<< (遅ればせながら)あけましてお... 「ギリシャ・エーゲ海 光と風の... >>

「コルシア書店の仲間たち」by 須賀敦子 読了

 須賀敦子さんの「コルシア書店の仲間たち」読了しました。

 
a0142141_13543168.jpg



 前回読んだ、「ミラノ 霧の風景」とほぼ同時代、同じ登場人物、舞台・・・というところでしょうか?
 1960年代後半から1970年代初めの、世界中が、というか世界中の若者が、新しい世界、新しい価値観を夢見て、政治的だったころの、イタリアが舞台(といっても、フィクションではなく、須賀さんが実際にかかわった)のお話です。

 戦争の傷跡を引きずったまま、というか、戦争中の抵抗運動の熱さがまだまだ残っているイタリアで、カトリック左派という人たちが、「コルシア・デイ・セルヴィア書店」という本屋を拠点に活動し、そのまさに渦中に、須賀さんもいて、イタリア人の中心人物のペッピーノという人と結婚し、その若者群像、軋轢、葛藤・・・をつづったものです。

 私は、その政治的季節には、かなり(!!)「遅れてきた青年」で、若き頃は、その熱い時代をうらやましくも思ったわけですが、人生もうすぐ60になろうとしている今、そして、時代も大きく変わった今、ちょっともういっか・・・と、鼻白みました。

 1992年に初版で、版を重ねて、1998年第7刷の本を読んだわけですが、まだ(!?)そのころは、版を重ねるだけの需要があったのですね。


 とにかく、須賀敦子さんの本は、もういいです。



 ということで、気分を変えて、本日のおまけ画像。


 
a0142141_1411231.jpg



 昨日は、レンジフードの掃除を完了しました。ヤレヤレ・・・。

 今朝は、前栽と、裏庭の枯れ葉掃除、草抜きをしました。ものすごい量の枯れ葉!!

 これを書き終ったら、家じゅうの窓拭きです!! 頑張るぞー!!
[PR]
by atsu2co | 2014-12-27 14:13 | | Comments(0)
<< (遅ればせながら)あけましてお... 「ギリシャ・エーゲ海 光と風の... >>