<< "Never Let... 姫野カオルコ「近所の犬」 >>

入江泰吉と杉岡華邨@奈良市写真美術館

 昨日は、奈良市写真美術館で開催中の「入江泰吉と杉岡華邨 ~写真と書で綴る万葉の世界」展に夫と行ってきました。

 奈良市写真美術館は、入江泰吉記念と名前が冠せられているように、奈良を代表する写真家 入江泰吉の展覧会がよく行われます。
 今回は、その入江泰吉の写真と、同じく奈良を代表する書家 杉岡華邨の書のコラボ展です。

 奈良市写真美術館は、新薬師寺の近く、奈良市高畑町にあります。落ち着いた住宅街の中にたたずむこの美術館の建物は、大好きな建物の一つです。
  

 
a0142141_16483342.jpg

 

 入江泰吉が切り取った、奈良の風景は、どれもこれも大好きです。奈良の美しさに満ち溢れています。

 とはいえ、子供のころの私は、入江泰吉の写真が嫌い(!!)でした。というのは、わが市に本店がある信用金庫のカレンダーや、マッチ、すべてが入江泰吉の写真だったのです。なんでもっとかわいいディズニーキャラクターやかわいい図柄のものにしないんだろうと、子ども心にすごく不満がありました(笑)。
 ところが、年を重ねて、入江泰吉の写真を見ると、ほんとに涙が出るくらい、素敵なのです。

 いわば、子供のころ、大人がおいしい、おいしいといって食べる大根の煮物が好きじゃなかったのに、ある年齢を越えると、無性にそのころの煮物が食べたくなる・・・っていうような感覚でしょうか?

 話が長くなりましたが、これからも入江泰吉の写真を見続けていきたいと思います。

 そして、夫のリクエストで、新薬師寺にもよりました。

 
a0142141_1762552.jpg

 

 久しぶりの十二神将像との対面でした。


 そして、本日のおまけ画像。
 前回に続く、「切手シリーズ」(!?)の2回目!!

 
a0142141_1775648.jpg


 「ぐりとぐら」の切手です。11月20日に発売になりましたね。
 買いましたか・・・?もちろん、買いました。
  
 「ぐりとぐら」は、最初のお話が1963年なので、私が絵本を読む時期の少し後なんですよね。
でも、我が家の子供たちは、ぐりぐらが大好きでした。

 
a0142141_1714186.jpg


 ボロボロのぐりぐらかるた。小3のおチビとも、彼が字を覚えたての頃、よくしました。
 私、読み札すべて、空で言えます(自慢)。
[PR]
by atsu2co | 2014-12-14 17:20 | お出かけ | Comments(2)
Commented by マギーメイ at 2014-12-15 23:04 x
その昔、別冊太陽で入江さんの写真集を拝見してから、
奈良に憧れ、一人旅をしました。
入江さんの写真はどれもすばらしいですね。

入江泰吉美術館、いつか訪れてみたい場所の
ひとつです。
Commented by atsu2co at 2014-12-18 21:53
マギーメイさん、こんばんは。
遅レスごめんなさい・・・。

奈良市写真美術館も、高畑町も、新薬師寺も、とても奈良らしくていいです。
ぜひ、鹿寄せの季節にお越しください。
鹿寄せは、ほんと鳥肌立つぐらいにかんどうします!!

いつか、ご一緒したいです。
くるみの木で、お茶・・っていうのもいいですよ。
<< "Never Let... 姫野カオルコ「近所の犬」 >>