<< 講談社英語文庫、さらに2冊・・。 blackberry >>

"LITTLE HOUSE ON THE PRAIRIE"読了。

 本年7冊目の、"LITTLE HOUSE ON THE PRAIRIE"読了しました。
 
 日本語の「大草原の小さな家」も、NHKTVの「大草原の小さな家」も大好きで、熱心に読み、観ていましたが、いろんなところを忘れちゃっていて、「へーっ、そうだったっけ?!」みたいなところがたくさんありました。
 それにしても、やっぱりすごくいいお話です。最後の3章は、号泣しながら読みました。

 このお話を読んで思ったこと・・・。


 
a0142141_21553452.jpg


 インガルス家の犬Jackのこと。もう、犬のことになると、それだけで涙腺が緩みっぱなしになる私ですが、もうJackにはメロメロ。最初から、大きな川を渡る時、行方不明になったのに、馬車に追いついてきたところなんて、涙なくしては読めませんでした。


 そして、開拓民の暮らしのこと。
 インガルス家は、家を立て、厳しい冬を越し、春になって、種を播き、芽も出てきたところで、ワシントンの政策(!?)により、家を捨て、新たな土地を目指します。それも突然!!男の人は、それでもいいと思うんです。でも、お母さんは、あるいは女にとって、自分の家が建ち、ロッキングチェアがあり、調度もちょっとずつ増えてきて・・・・。それを捨てて出て行くというのは、たまらなかったと思います。つらかったなぁ。

 
 そして、インディアンのこと。
 ローラや、お父さんは、「良き白人」ですが、それでもインディアンは、どんどん追いやられていくんですよね。やっぱりつらいです。


 この本、PBではなく、「講談社英語文庫」です。そんな文庫があるってことも知りませんでした。私は、この本を偶然、BOOK OFFで見つけたんですけどね・・・。
 なかなか面白いラインアップです。日本語の小説を英訳したものと、英語のものがあります。日本語の英訳は、まぁいいかな・・と思いますが、英語のほうは、なかなか面白そうなものが並んでいます。
 たとえば、アーウィン・ショー「夏服を着た女たち」
       サリンジャー「ナイン・ストーリーズ」
       レイモンド・カーバー「ぼくが電話をかけている場所」・・・・・。

 この3冊は、ぜひ読んでみたいです。


 そして、次に読む、今年8冊目のPBは、

 "How Starbucks Saved My Life"の続編、"How to Save Your Own Life"です。
 こちらも楽しみです。 
[PR]
by atsu2co | 2012-08-06 22:25 | PB | Comments(4)
Commented at 2012-08-08 09:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-08 22:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uehiro at 2012-08-09 18:32 x
あっちゃん、comments がみれなくなっちゃった。非公開コメントにチェックしてしまったかもしれません。
Commented by atsu2co at 2012-08-12 23:46
uehiroさん、こんばんは。相変わらずの遅レス、ごめんなさい・・・。
暑さと、オリンピック(!!)に、ペースを崩されています!!

コメント、非公開になってました。私には読めますが、非公開にしちゃうと、ご本人にも読めないんでしたっけ?
やっぱり、お盆、大変ですよね。わが家なんて(!?)、年中、盆休みみたい(!!??)とはいえ、なんだか落ち着かないです。
それに、14~15日、旅行に行っちゃったりしちゃうので、「おい、いつ勉強する気だ!!」って感じです。
旅行から帰ったら、ちゃんとしますから・・・(って、だれに言い訳してるんだか?!)
<< 講談社英語文庫、さらに2冊・・。 blackberry >>