これらの古墳も、小さいころからなじみの古墳です。

 a0142141_1521521.jpg


 a0142141_15215620.jpg


 

 




























 西古墳の石室内には、石造が安置され、信仰の対象になっています。その「玄室内は長方形に切り揃えられた花崗岩の石材が用いられ、それを上石の目地が下石の中央にくるよういに横積みされている。奥壁は5段積みで、下から1列につき石材が4:3:4:3:4石になるように、側壁は5段で7:6:7:6:7石になるように積まれ、石の配置が計算されている。興味深いのは、右側壁に2か所、左側壁に1か所、石の目地を模擬線によって表現されている部分があり、非常に趣向を凝らしたものになっている。」そうです。それを間近に見ることができます。

 

 桜井やその周辺には、まだまだ興味深い古墳、天皇陵がいっぱいあります。私は、どちらかというと、仏像より、古墳の方が好きかも・・・なので、順次、アップさせていただきますので、お楽しみに・・・。



 ということで、本日のおまけ画像。



 
a0142141_15251968.jpg


 今朝、雨が上がった後の、庭のバラ。

 

 

 
[PR]
by atsu2co | 2016-05-27 15:26 | 奈良観光 | Comments(2)
Commented by コパンダ at 2016-05-30 08:24 x
こんにちは。
お久し振りです。

古墳、たくさん有るのですね。
赤いシャツは旦那様ですか?
入り口狭いし、泥だらけは仕方無いですが
洗濯大変そうです。
私も、昨日次男(小1)の体操服の洗濯に格闘致しました。

Facebook検索できましたが、
いかんせん、私はやっていないので、
内容見られ〰ず。

来週末は、宮城県川崎町の支倉祭りに家族で
参加してきます。
忙しくて、オバマさんの広島訪問新聞位しか勉強出来ません。
7/30は、奈良町?のスタジオ25で、ベリー踊る予定です。
Commented by atsu2co at 2016-06-04 21:24
コパンダさん、お久しぶり~♪
お元気ぃ?

赤いのはシャツじゃなくて、モンベルのウインドブレーカー。
お祭りの取材によく行くので、たき火や松明の火の粉がとんで、あちこち穴だらけです(笑)。
一番最初の古墳は、まさに匍匐前進状態です。なかなかスリル満点だよ!!

FB、ずっとしたいと思っていたんだけど、仕事辞めてやっとできるようになりました。いつか見に来てね!!

夏のベリーダンス。詳しいこと決まったら、ぜひ連絡してね。
<< 「服を捨てると幸せが見つかる」... 大阪府立近つ飛鳥博物館と、近つ... >>