<< ぱーぷる別冊 「ランチパスポー... 「少ない物ですっきり暮らす」b... >>

本日公開「オデッセイ」 原作PB ”THE MARTIAN" by Andy Weir

本日2/5、全国で映画「オデッセイ」が公開されます。

その原作PB”The Martian" を読んでいます。

a0142141_1027444.jpg


まだ、1/8ほどしか読んでいませんが、ドキドキしています。そして、映画のトレーラーを見て、さらにワクワクしています。ぜひ、映画の公開が終わるまでに、読み切って、映画館の大スクリーンで見てみたいと思います。


 ところで、よく「どうやって、読むPB見つけるの?」って聞かれます。
 一言で言えば、「乱読」です。そして、「一期一会」(笑)です。


 例えば、この”THE MARTIAN"は、NHKラジオの「実践ビジネス英語」を徹底して復習するためのメルマガ「ビジ英徹底復習」の本多さんが、メルマガの中で紹介されてました。

 また、次に読みたい・・・と思っている”Natural Born Heroes: The Lost Secrets of Strength and Endurance”は、同じく、NHKラジオの「ラジオ英会話」のテキストの巻末に、NHK出版の広告として載っていました。
 
 また、我が家の近くのBook Offは、けっこうPBが出るんですね。時たま行って、面白そうなのを物色(!!)しています。

 前には、地元の図書館の「リサイクルコーナー」に、大量のPBが出て、夫が持ち帰ってくれました。

 あるいは、観光案内所で、ボランティアガイドの方と、どんなPBを読んだか、と情報交換しています。

 集まる情報、読みたいPBに、読む速さが追いついていないのが実情です(笑)。

 O.Henryのようなクラッシクなものや、超現代的なものは、なかなか読みづらいです。
 一時、はまっていたDEBBIE MACOMBERのような、ハーレクイン系は、私の英語力にあっている感じがして、読みやすいです。

 でも、どんどん本はたまっていきますが、いろんな本にチャレンジしたいので、「こんなの、どう?」「こんなの読んだよ」と、教え合えたらいいな・・と思います。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_17291948.jpg


 西大寺 愛染堂

 昨日は、西大寺の「愛染明王坐像」の特別公開の最終日だったので、見に行ってきました。
 この愛染明王坐像は、思った以上に小柄(!?)でした。説明文によると、「わずか一尺ばかりの小像ではあるが、愛染堂の秘仏本尊として大切に祀られているためか、衣紋の戴金や深紅の彩色が鮮やかに残っている。」と。
 また、この愛染明王は、「縁結び」の仏様らしいです。我が家には、30をとっくに越えた独身男子がいますので、熱心にお願いしてきました(!!)。

 
a0142141_17355089.jpg


 穏やかに晴れ渡った冬空の下にたたずむ西大寺 本堂。
 
 
[PR]
by atsu2co | 2016-02-05 17:39 | PB | Comments(6)
Commented by Karen at 2016-02-05 19:07 x
はじめまして、NZ在住のかれんと申します。
ガイド資格は2000年に取得しましたがペーパーのまま海外に出てしまいました。

The Martian私も数ヶ月前に読んでとても良くて、でも感想を言い合える人がいなかったのでついコメントを書かせて頂きました。

映画より詳細に渡る人物描写も胸に迫るものが有ります。
また映画よりも障害が多いです。
でも何故か明るく前向きで励まされます。

ご感想を楽しみにしております!
Commented by atsu2co at 2016-02-07 17:52
Karenさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですか・・・? The Martian読まれたんですね?私は、なかなか遅々として進まないのですが、映画が終わる(!!)までには読み切るつもりなので、少々お待ちくださいね。
映画も見られたんですね?

たしかに、どんな小説でも、映画より本のほうがいいです。
Kazuo Ishiguroの"Never let me go"読まれましたか?この映画は、たしかにきれいでしたが、やっぱり小説の方がよかったです。
そのイギリスを舞台にした小説が、舞台を日本に置き換えて、今、日本の連ドラになっています。とても楽しみにしていましたが、ちょっと見るに堪えなくて、1回見ただけで見るのをやめました・・・。

またいろいろ、お話ししましょう!!
これからもよろしくお願いします。
Commented by Karen at 2016-02-08 19:27 x
「Never Let Me Go」5年前に読みました。とても静かで美しいのに設定に驚かされる不思議な作品でしたね。
日本でドラマになっていると聞いていましたが見るに堪えないのですね。
残念です。やはり小説の方がいいものが殆どですね。
Kazuo Ishiguroはこれしか読んでいないので他の作品も気になっています。

こちらこそよろしくお願いします。
また書評など楽しみにしております。
Commented by atsu2co at 2016-02-10 22:11
Karenさん、こんばんは。
ほんとに、あの本は、「静謐」というのが似つかわしい、静かなお話でしたね。
私も、Kazuo Ishiguroは、この本だけです。「日の名残り」をぜひ、読んでみたいと思っています。これは、映画は見ました。
"Never let me go"の映画も素敵でしたよね。映像がとてもきれいで・・。
日本の連ドラは、なんだかグロテスクで、とても嫌な気分になったので、2回目から見るのをやめました・・・。

"Martian"、面白くなってきて、徐々に、スピードアップしています。がんばって、映画館で映画が終わるまでに読み切らなきゃ!!
Commented at 2016-02-27 18:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-18 15:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ぱーぷる別冊 「ランチパスポー... 「少ない物ですっきり暮らす」b... >>