<< 進化(!?)したパス単 "How Starb... >>

"LITTLE HOUSE ON THE PRAIRIE"

次に選んだPB(これを、PBと呼ぶかどうかは意見の分かれるところですが・・・)はこれ。"LITTLE HOUSE ON THE PRAIRIE"!!ご存じ、「大草原の小さな家」!!もちろん、日本語版は、「岩波少年文庫」で読んでますが・・・。





a0142141_23311534.jpg
 
 
 


 ずいぶん前、近くに移転オープンしたブックオフの開店セールで見つけた「講談社英語文庫」!!なんと1冊105円!!値段の安さもですが、表紙の絵がとってもかわいくて、半ばジャケ買い!!本文中にもこの方のイラストがあるのですが、1935年のハーパー&ロウ社から発行された初版本に使われたという由緒(!!)あるもの。

 なぜ、PBと呼ぶかどうかは意見の分かれるところですが・・・と書いたかというと、巻末に結構くわしい註があるからなんです。実は、表紙に「サブリーダーとして採用」とかなんとかという大きなシールが貼ってあったんですよね。つまり、英語のサブリーダー。
 へぇ、註付きなんだぁ・・・と、感心。あっ、そうそう、表紙にも小さな字で「大草原の小さな家」という日本語表記のタイトルが!!

 註付き便利~って思いましたが、けっこう面倒。結局は、ほとんど見ず・・・。でも、たまに見ると、へーっ、そういう意味だったんだぁ・・・ということもあり・・・です。
 
 たとえば・・・

 They drove away and left it lonely and empty in the clearing among the big trees, and they never saw that little house again.

このclearingは、(森林の)開墾地のことなんですって。絶対、そんな意味ではとらないだろうし、この単語だったら、辞書もひかないだろうし・・・。まぁ、為になります。


 ということで、本年7冊目の本は、これ。




 
[PR]
by atsu2co | 2012-07-10 23:29 | PB | Comments(0)
<< 進化(!?)したパス単 "How Starb... >>