<< 金閣寺、二条城、建仁寺を下見。 「無印良品とはじめるミニマリス... >>

もっと知りたい 「門のこと!転害門の魅力」

 ご無沙汰しています。約1か月ぶりの更新です・・・。
 相変わらずのturbulent(!!)な日々を送っております・・・。
 でも、なんとか(!!)、元気です。


 ということで(っていうか)、今回は、おまけ画像からupです。

a0142141_0223334.jpg

 
 これは、知る人ぞ知る(!!)、古墳ケーキ(小型前方後円墳ケーキ)です。
 奈良町の中のプチマルシェっていうカフェで食べられます。写真を撮っていたら、撮影用の小道具(後ろに写っている埴輪)まで貸してくださいました。
 甘さ控えめで、とてもおいしかったです。


で、本題(!?)です。
今週の日曜日、なら・観光ボランティアガイドの会 朱雀の会主催の「もっと知りたい 『門のこと!転害門の魅力』」という半日のウォーキングツアーに参加してきました。
 もともと、私は、お寺でも、仏像より、建物の方に興味があるほうなんですね。
 それで、この企画のチラシを見たとき、すぐに応募しました。

 工程は、県庁前出発→興福寺南大門跡→菊水楼表門→春日大社 一の鳥居→鴎外の門→東大寺南大門→大仏殿中門→勧進所→戒壇堂→東大寺西大門→焼門跡→転害門 と、盛りだくさんな見学場所、内容でした。

 特に、東大寺南大門と転害門では、元建築士の方が、何か月もかかって作った模型を元に内部構造を説明してくださいました。

 
a0142141_1712570.jpg


 
a0142141_172735.jpg



 「鎌倉時代に東大寺の再建を行った重源が、宋の建築様式を取入れ、工夫を加えて編み出した『大仏様(だいぶつよう)』で建てられています。大仏殿や南大門のような巨大な建物は、それまでの建
築技法である『和様』では構造的強度不足、木材の入手難、価格の問題等があり、これを解決するために考案されたといわれています。最大の特徴は、『貫』と『挿肘木』を採用し、鉄骨造のような建物になっていることです。柱の中では貫は特殊な継ぎ手で繋がれています。」

 
a0142141_17114115.jpg


 実際に模型で説明していただけると、ほんとによくわかりました。模型の精巧さには、頭が下がりました。

 
a0142141_17193951.jpg


 転害門でも、同様の精巧な模型による説明があり、ただボーっと(!?)、門だけを見ているのとは、全然違う転害門体験ができました。
 
 
a0142141_1722672.jpg


 やっぱり、専門家の専門的な解説は、聞いていてとてもよくわかりました。
 これから、ガイドをするとき、「それを言い出すときりがないので・・・」みたいにごまかさず、知識に裏打ちされた(全部を言うかどうかは別として)ガイドをしたいと強く思いました。


 転害門で解散になり、かねてから行きたいと思っていた、奈良町のプチマルシェで古墳ケーキをいただいて帰りました。
 あっ、帰り道、リーガルで、新しいルートートを、バースデープレゼントに買ってもらったことも、記しておきます(!!)。


 で、ご報告!!

 
 私、近鉄奈良駅総合観光案内所を、3/31付(実質は、3/30)で、退職いたしました。
 この1年間の間に、何人かのブログの読者の方に寄っていただき、楽しく交流をさせていただいたことも楽しい思い出です。
 思えば、昨年、通訳案内士試験に合格し、いくつかのエージェントに登録した際、「経験がないのなら、ボランティアでもいいので、経験を積んでから来てください」と言われました。何の経験もない者を雇えませんよね・・・。で、ボランティアでもと思っていたら、ちょうどいい案内所の仕事がありました。お金をいただきながら、経験を積めたということです。
 単なる道案内、交通案内ようでありながら、そこは人と人との出会いですから、それはとても面白かったです。もちろん、嫌なこともありましたが、楽しかったほうが勝っています。

 4月からは、通訳案内士としてガイドをするつもりです。
 実は、3/22に、35人ぐらいのMITの学生さんを案内しました。まだまだ、経験不足、英語力不足は否めませんので、逃げ出したい・・・と思うことも多々ありますが、いただいた機会を大事にして、一つ一つの経験を財産にして、ボチボチとガイドをしていきたいと思っています。
 
 やはり、奈良より、京都が中心・・になりそうです。
 今も、いくつかの予定が入っており、勉強、勉強、下見、下見・・・と、胃が痛くなっています。

 とういうことで、4月以降、観光案内所にはおりません(笑)ので、ご報告いたします。



 ブログの更新の頻度が少なくなるかもしれませんが、まだまだ続けるつもりですので、気長にお付き合いください。
[PR]
by atsu2co | 2016-03-31 17:41 | 奈良観光 | Comments(4)
Commented by ピッピ at 2016-04-02 22:58 x
お勤めおつかれさまでした。
ずっとずっと研鑽を積まれて努力されているatsu2coさんの姿勢に、自分を顧みて、また頑張らねば、と思います。
4月に通訳案内士に合格してから初めての研修に参加します。
お客様を引率しながらのOJTな研修で、申し込んだことを
後悔しながら、準備中です。またこちらに気持ちを引き締めるために立ち寄らせていただきます・・。
Commented by aki-kiyo at 2016-04-03 09:17 x
>とういうことで、4月以降、観光案内所にはおりません(笑)ので、ご報告いたします。

ありゃ~、いつか立ち寄ってお目にかかりたいと思っていたのですが残念です。
奈良は京都のような華やかさはあまりないと思いますがしっとりと落ち着いた雰囲気が大好きです。
atsu2coさんの情報で訪れたところもあって感謝しています。

4月からは通訳案内士としてガイドをされるとか。
atsu2coさんならきっと素敵なガイドさんになれると思います。
頑張ってください。


では。
Commented by atsu2co at 2016-04-04 16:59
ピッピさん、こんにちは。
研修頑張ってくださいね。
私も、エージェントからの依頼に、お受けしてから、胃が痛くなったり、ドキドキしたりして・・・、お受けしたこと後悔すること多々あり(汗)です。
まぁ、これも、精進への道(!!)です。お互い、頑張りましょう!!
Commented by atsu2co at 2016-04-04 17:01
aki-kiyoさん、こんにちは。
案内所に寄ってくださればよかったのに・・・です。

でも、きっとどこかでお会いすることできますよ!!

>atsu2coさんの情報で訪れたところもあって感謝しています。
とっても嬉しいです。ありがとう!!

これからは、京都ネタ(笑)が、増えそうです・・・。
<< 金閣寺、二条城、建仁寺を下見。 「無印良品とはじめるミニマリス... >>