<< 英検準1級過去問をやってみた・・・。 "LITTLE HO... >>

進化(!?)したパス単

 ずっとPass単熟語、パス単を使っています。
  
 世の中には、パス単ボロさ加減コンテストがあるとかないとか・・・のうわさも聞きます(笑)。
 っていうぐらい、ボロボロになるまで使い込んできました。まぁ、ボロさ加減と実力が比例するかどうかは怪しいですけどね・・・。

 ちなみに、私のパス単は、改訂新版2009年版です。

 ところが!!です。
 先日、本屋で、「でる順 パス単」なるものを発見しました。「えっ?!出る単?えっ?パス単?」と一瞬戸惑いましたが、「『英検 でる順パス単』は、『英検Pass単熟語』の4訂版です」と小さく書いてありましたから、パス単なんですね。2012年3月初版だそうです。思わず、買っちゃいました。
 なんだかこうなってくると、単なる単語集マニアっぽいですが・・・。
 (だって、最近、「究極の英単語『超上級の3000語』」なんてのも、買ったばかりなんですよね。)

 今までのパス単が2500語収録に対して、新版は2400語と少し収録語数は減っています。そして、以前のは、例文が別冊になっていましたが、今回のは、「出る順で最短合格!単熟語」と同じ体裁、見開きページ、左ページに単語説明、右側ページに例文という風になっています。

 そして、一番大きな(!?)と思う進化(!?)は、以前のは、CDが別売り(いくらだったか忘れましたが、けっこう高かったですよね・・・?!)だったのが、なんと、無料音声ダウンロードができるそうです。すごい!!

 巻頭には、「英検学習者の単語学習法」というのも載っていますが、わたし的には、こういうのは「いらない」と思います。

 どちらメインで勉強するかとなると、やはり書き込みだらけの、今までの分ということになりそうですが、なにしろ「最新5年間の英検データ分析による『でる順」!」とのことですから、こっちも、チラチラ見ながら、覚えることにしましょうか・・・?!

 っていっても、最近の英検1級の語彙問題、パス単だけでは、対処できないぐらい難しくなっていると思いませんか・・・?


a0142141_044345.jpg

[PR]
by atsu2co | 2012-07-19 00:09 | 勉強方法 | Comments(0)
<< 英検準1級過去問をやってみた・・・。 "LITTLE HO... >>