<< 国内旅程管理研修を受けてきました。 志賀直哉旧居と「暗夜行路」 >>

南都春日山(しゅんにちさん)・不空院

 志賀直哉旧居を訪れた日、高畑の不空院にも行きました。

a0142141_21425897.jpg



 伺った前日(7/24)、不空院では、「不空院 地蔵盆夏まつり」が開かれたのに、夫が不義理をしたので、お詫びかたがた、伺いました。
 私も、一度伺ってみたかったのです。っていうか、夫から、不空院の奥様のお噂はかねがね聞いており、ぜひ、お会いしたいと思っていました。
 不空院は、新薬師寺の東側の道を北へすぐのところに、静かにたたずむお寺です。

 不空院の本尊の不空羂索観音は、春はゴールデンウィーク、秋は正倉院展の期間中と、興福寺南円堂が開扉される10/17、特別開帳されます。

 その日(7/25),奥様がいらっしゃって、私たち二人に特別に見せていただきました。そして、奥様自ら、ご本尊についてお話をしてくださいました。
 不空羂索観音について、「羂索とは古代インドで密猟や戦闘に使われた捕縛用の縄のことで、そのため名前にはあらゆる人々の悩みを誰一人逃がすことなく救済し、願いを叶えてくださる」と説明されたのを聞いたとき、なにか胸に迫るものがあり、思わず落涙してしまいました。
 そして、奈良で、不空羂索観音といえば、東大寺三月堂(法華堂)の立像、興福寺南円堂の坐像が有名ですが、こちらのお寺は、その不空を冠したお寺なのですから、これを見逃すことはできないと思います。
 ぜひ、この秋、お越しください。

 そして、不空院の奥様、「剛にして柔、大胆にして繊細」といったかたでしょうか?ムーミンのミーのTシャツがとってもお似合いでした。
 いろんなお話を聞いてもらえそうでしたよ。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_21445954.jpg


鹿の折り紙。

鹿に見えるでしょうか?

案内所の先輩の方に教えていただいて、せっせと折っています。
外国の方にとても喜ばれます。一人の方には、すごく感動され、一緒に写真を撮って下さいといわれました(笑)。私の折った鹿の折り紙が大事に、ガイドブックに挟まれて、世界各国に旅するのかと思うと、これはこれでロマン(!!)です。
行ってらっしゃい!!
[PR]
by atsu2co | 2015-08-14 15:00 | 奈良観光 | Comments(0)
<< 国内旅程管理研修を受けてきました。 志賀直哉旧居と「暗夜行路」 >>