<< 国内旅程管理研修修了証明書 "So far fr... >>

白鳳@奈良国立博物館

 ただ今、奈良国立博物館では、9月23日まで、開館120周年記念特別展として、「白鳳~花ひらく仏教美術~」が開かれています。

 
a0142141_13103984.jpg


 ずっと行きたい、行かなきゃ・・・と思いながら、やっと行くことができました。

 
a0142141_13152338.jpg

 
 案内所を訪れて、奈良国立博物館への行き方や「白鳳」展のチケットのことを聞かれるお客様の多いこと!!
 そして、「どちらからいらっしゃいましたか?」とお尋ねすると、「関東」「東京」、はては、「北海道から、この展覧会を見るためだけに奈良に来ました。」と言っていただくお客様もいて、ほんとうにうれしい限りです。
 そんなにまでして、みなさん、お越しになっているのに、奈良にいる私が行かずにどうする?と、お客様に背中を押されて行ってきたしだいです。


 うーん。行ってよかった!!

 
a0142141_13165087.jpg


 白鳳時代とは、
 「文化史上、美術史上の時代区分のうちの一つ。天武天皇、持統天皇の時代を中心とした、飛鳥時代後半(645年行こうとされる場合が多い)から平城平常遷都までの時代。」です。

 その時代の白鳳仏の特長としては、
 「すぐれた金銅仏が作られました。若々しくふくよかな顔つき、椅像や姿勢に動きのあるものなど表現力豊かで、塑像、乾漆像、塼仏(せんぶつ)、石仏など素材の種類も多様化しています。」

 この展覧会のいいところは、仏様(何体かの仏様だけですが・・)を正面だけからではなく、360度ぐるっと回って見ることができるところです。そして、絶妙のライティングの下で見ることができます。それは、薄暗いお寺の本堂や厨子の中で見るのとは違った趣です。
 
 私が心惹かれたのは、童形、童顔の仏様たちです。なんともおおらか、穏やかな顔立ち、お姿には、心癒されるものがあります。

 とりわけ、三重・見徳寺の「薬師如来坐像」は、なら仏像館で出会って以来、大好きな仏様ですが、また再会できました。ぜひ、癒されてください。

 白鳳展は、9/23までです。まだまだ間に合います!!
 ぜひ、お越しください。
 近鉄奈良駅総合観光案内所には、割引券(当日券を会場で買う際、見せると100円引きになります)や、リーフレット(博物館にはないですし、なくなり次第、終了)をご用意しています。お越しの節には、ぜひ、お立ち寄りください。

 そして、白鳳展で出会った仏様を、本来のお寺で見に、また奈良にお越しください。
 


 ということで、本日のおまけ画像。


 

 わが市が誇る、ミシュラン一つ星店、「味の風 にしむら」


a0142141_15332486.jpg


 マンション1階にある、「知る人ぞ知る」的入口。看板などなく、ちいさな表札(!?)のみ。


 しかし・・・・!!

 
a0142141_22234284.jpg


 お料理は最高。

 今回は、ギリシャ旅行でお友達になった方を、わざわざ桜井くんだり(!!)まで呼びつけて(!!)のにしむら訪問。
 でも、グルメなお二人が、超満足してくださって、私もうれしい・・・。

 カウンター10席だけの、小さな人気店。HPもないですが、お料理、器どれにもすごいこだわりがあります。ぜひ、奈良にお越しになった節には、桜井まで足をお運びください。絶対(!!)、期待を裏切りません。その時には、事前の予約をお忘れなく!! 
[PR]
by atsu2co | 2015-09-09 15:48 | 奈良観光 | Comments(2)
Commented by aki-kiyo at 2015-09-22 22:53 x
こんばんは。以前上北山村の桜のご紹介記事にコメントさせてもらった和歌山のaki-kiyoと
申します。

ご紹介の記事を拝見し、本日「白鳳~花ひらく仏教美術~」と「にしむら」に行ってきました。
「にしむら」の予約は11:30~の部。本当は13:30~にしたかったのですが既に満席とのこと。

奈良国立博物館は9:30開館。そこから「にしむら」までは車で約40分。となると10:40分頃には
博物館を出ないといけない。出来るだけ早く着きたく7時前に家を出たところ博物館には8:40頃
到着しました。京奈和自動車道が出来つつあるので奈良市内まで随分早く行くことが出来るように
なりました。30年くらい前は3時間くらいかかってたような気がします。

幸い到着時に並んでる人は案外少なく7~8人くらいでしたが、開館時間には200人くらい並んでたと
思います。音声ガイドを借りて駆け足で鑑賞。月光菩薩立像が一番印象に残りました。

「にしむら」には1分遅れの11:31に到着。カーナビが無ければとても行くことが出来なかったと
思います。ご紹介にありましたように10席のカウンター。お客さんは私ら夫婦、同じような夫婦連れ、
シニア女性3人組、20代の息子と両親の3人という構成でした。

一品一品丁寧に作られていくのがカウンター越しに眺めることができました。お鍋は柄が無く
持つときはペンチみたいなので挟んで使ってましたが柄があると引っ掛けたりするからかなぁ。
それと柄が無いと冷蔵庫にそのまま入れやすいとか(^^;)

料理は美味しかったですね。約1時間半、ゆったりと落ち着いた非日常的雰囲気を味わうことが
できて、家内も大変満足したようです。

食後は「山の辺の道」散策を考えていたのですが、暑そうだったのでかみさんに却下され、
代わりに室生寺に行ってきました。奥の院までの階段が急勾配でしんどかったですが、
木立の中だったのでそんなに暑くもなく良い運動になりました。

atsu2coさんの記事のおかげで充実した休日を過ごすことができました。
ありがとうございました。

では。
Commented by atsu2co at 2015-09-30 17:10
aki-kiyoさん、こんにちは。
もちろん、覚えていますよ!!
それなのに・・・、遅レスすみません・・。

白鳳展だけでなく、味の風にしむらにまで足を運んでいただいたんですね。
うれしいです。
味の風にしむらは、期待を裏切らなかった…と思います。

桜井には、フレンチの平松がプロデュースするオーベルジュ・プレザンスさくらいというのも、オープンしましたよ。夫は、すでに行っていて、すごく良かったとのことです。
いつか行こうと思っています。ぜひ、お越しください。
<< 国内旅程管理研修修了証明書 "So far fr... >>