<< 5冊目"THE IR... Stop coasting. ... >>

Debbie Macomber "Susannar's Garden" 読了。

 ご無沙汰しております・・・!!
 ほぼ1カ月,ブログ放置しておりました。

 そうこうしているうちに、6月10日まであと2週間となりましたね。
 うーん。


 今日、本年4冊目のP.B. Debbie Macomber "Susannah's Garden"を読了しました。
 4/6に「読み始めました」という記事をupしているので、ほぼ2カ月かかったことになります。379ページの本ですから、ちょっとかかりすぎでしょう・・・!!

 今回は、Blossom Streetシリーズでありながら、舞台は、Seattleではありませんでした。お母さんに痴呆の様子が出てきたみたいなので、Seattleから生まれ故郷のColvilleに帰ります。お母さんを一人にしておけないから、お母さんを施設に入れようとしますが、なかなかむずかしいこともいっぱいです。
それとは別に、若い時に、お父さんによって無理やり別れさせられたと思っているボーイフレンドのその後を知りたいと思ってもいて故郷に帰ってから調べ始めます。一方、娘が、大学の彼氏とうまくいかなくなった傷心を抱えて、やっぱりColvilleにきますが、そこであやしい男(!?)と急速に接近。とても不安に感じます。その新しい彼氏とは、別れてほしいと強く思いますが、自分が若い時の、父親がとった行動と同じことをしようとしている自分に愕然とします。
 このあたり、親の子供であった自分と、親になって、子供を育てている自分との間の年月、そして親への反発と理解・・・。陳腐っちゃあ、陳腐ですが、すごく納得できました。親の子供であった自分と、親になって、子供を育てている自分。身につまされます。この父親に対しては、亡くなっても、お墓に怒りをぶつけるぐらいの気持ちだったのが、最後には、父親の思いが理解されます。このお父さんは、たとえなくなってからでも、子供に分かってもらえて良かったね・・・・・・と、思います。なかなかそうはならないもの・・・。

 今日、一気に50ページを読み切るつもりはなかったのに、最後の50ページのところに来ても、最後どうなるか読めず、それでついつい、まる1日をつぶして、読み切っちゃいました。最後の20ページあたりからの、怒涛(!?)の大どんでんがえし!!ちょっと調子よすぎじゃない?とは思わないではなかったですが、まぁ、そういう終わり方でしたか・・・?という感じ。最後は、うまくBlossom Streetとも話がつながって、よかった、よかった。
 
a0142141_20162131.jpg


 このD.M.は、私にはぴったり。とっても読みやすいです。それにしても、4/6の読み始めの本の写真と、今日の読了後の本の写真、比べてみてください。読みこんでますね!!


 6/10まであと2週間ですが、新しい本、読み始めますよ!!なににしようっかな??
[PR]
by atsu2co | 2012-05-26 20:21 | PB | Comments(0)
<< 5冊目"THE IR... Stop coasting. ... >>