<< 平成26年度 通訳案内士試験 ... 「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展@... >>

姫野カオルコ「昭和の犬」

 先週日曜日の、産経新聞の書評に、姫野カオルコの「近所の犬」が紹介されていました。
 「・・・犬」というタイトルだけで、私のアンテナがピクンと反応します。
 読んでみたいと思いました。早速、市の図書館の蔵書検索をかけましたが、ありませんでした。ヤフオクには、けっこう安く出ていて、さっそく買いました。(もちろん、12月の試験後のお楽しみ・・として)
 図書館には、同じ作家の「昭和の犬」という本があり、「貸出中」でしたが、予約カートに入れました。そして、3日後、図書館から、「ご用意できました」と、メールが来ました。
 どうするの?この時期に、日本語の本読んで!!と、わが内なる声が、警告音を発していましたが、「用意できました」というのを、無視することはできないよ・・・と、借りてきました。
 (・・・・て、前置き長すぎ~!!)
 で、昭和の犬読了しました。


 
a0142141_1726792.jpg




 姫野カオルコという作家の名前は知っていましたが、カオルコ→オカルトみたいなイメージで、ライトノベル系、ティーン向けの作家だと思っていました。
 
 昭和33年生まれだから、同世代なんですよね。なんだか、独特の文体で、最初ちょっと読みづらかったけど、慣れると嫌いじゃないかも・・・です。
 また、新しい出会いがありました。

 『昭和の犬』も、題名に「犬」が付くからといって、犬のことをラブリーに綴った話ではありません。犬の可愛さを涙ながらに訴えたものでもありません。恋愛も出てきません。
ではどういう話か。現在なら「毒親」とも呼ばれる奇異な性格の父母のあいだに、昭和33年に生まれた主人公の5歳から49歳まで、各々の時期にあった何気ない出来事を、遠い風景画のように描いた話です。それらの何気ない出来事には、みな傍らに犬が(ときに猫も)います。


 もし、私が、犬を飼うようになっていなかったら、この小説の良さは、わからなかったかもしれません。
 火の気のない部屋で、久遠をこたつがわり(!!)に寝転がって読んでいたのですが、最後、思わず号泣しちゃいました。もちろん、久遠をぎゅっと抱きしめて。めちゃ、迷惑そうな顔されましたけど・・・。

 ということで、12月7日まであと1か月を切ったので、お遊びはここまで、にしないとね、です。


 ということで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_17392472.jpg



 いきなり、所帯じみた話で恐縮ですが、白菜の塩漬け、漬け込みました。毎年の恒例行事。
 まっ、主婦ですから・・・。主婦業も、それなりに(!!)きちんと(!?)、やっております(笑)。
 
[PR]
by atsu2co | 2014-11-09 17:46 | | Comments(9)
Commented by nori at 2014-11-10 10:02 x
あっちゃん!ついに昨日、二次試験受けに行ってきました!緊張しました・・・。舌がもつれて何度も何度も同じ単語を繰り返し・・試験管の方も心配そうに(辛抱強く)待ってくださり・・具体的に言えばきりがないくらい何度も失敗し、恥ずかし過ぎて今回のことはなかったことにしてほしい!という気持ちでいっぱいです。。しかもトピックは通訳案内士試験を勉強している私ならこれはできなきゃ!というようなサービス問題で。。チャンスを生かせなかった自分が情けないです!その通訳案内士の勉強もしばらく遠ざかっていりたのでこれから挽回できるのか、というより一次がそもそも受かっているのかわかりませんが、もうすぐ発表ですね。
そして遅くなりましたが、通訳の時の様子をアップしてくださりありがとうございました。「誰でも初めての時がある」んですよね!あっちゃんにとってこの経験はすごく貴重なものになったんだなと思います。案内士試験二次の前に実際にこういう経験ができて、きっと何か役に立つと思います。すいません、だらだらとコメントしてしまいました。私も気持ちを早く切り替えて、通訳案内士の勉強を再開したいと思います。
Commented by atsu2co at 2014-11-10 21:58
noriさ~んっ、お疲れ~っ!!
あの緊張感、思い出しただけでも、「もういや!!」と思います。
パスしてるといいね・・・。

そして、通訳案内士の発表も、もうすぐです!!
落ちてたらどうしよう?と、不安もよぎります。

ああ。

でも、頑張ろうね!!
ここまできたんだもの・・・。
やるっきゃないっ!!ファイト!!
Commented by みゃお~ at 2014-11-11 09:36 x
分かる~。 私は「猫」の文字に反応してしまいます。

白菜、ご自分で漬けられるのですね。 お漬物っていつ食べたかなぁ~? どれくらいで食べられるようになりますか? 良かったらレシピ教えてください。
Commented by siobhan at 2014-11-11 18:39 x
きちんとおさんどんもして周りと自分を幸せにできる
私の理想です。
私は今はできてません・・・尊敬
Commented by siobhan at 2014-11-11 19:01 x
ガイド試験について:ハローなどの情報には諸事情で出てこないですが・・優しい試験官がいる一方で、かなりひどいのに当たる可能性があります。2次試験では、英語力、ガイドの知識が問われると同時に、就職試験として、人当たりの良さや忍耐力も判断されます。私はひどく意地悪な女性試験官にあたりました。そんな場合もガイドはサービス業で、そういう人を担当することもありうると観念して割り切り、でも卑屈にならずに対
処して下さい。そういう面接官にあたる確率は低いことを祈っています。
Commented by atsu2co at 2014-11-12 20:46
みゃお~、こんばんは。

白菜の塩漬けのレシピは、次の通りです。

◇材料◇
白菜
塩(白菜の重さの3.5~4%)
鷹の爪、ゆずの皮、昆布

◇作り方◇
1.使う塩の量を決めるため、洗う前に白菜の重さをはかる。次の葉先を下にして、日当たりのいい所に1日干す。ほした後、丸洗い。
2.干した白菜を1/4ぐらいに裂く。
3.分量の塩之内、軽く一つまみを容器の底に振り入れる。白菜の切り口を上にして葉を交互に並べる。塩を振り、昆布、鷹の爪、ゆずの皮も入れる。これを繰り返す。
4.押し蓋をして、白菜の倍ぐらいの重さの重しをのせる。水が上がってきたら、重しを半分ぐらいにして、5~6日で食べられる。

一度やってみてください。ゆずの皮がなければ、レモンの皮でもいいと思います。庭のレモンでやってみてね。
Commented by atsu2co at 2014-11-12 20:48
siobhanさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

通訳案内士試験二次試験の適切なアドバイスありがとうございます。
とにかく、明日の発表待ちです。なんだか気持ちが落ち着きません。
結果がわかり次第、ご報告します。
また、いろいろ教えてください。
Commented by みゃお~ at 2014-11-12 23:45 x
レシピ有難う!
ゆずないな~。 レモンでも大丈夫かな?と思って読み進めていくと、最後にレモンでもOKと書いてあったので、テンション上がりました(^^)
Commented by atsu2co at 2014-11-13 11:35
みゃお~、おはようございます。
ぜひ、アメリカの地でも、白菜の塩漬け、成功させてください。

でも、気温はどうなんだろ?
こっちは、最近、とみに寒いですけど・・・。
<< 平成26年度 通訳案内士試験 ... 「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展@... >>