<< 「薔薇の名前」 DVD鑑賞 "THE NAME ... >>

"Master of the game" by Sidney Sheldon

本年2冊目のPBは、Sidney Sheldonの"Master of the game"「ゲームの達人」です。
 これをPBと言っていいのかどうかわかりませんが、例の「イングリッシュ・アドベンチャー」についていた本です。
 そして、こういう方法がいいのかどうかもわかりませんが、本を先に読み進めながら、テープを聴いています。
 テープのほうは、ニュースなどと違って、効果音が入っているので、それなりに(!?)楽しく聴いています。でも、どれほど聴き取れているんでしょうか?たぶん、事前にPBをよんでなかったら、かなり悲惨(!!)だと思います。

 ところで、PBのほうは、たぶんテープ用に要約されているので、活字は大きいし("The name of the rose"に比べて、格段に!!)、ページ数も少ないです。
 今のところ、話に奥行きがないというか、けっこう陳腐だなぁ・・・という感じです。まだChapter2ですけど・・・。


 
a0142141_20452737.jpg





 前回、今年のPB読破目標を12冊!!とぶち上げましたが、今日、数えてみたら、買って、まだよんでないPBが、9冊(!!)もありました。シンプルライフ信奉者、ミニマリストを自認する私としましては、それらの本を読みきるまでは、新たなPBは、買わないことにしました。だから、読みたいPBが出てきても、買えません!!
がんばって、読みきらなきゃ!!
[PR]
by atsu2co | 2014-01-19 20:48 | PB | Comments(4)
Commented by みゃお~ at 2014-01-21 01:05 x
私、大学時代のESLでこの本を読みました。
条件の一つに確か500ページ前後の物という事で
分厚く感じたな~。 辞書、引き引きで読み終わ
るのに1ヵ月くらいかかって、その後、要約を書いたり
クラスでこの本についてプレゼンしたり・・・と
結構、思い出のある本です(^^)

まぁ、ある意味ジャンルでいうと浅田次郎っぽい
感じなので、哲学や歴史を好むAtsu2coにとっては
奥行きは感じないかもしれませんね(汗)
Commented by atsu2co at 2014-01-21 22:52
みゃお~、こんばんは。
そうですか?!ESLですか?
要約を書いたり、プレゼンをしたりだと、とりわけ思い入れがあるでしょうね?!

たしかに、浅田次郎っていうか、赤川次郎っぽいんじゃないでしょうか?

いやいや、哲学や歴史っていうより、ハーレクインでしょ!!(笑)
Commented by みゃお~ at 2014-01-22 00:45 x
あっ、そうだ!!
浅田次郎じゃなくて、赤川次郎だった(笑)

「あ」からはじまったよなぁ~とは思ってたんだけど。。。
浅田次郎って誰~?
Commented by atsu2co at 2014-01-22 22:51
やっぱねぇ・・・。赤川次郎でしたよね。
ずいぶん前に、旅行中に駅の売店で、暇つぶしに1冊買って、それでこりごりでした。彼の作品は。
言われてみれば、シドニー・シェルダンは、アメリカ(!?)の赤川次郎ということですね(笑)。

浅田次郎は、「鉄道員(ぽっぽや)」とか・・・。私は、たしか、なにだったか忘れたけど1冊ほど読んで、まァもういいや・・と思った人です。

それにしても、「ゲームの達人」、突っ込みどころ満載(!!)です。
<< 「薔薇の名前」 DVD鑑賞 "THE NAME ... >>