<< 姫野カオルコ「近所の犬」 "true GRIT... >>

大古事記展@奈良県立美術館

 今日は、朝からあいにくの天気の中、奈良県立美術館で開催中の「大古事記展」に、夫と行ってきました。

a0142141_222545.jpg

 

 雨も降っていることだし、閑散とした展覧会だろうな・・・という予想とは大いに違って、会期終盤(12/14まで)ということもあって、大賑わいでした。(ほんと、びっくり!!)
 なかなか見ごたえのある展覧会でした。
 そして、「古事記」をいろんな角度から見せる工夫をした展覧会でした。
 
 序章から第Ⅴ章までの章立てで、
 序章の、太安万侶像や、丹生川上神社に伝わる伊邪那美、伊邪那岐坐像から始まりました。

 いろんな画家が描いた古事記の世界、古社に伝わる神宝や文献、芸能を通して、現代にいたるまで受け継がれてきた、人々の「神々」への思いが展示されています。

 最後は、現代アートや漫画の中の古事記まで展示されていて、「古事記」が今なお、現代の人々をも魅了し続けている、インスパイアし続けているということがよくわかりました。

 読んでみたい、もっと知ってみたい・・・とつくづく思いました。

 
 昼食は、般若寺の近くの植村牧場のカフェで。

a0142141_22345948.jpg


 奈良ホテルで修業されたというシェフの「ふわふわオムライス」「ドリア」は、量もたっぷりでとてもおいしかったです。
 まさに、般若寺の真正面!!
 般若寺に行かれることがあればのぞいてみてください。
 かわいいポニーにも会えますよ!!

 

 

 そして、本日のおまけ画像。
 
a0142141_22364585.jpg

 

 通訳案内士試験受験生の皆さんは、「歴史」の勉強でご存知だと思いますが、「北山十八間戸」です。奈良中心部から、般若寺に行く途中にあります。
 「北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)は鎌倉時代に奈良につくられたハンセン病 などの重病者を保護・救済した福祉施設。」です。(Wikipedia)(念のため)
[PR]
by atsu2co | 2014-12-11 22:40 | お出かけ | Comments(0)
<< 姫野カオルコ「近所の犬」 "true GRIT... >>