<< 杉田敏先生「私はこうして英語と... 茅ヶ崎方式、上級へ。 >>

奈良のマスコットキャラクター

 世の中は、GW真っ最中ですね。お元気ですか・・・?
 私は、今日は、オフです
 しかし、5/1,5/2は、9:00~15:00勤務でしたが、もうそれは、大変なことになってました。
 外国のお客様も多いですが、やはりGW,日本の方がいっぱいです。

 ところで、世の中、マスコットキャラクター、ゆるキャラ大流行りですが、みなさんは、奈良のマスコットといえば、何が思い浮かびますか・・・?


 今、大人気(特に、アジア系の人々に大人気!!)なのが、しかまろくんです。
 ご存知ですか?しかまろくん!!

 
 
a0142141_1172269.jpg


 これは、奈良市観光協会のマスコットキャラクターです。
 いろんなポーズのしかまろくんがいますが、どれもほんとキュートです。
 奈良にお越しの節は、しかまろくん、探してみてくださいね。

 せんとくんもいますよ!!

 
 
a0142141_11141665.jpg



 
 我が観光案内所にも大きなせんとくんがいて、みなさん、ツーショットで写真撮っていかれます。
 登場当時、「きもい」とかけっこう悪評が多かったですが、慣れてきたせいか(!?)、なかなかいいやつ(!!)っぽいです。


 そして、あまり知られていないかもしれませんが、奈良交通のマスコットキャラクターが、シーカくんです。

 
 
a0142141_11172275.jpg


 (画像小さくてすみません。画像、お借りしています。)

 奈良交通のバスといえば、私が子供のころから、サイドに鹿の絵があしらわれていましたが、こんな子もいたんですね。

 
 奈良観光において、鹿は、ほんと大きな位置を占めていると思います。

 やはり、都市部に、鹿があちこちにいるというのは、とっても珍しいことのようです。
 たいてい(とりわけ、外国のお客様は、「どこに行ったら、鹿を見ることができますか?」と聞かれます。「どこでも」というと、とても驚かれます。奈良公園に「鹿苑」という「春日大社の石燈籠の並ぶ参道の南側に位置する鹿の保護施設。」があるのですが、そこで飼われていると思われている方が多いです。 鹿せんべいをあげられるのも、人気です。

 もちろん、奈良には、東大寺、興福寺、春日大社など歴史的建造物がいっぱいですが、それと並ぶ大きな観光の柱が、奈良公園の鹿だと思います。 
 あの鹿は、春日大社の神の使いです。なので、奈良ではとても大事にされてきたのです。

 どうか、みなさんも、鹿に会いに奈良にお越しください。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_11354975.jpg


 
a0142141_1136886.jpg



 「大仏のしりもち」というおうどんです。
 お店のパンフレットによりますと、「三つの味を楽しめる。まずは、そのまま。次に薬味を変えて。薬味は、柚子こしょう、『和風ラー油のべっぴん奈良漬け』の2種類です。」取り皿が2つついてくるので、それぞれの味を楽しめます。
 最初のお味は、出汁の効いた飛鳥なべ風豆乳仕立てのお出しです。そこに、ゴボウの天ぷら、大和肉鶏などが入っています。麺はこしのある平麺です。大仏さんのお尻に敷かれてぺちゃんこになったということらしいです。

 お店は、近鉄奈良駅を出て、行基広場を右に曲がった東向南通り商店街入ってすぐの「うどん亭」です。

 人気の(えっ?)のこのコーナー、お客様に聞かれて行ってみたいなと思って、実際に私が行った、奈良情報を随時お送りする予定です。奈良観光の一助になれば…と思います。
[PR]
by atsu2co | 2015-05-04 11:56 | 観光案内所業務 | Comments(2)
Commented by みゃお〜 at 2015-05-05 01:08 x
お仕事も英語の勉強も頑張っているのですね。

私は久しぶりの日本を満喫してきました。 もっと早くにatsu2coが観光案内所で働いていると知ったら、こそっと会いに行けたのになぁ〜と。 旅行中、私も色々な人に尋ねたり助けてもらいました。 日本の人は老若男女関わらず、皆んな優しかったです。 atsu2coもきっと海外・内問わず沢山の観光客を助けていかれるのだなぁと思います。 頑張ってね。
Commented by atsu2co at 2015-05-06 17:16
みゃお~、こんにちは。
日本旅行(!?)は、満喫できましたか?
本、ほんとにありがとう!!

お会いしたかったです。

奈良には、ほんとにあらゆる国の方が来られます。
いろんな方の、いろんな疑問、質問、要望に応えるのは難しいけれど、とてもやりがいがあるし、楽しいです。
そして、もっともっと英語上手になりたいです。
<< 杉田敏先生「私はこうして英語と... 茅ヶ崎方式、上級へ。 >>