<< ギリシャ旅行に行ってきました。 (遅ればせながら)あけましてお... >>

"Never Let Me Go" by Kazuo Ishiguro 読了

 本年1冊目のPB"Never Let Me Go” by Kazuo Ishiguro を読了しました。

 
a0142141_2229486.jpg


うーん。
うーん。

やっぱり、テーマが重かったから、しんどかったです。
 でも、臓器移植や、クローンということが主題ではなく、友情や、愛情や、孤独や、人が生きることの意味や・・・、いろんなことが声高ではなく、静かに、でもそれゆえに、説得力がある・・とでも言うんでしょうか。
 今日、電車の中で読み切ったのですが、読み終わった後もボーっとしていました。
 最後の10ページを残して電車に乗ったので、電車の中で読み終わるだろうとわかっていて、もし最後、電車の中で号泣したらどうしよう・・・と心配していましたが、「号泣」というような感情の爆発(!?)というより、深く広がる余韻に圧倒されていました。

 今日は、今年最初の茅ヶ崎の授業でした。授業前に、茅ヶ崎の友人とランチしたんですが、彼女は映画を見たそうで、「とてもよかった」といっていました。ぜひ、観てみたいと思いました。

 
 ちなみに、去年は、年間12冊のPB読破を目標にしていましたが、途中、通訳案内士試験のために、「日本史探訪」21冊を読んだりしたので、結局、目標の半分の6冊でした。これは、ちょっと情けない!!今年は、とりあえず、テストもないことですし、20冊ぐらい(!!)は読みたいものです。

 そして、去年読んだ6冊とは・・・、

 "The name of the rose" by Umberto Eco
"Master of the game" by Sidney Sheldon
"To kill a mocking bird" by Happer Lee
"Holes" by Louis Sachar
"A walk to remember" by Nicholas Sparks
"true GRIT" by Charles Portis

でした。
 
 我ながら、なかなかいい選択眼だな・・・と思います(笑)。
 "A walk・・・"以外(!!)は、おススメです!!
 
 


 ということで、本日のおまけ画像。


 
a0142141_22504494.jpg


 旅のお供の本3冊!!

 日本語の文庫2冊は、藤沢周平の上杉鷹山を書いた「漆の実のみのる国」上下。
 上杉鷹山は、例の「日本史探訪」で初めて知って、とても読みたかったのです。

 PBは、"Never Let Me Go"の後だけに、軽く読めるものをということで、積読状態のPBの中から、この1冊"The wind in the willows"

 さぁ、どれだけ読めるでしょうか・・・・?
 
 
[PR]
by atsu2co | 2015-01-07 23:04 | PB | Comments(0)
<< ギリシャ旅行に行ってきました。 (遅ればせながら)あけましてお... >>