<< 武井武雄の世界展 国宝犬山城 >>

奈良国立博物館「醍醐寺のすべて」展

 2日連続のお出かけです。
 奈良国立博物館で開催中の「醍醐寺のすべて」展に、夫と二人で行ってきました。

 
a0142141_22201030.jpg

 
 

 京都市の醍醐寺の不動明王像をはじめとする五大明王像などが展示されています。
 いつもは、醍醐寺の山上の五大堂に安置されている五像すべてが、展覧会のために山を下りるのは初めてとのことです。
 実は、5年前、夫と西国三十三か所めぐりをしたとき、醍醐寺を訪れました。その時は、台風の後か何かで、山上まで登れず、御朱印も下でもらえて、結局、山上まで登らずじまいだったのです。
 それが、今回、この展覧会のチケットをいただき、見ることができました。これもなにかの縁なのかもしれません。

 それにしても、出展された仏像、絵。書の量に圧倒されました。
 人は、あの仏像に、あの事細かに書き込まれた絵に、書に何を託したんでしょうか。人の思いに圧倒されたのかもしれません・・・。


 ところで、醍醐寺といえば、秀吉の醍醐の花見で有名ですが、当時の権力者の庇護の下、栄えました。
 今日、足利尊氏の、織田信長の、徳川家康の直筆の書を見ました。
 今、まさに、彼らの歴史の足跡を、本で読んでいる最中なので、何百年も前の、歴史上の人物が書いた文字を目の当たりにして、なんだかとっても不思議な感じがしました。
 それにしても、人は死んでも、文字は残る・・・。


 9月15日まで開催されています。機会があれば、ぜひ・・・。


 ところで、本日のおまけ画像。

 
a0142141_22394180.jpg


 
 
醍醐寺の恒例行事、「五大力さん」。五大力餅という巨大な餅を持ち上げる、「餅上げ」が名物となっていますが、その餅が、博物館の入り口に飾られていました。

女性は90kg、男性は150kgの大鏡餅をを抱え上げ、その時間を競うとともに、無病息災、身体堅固を祈ります。

 よくニュースで見ますが、こんな大きさの餅だったんですね。



 
[PR]
by atsu2co | 2014-08-06 22:42 | お出かけ | Comments(2)
Commented by シボンヌ at 2014-08-09 00:02 x
こんばんは!
あっちゃんのブログ、素敵!奈良や歴史や文学や英語がいっぱい。
ご主人との仲睦まじさも伝わってきます。
私もひつまぶし食べたい!!

はい、お昼こちらこそ是非ご一緒して下さい。
残念ながら土曜日は、終日ばたばたしてますが、また違う曜日に
行きましょう!

私は今年は国連英検特A級に挑戦しました。情報が少なく、面接の出来栄えも自分でも良くわからずどきどきでしたが、
先日無事合格カードを頂きました。
1次の勉強は特にしませんでしたが、2次に向けてたくさん読みました。自分なりに悔しい部分があるので、それを次の勉強につなげます。
また秋からは通訳案内士の資料を復習しようと思います。

暑さが厳しいですが、ハートも負けないぐらい燃やして、出陣してきて下さいね。
Commented by atsu2co at 2014-08-09 21:06
シボンヌさん、こんばんは。
そして、国連英検特A級合格おめでとうございます。
まさに、『雲の上の人』です。
ぜひ、ランチご一緒して、ぜひ勉強の極意をご教授願います。

なんだか振替が楽しみになりました(笑)。
また、近いうちに・・・。
<< 武井武雄の世界展 国宝犬山城 >>